世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

長野県

【駒ヶ根市】大御食神社 ~立川流の弟子たちが手掛けた精緻な三間社~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、駒ケ根市の大御食神社(おおみけ-)について。 大御食神社は駒ケ根市の郊外の住宅街に鎮座しており、広大な境内はうっそうと茂る社叢に覆われています。 社名はヤマトタケル(日本武尊)がここで饗応を受けたことに由…

【飯田市】諏訪神社(下黒田) ~人形浄瑠璃の影に隠れた本殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、飯田市の諏訪神社(下黒田)について。 諏訪神社(下黒田)は飯田市の市街地に鎮座しています。ウェブで検索してみても国指定無形文化財である「黒田人形浄瑠璃」の話題が大半ですが、当記事ではいつものように社殿の…

【高森町】瑠璃寺と日吉神社 ~ピンピンコロリ発祥の地と五間社入母屋~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、高森町の瑠璃寺(るりじ)と日吉神社(ひよし?-)について。 瑠璃寺と日吉神社は高森町の中心部から離れた集落に鎮座しています。桜の名所として知られていますが、境内は伽藍や社殿などの見どころが多数あり、桜が咲…

【箕輪町】長岡神社 ~立川和四郎の手掛けた二間社~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、箕輪町の長岡神社(ながおか-)について。 長岡神社は箕輪町の山際の高台の集落に鎮座しています。本殿は諏訪の立川流の棟梁・立川和四郎(初代)による造営なのですが、神社建築として珍しい部類に入る“二間社”という…

【伊那市】仲仙寺(羽広観音) ~馬の安全を祈願する古刹~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、伊那市の仲仙寺(ちゅうせんじ) 羽広観音(はびろかんのん)について。 仲仙寺は伊那市の北西の山裾に鎮座しており、別名を羽広観音といい、平安時代の開基と伝えられています。本尊の十一面観音は、馬の守り神とし…

【辰野町】三輪神社 ~神楽殿は拝殿の裏~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、辰野町の三輪神社(みわ-)について。 三輪神社は辰野駅のすぐ近くの線路沿いに鎮座しています。本殿は覆いがかけられていて見づらいですが、本殿のほかの社殿や社叢は立派な上、独特な社殿配置をしていて、それな…

【飯田市】大宮諏訪神社 ~信州では希少な権現造“風”の本殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、大宮諏訪神社(おおみやすわ-)について。 大宮諏訪神社は飯田の中心市街地の北に鎮座し、同市内では鳩ヶ嶺八幡宮に並ぶ規模の境内を有しています。境内の入口は幹線道路が交差するT字路の突き当りで、非常に目立つ…

【飯田市】鳩ヶ嶺八幡宮 ~伊那谷の八幡神社の代表格~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、飯田市の鳩ヶ嶺八幡宮(はとがみねはちまんぐう)について。 鳩ヶ嶺八幡宮は飯田市の市街地に鎮座しており、伊那八幡駅というそのものズバリな駅から徒歩5分の好立地にあります。この駅名からも解るように、鳩ヶ嶺…

【岡谷市】十五社神社(本町) ~神明造風な角柱の本殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、岡谷市の十五社神社(じゅうごしゃ-)について。市内には同名の神社があるので、所在地の本町(ほんちょう)を付しておきます。 十五社神社(本町)は岡谷駅を出てすぐの場所に鎮座しています。 本殿は標準的な流造(な…

【山形村】清水寺 ~開基は奈良時代! 孤高の深山に佇む伽藍~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、山形村の清水寺(きよみずでら)について。 清水寺は山形村の山中の非常に深い場所にあります。 寺伝によると行基が西暦729年に開基したと伝えられ、もともとこの寺にあった観音像を坂上田村麻呂が京都に移したのが…

【松本市】三神社(波田) ~諏訪大社を彷彿とさせる拝殿の裏には~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、松本市波田の三神社(さん-)について。 三神社は松本市から上高地へ向かう途中の道沿いに鎮座しています。それなりの広さの社叢がうっそうと茂っているので、見逃すことはまずないでしょう。 社殿も広い社叢に見劣…

【松本市】大宮熱田神社 ~地味だけど個性派な室町時代の本殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、松本市の大宮熱田神社(おおみやあつた-)について。 大宮熱田神社は松本盆地の西の端のほうに鎮座しており、文字通り名古屋の熱田神宮の祭神を合祀しています。アクセス良好とは言いがたい場所ではありますが、国…

【松本市】旧開智学校 ~国宝になった擬洋風の学校建築~

今回は長野県の観光地ということで、松本市の旧開智学校(きゅう かいちがっこう)について。 2019年5月17日、文化審議委員会の答申によって松本市の旧開智学校が国宝に指定されることとなりました。学校建築が国宝指定されるのは初。長野県内では9番目の国宝…

【岡谷市】金山神社(山手町) ~御牧の跡地に立つ拝殿のない神社~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、岡谷市の金山神社(かなやま-)について。市内に同名の神社が多数あるので、所在地の山手町を付しておきます。 金山神社(山手町)は岡谷市の市街地の北側の斜面に鎮座しています。社殿はあまり大きくないものの、精…

【辰野町】荒神社と祖霊社 ~流造と神明造のハイブリッド?~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、辰野町の荒神社(こう-)と祖霊社(それいしゃ)について。 辰野町の市街地から少し南に行った荒神山(こうじんさん)という場所は、山が丸ごと公園になったかのような非常に広い公園があります。荒神社と祖霊社は、そ…

【岡谷市】洩矢神社と藤島神社 ~川向かいに対峙する2つの“聖地”~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、岡谷市の洩矢神社(もりや-)と藤島神社(ふじしま-)について。 諏訪大社の祭神・タケミナカタというと、タケミカヅチとの力比べに敗れて諏訪に封じられた“国譲り”の伝説が有名です。しかし、タケミナカタにはそれと…

【岡谷市】十五社神社(今井) ~常識破りの“くぐる舞屋”~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、岡谷市の十五社神社(じゅうごしゃ-)について。市内には同名の神社があるので、区別のために所在地の今井を付しておきます。 十五社神社は岡谷ICから諏訪湖へ向かう途中、住宅街の中にある丘のような社叢の中に鎮…

【松本市】八坂神社(里山辺) ~希少な茅葺きの三間社本殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、松本市の八坂神社(やさか-)について。市内には同名の神社があるので、区別のために所在地の里山辺を付しておきます。 八坂神社(里山辺)は松本駅から東へ3kmほどの場所に鎮座しており、表題のとおり本殿は茅(かや)…

【塩尻市】伊夜彦神社 ~小規模ながら見応え抜群の一間社流造~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、塩尻市の伊夜彦神社(いやひこ-)について。 伊夜彦神社は、塩尻市を代表する名所である平出遺跡や平出の泉のすぐ近くの集落の中に鎮座しています。 見所はやはり彫刻で、諏訪大社上社本宮を造営したことで知られる…

【塩尻市】三嶽神社 ~本殿の床板の張りかたに注目~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、塩尻市の三嶽神社(みたけ-)について。 三嶽神社は塩尻-辰野間の路線(いわゆる大八回り)と中央本線に挟まれた集落の端に鎮座しています。猿田彦が祀られているため、交通安全の神社として信仰されているようです。…

【松本市】神田千鹿頭神社と林千鹿頭神社 ~2つの集落の氏神が同居する~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、松本市の千鹿頭神社(ちかとう-)について。 神田千鹿頭神社と林千鹿頭神社は松本の郊外に鎮座している神社です。両者とも村の鎮守といった感じで、2つの本殿が隣り合って建ち、境内を共有しています。しかしその割…

【松本市】須々岐水神社 ~変種のススキが御神体?~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、松本市の須々岐水神社(すすきがわ-)について。 須々岐水神社(須須岐水、薄川とも表記する)は松本城の2kmほど東に鎮座する神社です。「お船祭り」というお祭りに使う山車は長野県宝に指定されていますが、当記事で…

【諏訪市】北斗神社 ~天空へ突抜ける縦長の境内~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、諏訪市の北斗神社(ほくと-)について。 北斗神社は諏訪大社上社本宮から徒歩5分足らずの距離にあります。 社殿そのものは極めて小規模なのですが、なんといっても境内の様子が尋常ではありません。おそらく、上社…

【松本市】瘡守稲荷大明神と浄林寺 ~城下町の小さなカオス~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、松本市の瘡守稲荷大明神(かさもり いなり だいみょうじん)と浄林寺(じょうりんじ)について。 瘡守稲荷大明神と浄林寺は、松本駅から松本城へ向かう途中にあります。松本の市街を歩いて観光するなら、ちょっとした…

【松本市】沙田神社 ~三の宮ならぬ“産の宮”~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、松本市の沙田神社(いさごだ-)について。 沙田神社は信濃国で第3位の格を持つとされる神社です。 中信地方(長野県中部)のほとんどの神社は大なり小なり諏訪大社から何かしらの影響を受けていますが、ここも例外で…

【下諏訪町】御作田神社 ~わずか1ヶ月で穂をつける早稲~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、下諏訪町の御作田神社(みさくだ-)について。 御作田神社(御作田社)は下社春宮と秋宮の中間、旧中山道の道沿いに鎮座しています。諏訪大社は上社・下社ともに、境内から距離のある場所に摂社末社がぽつんと建ってい…

【松本市】渚大神社 ~幹線道路に隠れた大神社~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、松本市の渚大神社(なぎさ だい-)について。 渚大神社の鎮座する場所は、国道19号線と158号線が交差する場所のすぐ近くです。それなりに大きい神社なのですが、ほとんどの人が存在に気づくこともなく車で素通りし…

【下諏訪町】諏訪大社下社秋宮の境内社と「いいなり地蔵」 ~なんでも叶えてくれるけど...?~

今回は諏訪大社下社秋宮の境内にある摂社末社と、その近くにある「いいなり地蔵(言成地蔵尊)」について。 下社秋宮と対になる春宮の裏にある「万治の石仏」については以前の記事で書きましたが、秋宮の裏にもちょっとした謂われのある石仏があり、その名を「…

【座って食べる駅そば巡り】松本駅「信州 生そば」

今回は長野県の鉄道駅内にある立ち食いそば屋(駅そば)巡りということで、松本市の松本駅の駅そばについて。 松本駅の立ち食いそば屋「山野草」は以前紹介しましたが、実はもう1店、松本駅の改札内にそば屋があります。 駅についての話は以前書いたので割愛。…

【富士見町】乙事諏訪神社 ~ミニマムな諏訪造の社殿に秘められた歴史~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、富士見町の乙事諏訪神社(おっことすわ-)について。 この神社は文字通り諏訪大社の系統で、ここから30分くらいの距離にある諏訪大社上社本宮と似た構造をした、いわゆる諏訪造(すわづくり)の社殿を見られます。 社…