世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【寺社の基礎知識】屋根の分類

今回は寺社の基礎知識ということで、寺社建築を見分ける手がかりとして重要な屋根についての分類を大まかに解説いたします。

寺社建築の屋根には様々な意匠や装飾がありますが、下記の3点に注目すれば大まかな分類をすることができます。

・屋根の形式(主に3形式)

・棟の方向(2形式)

・屋根の素材

以上の3点についての概要と特徴を、当記事では解説していきます。

 

目次

 

屋根の形式

寺社建築の屋根は、切妻(きりづま)、寄棟(よせむね)、入母屋(いりもや)の3形式に大別できます。

現代や国外の建築だと片流(かたながれ)とか陸(ろく)とか色々とあるのですが、日本の伝統的な寺社建築は切妻と入母屋と寄棟の3つがほぼ全てで、他の形式は例外的な存在です。

 

切妻(きりづま)

f:id:hineriman:20190410120357p:plain

切妻は、2つの面を山状に合わせた形状の屋根です。家のシンボルマークとして上向き矢印のシルエットがよく使われますが、切妻はこれとよく似ています。

屋根の形状としてはシンプルな部類に入り、伝統的な建築様式から古今の住宅建築に至るまで幅広く使われています。屋根の中では最もポピュラーな形式です。傾向としては寺院よりも神社に採用されることが多いです。

 

著名な切妻の例

出雲大社(大社造)

仁科神明宮(神明造)

伏見稲荷大社(流造)



寄棟(よせむね)

f:id:hineriman:20190410120436p:plain

寄棟は4つの面を合わせた形状の屋根です。短辺側は三角形の面、長辺側は台形の面になります。

切妻の次にシンプルな形状のため、古今東西の建築で使用されています。傾向としては寺院や住宅に採用されることが多く、神社で採用されることは稀です。

 

f:id:hineriman:20190410120500p:plain

また、平面が正方形の建物で寄棟を作ろうとすると、全ての面が三角形になり、ピラミッドのような四角錐の屋根になります。こうした形式は方形(ほうぎょう)と呼びます。寄棟と発想は同じですが、棟(屋根のいちばん高いところ)が線ではなく点のようになるので、寄棟と方形は別の様式として区別されます。

 

著名な寄棟の例

東大寺 大仏殿

正倉院

 

著名な方形の例

法隆寺 夢殿



入母屋(いりもや)

f:id:hineriman:20190410120559p:plain

下部は寄棟、上部は切妻といった構造になっており、寺社建築の屋根としては最も複雑です。

その複雑さゆえ、格調高い屋根とされていました。寺院のイメージがやや強いですが、神社に採用されることも多く、とくに神仏習合の色が強い神社に採用される傾向があります。

また、日本特有の形式というわけではなく、中国や韓国のほか、東南アジアの寺院建築にも採用されます。

 

著名な入母屋の例

北野天満宮(権現造)

・東寺 金堂

三十三間堂



棟の方向

寺社建築に限らず、屋根には平入(ひらいり)と妻入(つまいり)の2パターンが存在します。見分けかたは簡単で、建物の正面に立ったとき、棟が左右に伸びているのが平入棟が前後に伸びているのが妻入です。

例外として、方形のような棟がない形式は、平入・妻入の分類は不可能です。

なお、棟というのは屋根の最も高い稜線のことを言い、下の図の赤線が棟になります。

f:id:hineriman:20190410122655p:plain

出入り口の方向を根拠に平入・妻入を分類しようとする人も居ますが、清水寺(京都市)のように正面から出入りできない建物もあるので、出入り口ではなく正面を根拠に分類したほうが混乱がないです。

ちなみに、善光寺(長野市)のように平入と妻入が合体したような建物(T字の棟を持つので撞木造という)については、正面側が妻入ならばその建物は妻入、といったふうな扱いになります。

 

平入と妻入はどちらが多いのかというと、寺社建築では平入が多数派です。その理由は単純で、平入は建物の長辺が正面になるため、規模を大きく見せやすいからです。一方、妻入は建物の短辺が正面になるため、奥行きはあっても正面は小さく見えがちです。寺社建築は、いかに威厳のある外観をしているかが重要な要素の1つですので、これを考えれば平入が採用されやすいのも当然のことでしょう。



屋根の素材

寺社建築の屋根の素材については、以下の5種類に大別できます。

 

檜皮葺(ひわだぶき)

f:id:hineriman:20190308081101j:plain

(貫前神社)

ヒノキの樹皮を重ねて葺く屋根で、日本古来の伝統的な手法です。檜皮葺きは神社の屋根葺では最も格調高い手法とされていますが、寺院に採用されることも珍しくありません。

 

柿葺(こけらぶき)

f:id:hineriman:20190503115545j:plain

(安楽寺八角三重塔)

木材の薄板を重ねて葺く屋根で、こちらも日本の伝統的な手法です。素材が板なので檜皮よりも入手性がよくて安価です。しかしその分、檜皮葺よりも格が落ちるとされます。柿葺は寺院・神社・住宅いずれにも採用されます。

 

瓦葺(かわらぶき)

f:id:hineriman:20190318121243j:plain

(阿礼神社)

寺社だけでなく、現代の住宅にも多用される手法です。檜皮などの植物由来の屋根と異なり、瓦は非常に耐久性と防火性が高く、メンテナンス(葺き替え)の手間がほぼ無いのが現代に至るまで採用されてきた理由です。

瓦は仏教の伝来とともに日本に伝えられたという歴史があるため、瓦葺の屋根は仏教の象徴ともいえ、そのためか神社に採用されることは滅多にありませんでした。

神社に瓦葺きが少ない理由について“瓦は土だから神の頭上には置けない”と説明されることがありますが、これは俗説の域を出ません。

 

藁葺(わらぶき)または茅葺(萱葺、かやぶき)

f:id:hineriman:20190401150218j:plain

(光輪寺 薬師堂)

安価な素材なので農家や民家に採用されることが多かった手法です。住宅と同じということは一見格式が低いようにも思えますが、伊勢神宮諏訪大社のように古来から茅葺きが採用され続けている例もあります。他にも、瓦が凍害で割れてしまうような寒い場所にある寺院には茅葺きが採用されることが多々あります。

 

銅葺(どうぶき)

f:id:hineriman:20190228201301j:plain

(甲斐善光寺)

登場は奈良時代とされますが、普及したのは江戸時代末期で、大正時代以降に多用されました。現在では銅板の柔軟性を生かすことで曲線的な造形ができるため、檜皮葺きのかわりとして葺き替えられたり、桧皮の上から葺かれた例が多々あります。

銅は赤茶色で光沢のある外観ですが、経年や風雨にさらされることで酸化して青緑色のさびが生じます。このような色になった銅板やその色のことを緑青(ろくしょう)と呼ぶ場合があります。



まとめ

屋根の形式、棟の方向、屋根の素材についての解説は以上になります。これら全てを把握するのは大変かもしれませんが、「この形式は寺に多くて神社では稀」といった感じの傾向だけでも覚えておくと、例外に出くわしたときに嬉しくなると思います。そして、「どうしてここだけ例外なのだろう?」という疑問と興味が生まれると思います。これは知識があるからこそできる楽しみかたなのです!

当記事の情報が皆様の寺社巡りの楽しみを増幅させることができたなら、私としてはこれ以上ない喜びです。