甲信寺社宝鑑

甲信地方の寺院・神社建築を語る雑記。

三重県

【名張市】杉谷神社と積田神社

今回は三重県名張市の杉谷神社と積田神社について。 杉谷神社 所在地:〒518-0733三重県名張市大屋戸62(地図) 杉谷神社(すぎたに-)は市北部の丘陵に鎮座しています。 創建は社伝によると永延年間(987-989)。当地を領した大江氏の氏神として祀られたのがはじ…

【名張市】宇流冨志禰神社

今回は三重県名張市の宇流冨志禰神社(うるふしね-)について。 宇流冨志禰神社は名張市街の川沿いの丘陵に鎮座しています。 創建は不明。『延喜式』に記載された「宇流富志弥神社」に比定されており、古文書によれば平安時代には確立されていたらしいです。安…

【名張市】名居神社

今回は三重県名張市の名居神社(ない-)について。 名居神社は市東部の集落に鎮座しています。 創建は不明。『日本書紀』によると推古天皇七年(飛鳥時代)、各地に地震を鎮める神が祀られました。「なゐ」は地震を意味する古語であることから、当社は飛鳥時代に…

【津市】四天王寺

今回は三重県津市の四天王寺(してんのうじ)について。 四天王寺は津の中心市街に鎮座する曹洞宗の寺院です。山号は塔世山。 創建は寺伝によれば飛鳥時代。推古天皇の勅願を受けた聖徳太子によって開かれたとのこと。近隣にある津観音と同様、室町期には戦火…

【津市】専修寺の門前を巡る(玉保院、智慧光院、厚源寺、慈智院)

今回は三重県津市の専修寺の門前の子院・末寺について。 当記事では専修寺の門前に点在する子院・末寺について述べます。 専修寺の境内伽藍については当該記事をご参照ください。 玉保院 所在地:〒514-0114三重県津市一身田町2812(地図) 専修寺山門の手前のに…

【津市】専修寺 その3(通天橋、御廟など)

今回も三重県津市の専修寺について。 その1では唐門と山門について、 その2では如来堂と御影堂について述べました。 当記事では通天橋や御廟などの伽藍について述べます。 通天橋 如来堂と御影堂のあいだは、通天橋という渡り廊下によってつながれています。…

【津市】専修寺 その2(如来堂と御影堂)

今回も三重県津市の専修寺について。 その1では唐門と山門について述べました。 当記事では如来堂と御影堂について述べます。 如来堂 専修寺の中枢といえる伽藍のひとつが、こちらの如来堂。境内中央の西側(向かって左)にあります。 仏堂として規格外といっ…

【津市】専修寺 その1(唐門と山門)

今回は三重県津市の専修寺(せんじゅじ)について。 専修寺は市北部に鎮座する真宗高田派の寺院です。山号は高田山。通称は本山専修寺、一身田専修寺(いしんでん せんじゅじ)。 創建は室町後期の文明年間(1469-1487)。当寺の前身である本寺専修寺(栃木県真岡市…

【津市】津観音(観音寺)

今回は三重県津市の津観音(つ かんのん)について。 津観音は津の中心市街に鎮座する真言宗醍醐派の寺院です。山号は恵日山、寺号は観音寺、院号は大宝院。 浅草観音(東京都台東区)、大須観音(名古屋市)とならぶ日本三大観音のひとつ。 創建は伝承によれば709…

【津市】結城神社・津八幡宮と阿漕塚

今回は三重県津市の結城神社、津八幡宮、阿漕塚について。 結城神社 所在地:〒514-0815三重県津市藤方2341(地図) 結城神社(ゆうき-)は津市街の南部に鎮座しています。 創建は1824年。津藩主・藤堂高兌によって、結城塚に社殿が建立されたのが始まり。結城塚…

【亀山市】地蔵院(法蔵寺)

今回は三重県亀山市の地蔵院(じぞういん)について。 地蔵院は市西部の宿場町に鎮座する真言宗御室派の寺院です。寺号は法蔵寺(ほうぞうじ)、山号は九関山。通称は関地蔵院(せき じぞういん)。 創建は寺伝によれば741年(天平十三年)、行基によって開かれ、桓…