甲信寺社宝鑑

甲信地方の寺院・神社建築を語る雑記。

長野県(東信)

【佐久市】新海三社神社 ~前編(拝殿、西本殿・中本殿など)~

今回は長野県佐久市の新海三社神社(しんかい さんしゃ-)について。 新海三社神社は佐久市東部の山際に鎮座しています。 佐久地方でも最大級の規模を誇る神社で、境内には三重塔と3つの本殿があるなど非常に充実した内容となっています。 ※当記事(前編)は拝殿…

【佐久市】諏訪神社(清川) ~地図に載っていない二間社~

今回は長野県佐久市清川(きよかわ)の諏訪神社(すわ-)について。 諏訪神社(清川)は佐久市東部の集落の、県道120号沿線に鎮座しています。 境内は小さく、本殿とその覆い屋を兼ねた拝殿だけという非常にシンプルな内容。地図を調べてみても掲載されていません…

【佐久市】山田神社 ~世にも稀な「撞木造本殿」~

今回は長野県佐久市の山田神社(やまだ-)について。 山田神社は佐久市の集落の山際に鎮座しています。 境内には多数の社殿があり、特に本殿は善光寺と似た「撞木造」(しゅもくづくり)という屋根になっており、神社本殿として非常に特異で凝った造りをしていま…

【佐久市】平賀神社

今回は長野県佐久市の平賀神社(ひらが-)について。 平賀神社は佐久市の南東部の集落に鎮座しています。 境内は丘の斜面にあり、鶴岡八幡宮から分祀したという歴史のある神社です。本殿は覆い屋の中にありますが鑑賞は可能で、江戸後期と思しき派手な彫刻で装…

【佐久市】貞祥寺

今回は長野県佐久市の貞祥寺(ていしょうじ)について。 貞祥寺は佐久市南東部の山際に鎮座している曹洞宗の寺院です。山号は洞源山。 境内には長野県宝に指定されている三重塔と総門と楼門があるほか、島崎藤村の旧宅があるなど充実した内容。また、参道や伽…

【上田市】岩谷堂観音(宝蔵寺)

今回は長野県上田市の宝蔵寺(ほうぞうじ)岩谷堂観音(いわやどうかんのん)について。 岩谷堂観音は上田市南部の旧丸子町の山際に鎮座しています。 境内は桜の名所で、「義仲桜」なる木があって木曽義仲の伝説が残る地です。表題の観音堂は江戸中期のもので、…

【東御市】白鳥神社

今回は長野県東御市の白鳥神社(しらとり-)について。 白鳥神社は北国街道の海野宿(うんのしゅく)の東に鎮座しています。 海野宿は江戸期の宿場町の面影を色濃く残していることで著名ですが、宿場の産土神である白鳥神社もまた江戸期の作風の本殿が現存してい…

【上田市】信濃国分寺(八日堂)

今回は長野県上田市の信濃国分寺(しなのこくぶんじ)について。 信濃国分寺は上田市南部の国道18号線に面した場所に鎮座している天台宗の寺院。山号はなく、八日堂(ようかどう)の通称で呼ばれています。 奈良時代に聖武天皇の命で各国につくられた国分寺の後…

【東御市】滋野神社(新張)

今回は長野県東御市新張(みはり)の滋野神社(しげの-)について。 滋野神社(新張)は東御市北部の県道94号沿線に鎮座しています。 赤色の塀と本殿(?)が印象的な神社で、本殿は江戸中期のものとのことですが、長野県神社庁の解説とは合致しない点が多くあり、疑…

【立科町】諏訪神社(茂田井)

今回は長野県立科町茂田井(もたい)の諏訪神社(すわ-)について。 諏訪神社(茂田井)は、中山道の沿線にある「茂田井 間の宿」(もたい あいのしゅく)の端に鎮座しています。 茂田井は中山道の六十九次には入っていない非公式の宿場(休憩所)でしたが旅人の往来で…

【立科町】蓼科神社里宮と光徳寺

今回は長野県立科町の蓼科神社(たてしな-)と光徳寺(こうとくじ)ついて。 蓼科神社里宮と光徳寺は蓼科町役場の南、県道40号の沿線に鎮座しています。 蓼科神社は式内社ではないようですが創建は平安以前にさかのぼる古社(式外社という)です。 隣接する光徳寺…

【長和町】松尾神社

今回は長野県長和町の松尾神社(まつお-)について。 松尾神社は旧中山道・笠取峠の東側の集落に鎮座しています。 本殿は江戸末期に立川流の宮大工によって造られた三間社で、この近辺の神社の中では大規模な部類に入ります。ほか、境内社も多数あり、社地は決…

【長和町】諏訪神社(古町)

今回は長野県長和町古町(ふるまち)の諏訪神社(すわ-)について。 諏訪神社(古町)は国道152号線沿いの長和町役場の北にある集落に鎮座しています。 社殿は当町出身の宮大工による立川流の本殿を見ることができます。また、境内には正八幡宮という摂社(?)があり…

【佐久市】佐久八幡神社(蓬田)

今回は長野県佐久市蓬田(よもぎだ)の佐久八幡神社(さくはちまん-)について。 佐久八幡神社は佐久市郊外の仲仙道沿いにある宿場町・八幡宿に鎮座しています。 境内には、彫刻で満たされた派手な楼門と本殿のほか、国重文に指定された境内社もあり、非常に充実…

【上田市】北向観音 ~善光寺と対をなす、信州の一大霊場~

今回は長野県の超メジャー観光地ということで、北向観音(きたむきかんのん)について。 北向観音が鎮座する別所温泉(べっしょ-)は、安楽寺八角三重塔の記事でも書いたように"信州の鎌倉"と呼ばれるほど多数の寺院が存在しています。その中枢とも言えるのが北…

【青木村】 日吉神社 ~信州最大クラス 五間社流造の本殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、小県郡青木村の日吉神社(ひよし-)について。 読みは“ひよし”と“ひえ”のどちらが正しいのか分からなかったのですが、上田地域観光協議会のサイトによると前者が正しいようです。 神社本殿の規模は間口の柱間の数で…

長野県の国宝の一覧(全10件 2020年3月版) 解説リンクあり

長野県教育委員会によると、2020年3月時点での長野県の国宝は全部で10件あります。 2014年に「仮面の女神」が、2019年に「旧開智学校」が国宝に登録され、全10件となりました。内訳は、建造物6件、工芸品1件、絵画1件、考古資料2件です。 ・参考(外部リンク)…

【上田市】安楽寺 後編(八角三重塔など)

今回も長野県上田市の安楽寺について。 前編では本堂などの伽藍について紹介・解説しました。 当記事では国宝の八角三重塔 などについて解説していきます。 経蔵と傅芳堂 国宝の八角三重塔のある場所へ行くには、本堂の左手にある拝観受付を通って階段の斜面…

【佐久市】鼻顔稲荷神社 ~川岸の崖際に建つ神社~

今回は佐久市の鼻顔稲荷神社(はなづらいなりじんじゃ)について。 鼻顔稲荷は“日本五大稲荷”の1つのようですが、“日本三大稲荷”に数えられることもあるようです。 稲荷社というと京都の伏見、愛知県の豊川が高名ですが、この2社と並ぶほどの実力がこの鼻顔稲…

【小諸市】布引観音(釈尊寺) ~「牛にひかれて善光寺参り」の悲しい後日談~

今回は長野県小諸市の布引観音(ぬのびきかんのん)釈尊寺(しゃくそんじ)について。 布引観音は小諸市・東御市の境界近くにあり、すぐ北側を千曲川が流れています。 伽藍は崖の上の険しい地形にあり、とくに観音堂は岩壁に引っかかるようにして建つ独特の景観と…

寺社索引

山梨県

長野県

その他の都道府県

寺社建築の楽しみかた

・用語集 ( / / / た・な / / ま・や・ら・わ)

寺社の基礎知識

その他コンテンツ

近現代の建築 ・博物館

自転車(輪行) ・駅そば ・参考書籍

新着記事