世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【佐久市】新海三社神社 ~前編(拝殿、西本殿・中本殿など)~

今回は長野県佐久市の新海三社神社(しんかい さんしゃ-)について。

 

新海三社神社は佐久市東部の山際に鎮座しています。

佐久地方でも最大級の規模を誇る神社で、境内には三重塔と3つの本殿があるなど非常に充実した内容となっています。

 

※当記事(前編)は拝殿・西本殿・中本殿などの紹介・解説になります。重要文化財の東本殿と三重塔については後編をご参照ください。

 

現地情報

所在地 〒384-0412長野県佐久市田口宮代2394(地図)
アクセス

龍岡城駅から徒歩30分

佐久南ICから車で20分

駐車場 30台(無料)
営業時間 随時
入場料 無料
社務所 あり
公式サイト 新海三社神社
所要時間 30分程度

 

境内

大鳥居と参道

新海三社神社大鳥居

新海三社神社の境内や社殿は南向き。

境内の敷地は山際にありますが、入口の鳥居は下の集落にあります。

 

大鳥居は両部鳥居で、扁額は「佐久総社 新海三社神社」。

柱や貫などの部材はいずれも大ぶりなものが使われており、非常に骨太で力強いバランス。だらりと垂れ下がったしめ縄も豪快で野趣にあふれています。

 

大鳥居の右側にはバス停があり、その名も「鳥居」。

この近辺で前置きなしに「鳥居」と言ったなら、この大鳥居のことになるのでしょうか?

 

新海三社神社大鳥居の正面

大鳥居から境内の敷地内までは300メートルくらい距離があります。

参道の両脇には旗立てがいくつも並んでおり、お祭りのときはこの全てに旗を揚げるのでしょう。

 

新海三社神社の参道

敷地内に入ると路面が石畳にかわり、社叢の中を登ります。

 

新海三社神社の手水舎

手水舎は参道の右手にあります。

東信地方を代表する神社のだけあってしっかりと水が出ており、青竹の上にひしゃくが置かれていて、手入れが行き届いています。

 

新海三社神社の狛犬

参道の狛犬。

胴長なプロポーションですが、それよりも足の造形が妙なことになっていて、まるで正座しているかのよう。

 

拝殿

新海三社神社拝殿

境内の中心部にある社殿は拝殿

拝殿は銅板葺の入母屋(平入)、軒唐破風の向拝1間。

白い垂れ幕や屋根の鬼板には「諏訪梶」の紋があります。新海三社神社は諏訪大社の系統の神社です。

 

新海三社神社の向拝

2本の向拝柱(写真手前)は角が几帳面取りされています。向拝柱と母屋は湾曲した海老虹梁(えびこうりょう)でつながれています。

向拝柱をつなぐ虹梁(こうりょう)は中央部が少し高くなった形状。両端には雲状の木鼻。

虹梁の中央には蟇股(かえるまた)、その左右では組物が唐破風を受けています。

 

新海三社神社拝殿の母屋

軒裏は二軒(ふたのき)の繁垂木。

柱はいずれも角柱で、柱上ではシンプルな組物が桁を受けています。

 

神楽殿

新海三社神社神楽殿

拝殿の右手(東側)には神楽殿があります。

神楽殿は桟瓦葺の入母屋(妻入)、正面3間・側面5間。

新海三社神社の主要な社殿は南向きであるのに対し、この神楽殿は西向き。

 

新海三社神社神楽殿の側面

左正面から見た図。

幕がかかっているせいで詳細がわかりませんが、おそらく正面側の3間は吹き放ち。

軒裏は二軒の繁垂木。柱上の組物は木鼻のついた出組。縁側は跳高欄(はねこうらん)の切目縁(きれめえん)。

 

東西十二社

境内の東西には、摂社末社をまとめた長い社殿があります。

新海三社神社の西十二社

こちらは拝殿の左(西側)にある西十二社

鉄板葺で見世棚造(みせだなづくり)の流造。母屋は正面12間、向拝は6間。柱はいずれも角柱。

 

新海三社神社の東十二社

こちらは神楽殿と東本殿の左手(東側)にある東十二社

西十二社と同様の造り。

 

東十二社の蟇股

遠目に見るとただ横に長いだけの摂社末社なのですが、近づいて見てみると虹梁の蟇股には竹や沢瀉(おもだか)などの紋(?)が彫られています。内部の祭神との関連性は不明ですが、意外に凝っています。

 

本殿(西本社・中本社)

新海三社神社には本殿が3つあり、拝殿の裏手に2つの本殿が並んで鎮座しています。

新海三社神社西本社

西本社は銅板葺の二間社流造(にけんしゃ ながれづくり)、向拝2間。

屋根には外削ぎの千木と3本の鰹木。

造営年代は不明。祭神は事代主と誉田別命。

 

母屋の正面に間口が2つある「二間社」という構造の本殿は少数派で、かなりめずらしいです。私の知る範囲だと、佐久地域では諏訪神社(佐久市清川)と諏訪神社(北相木村)くらいしか例がありません。

 

新海三社神社西本社の向拝

正面の軒先を支える向拝柱(角柱)は3本あり、母屋だけでなく向拝も柱間2間となっています。

向拝柱をつないでいる虹梁は弓なりにカーブしており、「虹梁」という名称にふさわしい形状。虹梁の中央では、斗(ます)が実肘木(さねひじき)を介して桁を受けています。

母屋の柱は円柱で、正面には黒い扉が2組。扉の紋は花菱。諏訪神社よりも住吉神社でよく見る紋です。

 

希少な二間社なのでもっといろいろな角度から眺めたかったのですが、柵に阻まれてこれ以上は踏み込めず。

 

新海三社神社中本社

こちらは中本社。銅板葺の一間社流造(いっけんしゃ ながれづくり)。向拝1間。

屋根には外削ぎの千木と3本の鰹木。

造営年代不明。祭神はタケミナカタ(諏訪大社の主祭神)。

 

新海三社神社中本社の側面

右側面。西本社とよく似た造りをしていますが、こちらは妻壁などの蟇股が彩色されていて少し派手。

 

破風板からは懸魚(げぎょ)が3つ垂れています。

妻壁は、妻虹梁の上に大瓶束(たいへいづか)2つと蟇股を置き、その上にさらに虹梁と大瓶束を置くという凝った造り。

頭貫には、断面を白く塗装した拳鼻。海老虹梁の母屋側は、頭貫より上にある組物から出て、向拝の組物につながっています。

縁側は3面に回され、束には名称不明の装飾が取り付けられています。

 

新海三社神社中本社と西本社の背面

背面。左手前が中本社。中央奥が西本社。

西本社は二間社なので、背面の柱間も2間あります。

 

参道と、境内の中心部に位置する社殿については以上。

重要文化財である東本殿と三重塔については解説が非常に長くなるため、後編でじっくりと紹介させていただきます。

 

後編:【佐久市】新海三社神社 ~後編(東本殿と三重塔)~

寺社索引

山梨県

長野県

その他の都道府県

用語集

・用語集 ( / / / た・な / / ま・や・ら・わ)

寺社の基礎知識

その他コンテンツ

近現代の建築 ・博物館

自転車(輪行) ・駅そば ・参考書籍

新着記事