世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【寺社の基礎知識】破風の意匠

今回は寺社の基礎知識ということで、破風について。 破風(はふ)という建築用語をご存知でしょうか? 仕事か趣味で寺社や住宅建築を勉強している人でなければ、おそらく読み方さえ知らない用語かと思います。ですが破風は寺社建築には例外なく使われている要素…

【大町市】千見神明宮(境の宮) ~コンパクトにアレンジされた神明造~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、大町市の千見神明宮(せんみしんめいぐう)について。 千見神明宮は美麻千見の集落の中に鎮座しています。 境内も社殿もいたって標準的な規模のものですが、江戸時代末期に造られた本殿は規模こそ小さいものの、古…

【小川村】高山寺 ~雄大なアルプスと対峙する三重塔~

今回は長野県の観光地ということで、小川村の高山寺(こうさんじ)について。 高山寺は小川村の中心地から少し山道を登った先の集落の中にあります。 伽藍は西にアルプス(飛騨山脈)を望む見晴らしの良い高台に鎮座しており、雄大な展望の中で北信唯一の三重塔…

【池田町】渋田見諏訪神社 ~流派不明のミステリアスな本殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、池田町の渋田見諏訪神社(しぶたみすわ-)について。 渋田見諏訪神社は池田町の南部にある住宅地の中に鎮座しています。 若干の手狭さを感じなくもない境内には、この地域にしては大きめな規模の本殿があり、各所に…

【大町市】仁科・阿部神社 ~鳥居がなければ垂木もない 無いもの尽くしの境内~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、仁科神社(にしな-)と阿部神社(あべ-)について。 仁科神社と阿部神社は大町市の北部、木崎湖のほとりの森城跡(仁科城跡)に鎮座しています。 2つの神社の境内が隣接しており、仁科神社では仁科神明宮を意識したと思…

【大町市】八王子神社 ~拝殿と神楽殿が織り成す一幅の絵~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、大町市の八王子神社(はちおうじ-)について。 八王子神社は大町市の南端、松川村との境界に近い集落の中に鎮座しています。 本殿についてはあまり見ごたえがあるとは言えないですが、境内の雰囲気や社殿の配置につ…

【甲府市】金櫻神社 ~室町の趣をとどめる美麗な再建本殿~

今回は山梨県のメジャー観光地ということで、甲府市の金櫻神社(かなざくら-)について。 金櫻神社は、山梨県を代表する観光名所である昇仙峡の近くに鎮座しています。延喜式内社の論社とされており、社殿は昭和時代の再建ですが、再建前の室町時代の社殿の面…

【甲府市】黒戸奈神社 ~辺境の隠れ里にたたずむ式内社~

今回は山梨県のマイナー観光地ということで、甲府市黒平(くろべら)の黒戸奈神社(くろとな-)について。 黒戸奈神社は甲府盆地から程遠い孤立した集落の中に鎮座しているのですが、延喜式内社の論社とされており、長い歴史のある神社のようです。 境内は本殿が…