世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

流造

【池田町】渋田見諏訪神社 ~流派不明のミステリアスな本殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、池田町の渋田見諏訪神社(しぶたみすわ-)について。 渋田見諏訪神社は池田町の南部にある住宅地の中に鎮座しています。 若干の手狭さを感じなくもない境内には、この地域にしては大きめな規模の本殿があり、各所に…

【大町市】仁科・阿部神社 ~鳥居がなければ垂木もない 無いもの尽くしの境内~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、仁科神社(にしな-)と阿部神社(あべ-)について。 仁科神社と阿部神社は大町市の北部、木崎湖のほとりの森城跡(仁科城跡)に鎮座しています。 2つの神社の境内が隣接しており、仁科神社では仁科神明宮を意識したと思…

【大町市】八王子神社 ~拝殿と神楽殿が織り成す一幅の絵~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、大町市の八王子神社(はちおうじ-)について。 八王子神社は大町市の南端、松川村との境界に近い集落の中に鎮座しています。 本殿についてはあまり見ごたえがあるとは言えないですが、境内の雰囲気や社殿の配置につ…

【甲府市】金櫻神社 ~室町の趣をとどめる美麗な再建本殿~

今回は山梨県のメジャー観光地ということで、甲府市の金櫻神社(かなざくら-)について。 金櫻神社は、山梨県を代表する観光名所である昇仙峡の近くに鎮座しています。延喜式内社の論社とされており、社殿は昭和時代の再建ですが、再建前の室町時代の社殿の面…

【甲府市】黒戸奈神社 ~辺境の隠れ里にたたずむ式内社~

今回は山梨県のマイナー観光地ということで、甲府市黒平(くろべら)の黒戸奈神社(くろとな-)について。 黒戸奈神社は甲府盆地から程遠い孤立した集落の中に鎮座しているのですが、延喜式内社の論社とされており、長い歴史のある神社のようです。 境内は本殿が…

【松川村】細野神社 ~アルプスを望む大隅流の本殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、松川村の細野神社(ほその-)について。 細野神社は松川村中心部から少し南に行った国道沿いに鎮座しています。 境内や社殿の規模は決して大きくはないものの、信州を代表する流派・大隅流の宮大工が手がけた本殿を…

【諏訪市】足長神社 ~幕末の豪華な拝殿と、江戸中期の質素な本殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、諏訪市の足長神社(あしなが-)について。 足長神社は諏訪市南東部の斜面に鎮座しています。 社殿はこの地域の神社のご多分に漏れず豪華な彫刻で満たされていますが、本殿についてはシンプルな外観をしており、諏訪…

【茅野市】三輪神社ほか2件 ~三国志が彫られた本殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、茅野市の三輪神社(みわ-)とその近辺の神社について。 三輪神社は茅野市の市街地の国道20号沿いに鎮座しています。 境内は非常に小規模ではありますが、大隅流の彫刻に満たされた本殿を見ることができます。

【茅野市】田沢稲荷社 ~諏訪に染まりきったお稲荷さん~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、茅野市の田沢稲荷神社(たざわいなり-)について。 田沢稲荷神社は茅野市郊外の集落の中に鎮座しています。 境内には随神門があったり諏訪造の拝殿があったりと、村の産土神にしては豪華で近辺の他社とは一風変わっ…

【茅野市】瀬神社(米沢) ~地域色豊かな大隅流の社殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、茅野市米沢(よねざわ)の瀬神社(せ-)について。 瀬神社はビーナスライン沿線に位置する集落の中に鎮座しています。 村の産土神ではありますが、本殿は大隅流の宮大工による彫刻が多数配置された豪華なものになって…

【佐久市】佐久八幡神社(蓬田) ~豪華な楼門の立つ八幡宮~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、佐久市蓬田の佐久八幡神社(さくはちまん-)について。 佐久八幡神社は佐久市郊外の仲仙道沿いにある宿場町・八幡宿に鎮座しています。 境内には、彫刻で満たされた派手な楼門と本殿のほか、国重文に指定された境内…

【岡谷市】十五社神社(間下) ~狭すぎ&深すぎな境内入口~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、岡谷市間下(ました)の十五社神社(じゅうごしゃ-)について。 十五社神社(間下)は、岡谷ICから岡谷駅に向かう県道沿いの目立たない場所に鎮座しています。 諏訪大社の系統であり、近辺には同名の神社が複数あります…

【岡谷市】駒沢諏訪社 ~裏口が正門? 正面から入れない神社~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、岡谷市の駒沢諏訪社(こまざわすわしゃ)について。 駒沢諏訪社は岡谷市街から辰野へ向かう国道に面した集落の中に鎮座しています。 境内はちょっと風変わりな構成をしていますが本殿は標準的な流造で、覆い屋の窓…

【下諏訪町】熊野神社(社) ~春宮の系譜 大隅流の本殿~

今回は長野県の観光地ということで、下諏訪町社(やしろ)の熊野神社(くまの-)について。 熊野神社は諏訪大社の下社春宮から西へ1kmほど離れた住宅街の山際に鎮座しています。 本殿は春宮を造営したことで知られる柴宮長左衛門の手によるもので、派手な彫刻で…

【長野市】清水神社(真島) ~白木の本殿が美しい式内社~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、長野市真島(ましま)の清水神社(しみず-)について。 清水神社は、善光寺平を流れる犀川と千曲川に挟まれた地域(川中島)に鎮座しています。いかにも村の鎮守といったの感じの神社で、社殿もそれ相応ですが、適度に…

【木曽町】熊野神社 ~木曽随一の規模を誇る三間社~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、木曽町の熊野神社(くまの-)について。 熊野神社は信州を代表する名峰・御岳山のふもと、開田高原に鎮座しています。 国道から外れた場所にあって全く目立たない神社ですが、木曽地方では数少ない三間社の本殿があ…

【千曲市】水上布奈山神社の本殿を徹底解説

今回は長野県のマイナー観光地ということで、千曲市の水上布奈山神社(みずかみふなやま-)について。 水上布奈山神社は、千曲市戸倉の市街地に鎮座しています。 創建は1603年で神社としては新しい部類ですが、諏訪の名工・柴宮長左衛門の手掛けた豪華絢爛な本…

【高山市】櫻山八幡宮 ほか ~高山市街の小ネタ特集~

今回は岐阜県の観光地ということで、櫻山八幡宮(さくらやま はちまんぐう)など高山市街の小ネタについて。 櫻山八幡宮は、高山の市街地の北西の山際に鎮座しています。 市内の観光の中心地である高山陣屋からは1キロメートルほどの距離があるものの、ここま…

【高山市】日枝神社 ~飛騨随一の美麗な旧社殿~

今回は岐阜県のマイナー観光地ということで、高山氏の日枝神社(ひえ-)について。 日枝神社は高山の市街地の南東の山際に鎮座しています。広い境内には多数の境内社があり、いずれの社殿も県か市の指定文化財にとどまっていますが、旧社殿である富士社は派手…

【長野市】頤気神社(松代) ~境内社は善光寺リスペクト?~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、長野市の頤気神社(いけ-)について。市内に同名の神社があるため、所在地の松代を付しておきます。 頤気神社は長野ICのすぐ近くに鎮座しており、延喜式神名帳にも記載がある古社です。 本殿は至って普通の建築様式…

【池田町】須波阿須疑神社 ~和様・唐様・天竺様が融合したハイブリッド建築~

今回は福井県のマイナー観光地ということで、池田町の須波阿須疑神社(すわあずき-)について。 須波阿須疑神社は、福井市から少し山へ入った場所にある池田町の里山に鎮座しており、須波(諏訪)という名前のため信州の諏訪大社とも縁があるようです。いちばん…

【長野市】祝神社 ~真田十万石の城下にたたずむレア物件「二間社」~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、長野市の祝神社(ほうり-)について。 祝神社は松代(まつしろ)の市街地の一角に鎮座しており、二間社(にけんしゃ)というちょっとレアな様式の本殿が、いかにも城下町らしい堀と石垣の上に建っている様を楽しむこと…

【長野市】玉依比売命神社 ~T字型の拝殿 これがホントの「撞木造り」?!~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、長野市の玉依比売命神社(たまよりひめのみこと-)について。 玉依比売命神社は真田氏の城下町・松代の西端の山際に鎮座しています。 長野市というと、撞木造(しゅもくづくり)と呼ばれるT字形の棟を持った善光寺が著…

【越前市】大瀧神社・岡太神社 下宮 (後編)~日本一複雑な社殿の細部に迫る~

今回も福井県の観光地ということで、大瀧神社・岡太神社(おおたき-・おかもと-)について。 前編では境内の様子と、複雑な拝殿・本殿の大まかな構造について語りました。 今回は重要文化財の拝殿・本殿を、さまざまなアングルから詳細に見ていこうと思います。 所…

【越前市】大瀧神社・岡太神社 下宮 (前編)~複雑怪奇に入組んだ屋根を読み解け!~

今回は福井県の観光地ということで、大瀧神社・岡太神社(おおたき-・おかもと-)について。 大瀧神社・岡太神社は越前市の山際に鎮座している神社で、紙の神として知られています。この2社は奥の院こそ別々ですが、下宮は1つの社殿を共有しています。 そして最大…

【千曲市】粟狭神社 ~案内板(設置者不明)はどこまで信用できるか?~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、千曲市の粟狭神社(あわさ-)について。 粟狭神社は千曲市の市街地に鎮座しており、国道18号線のほぼ道沿いにあるため、アクセスは極めて良好です。 本殿は大規模な三間社(さんけんしゃ)という様式で、市内には同規…

【駒ヶ根市】大御食神社 ~立川流の弟子たちが手掛けた精緻な三間社~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、駒ケ根市の大御食神社(おおみけ-)について。 大御食神社は駒ケ根市の郊外の住宅街に鎮座しており、広大な境内はうっそうと茂る社叢に覆われています。 社名はヤマトタケル(日本武尊)がここで饗応を受けたことに由…

【飯田市】諏訪神社(下黒田) ~人形浄瑠璃の影に隠れた本殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、飯田市の諏訪神社(下黒田)について。 諏訪神社(下黒田)は飯田市の市街地に鎮座しています。ウェブで検索してみても国指定無形文化財である「黒田人形浄瑠璃」の話題が大半ですが、当記事ではいつものように社殿の…

【箕輪町】長岡神社 ~立川和四郎の手掛けた二間社~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、箕輪町の長岡神社(ながおか-)について。 長岡神社は箕輪町の山際の高台の集落に鎮座しています。本殿は諏訪の立川流の棟梁・立川和四郎(初代)による造営なのですが、神社建築として珍しい部類に入る“二間社”という…

【飯田市】大宮諏訪神社 ~信州では希少な権現造“風”の本殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、大宮諏訪神社(おおみやすわ-)について。 大宮諏訪神社は飯田の中心市街地の北に鎮座し、同市内では鳩ヶ嶺八幡宮に並ぶ規模の境内を有しています。境内の入口は幹線道路が交差するT字路の突き当りで、非常に目立つ…