甲信寺社宝鑑

甲信地方の寺院・神社建築を語る雑記。

【山梨市】大井俣窪八幡神社 その1(鳥居、神門、比咩三神、鐘楼)

今回は山梨県山梨市の大井俣窪八幡神社(おおいまた くぼはちまん-)について。

 

大井俣窪八幡は笛吹川北岸の住宅地に鎮座しています。

社名は「窪八幡神社」と呼ばれることもありますが、公式サイトでは「大井俣窪八幡神社」となっているため当記事のタイトルもこちらに準じています。

創建は『大井俣神社本記』によると平安時代の貞信元年(859年)に宇佐神宮から笛吹川の中州に八幡宮が勧請されたのが由来で、のちに現在の場所に移転したとのこと。永正13年(1516年)および大永元年(1521年)に駿河の今川氏の侵攻による戦火でほとんどの社殿を焼失し、武田信虎・晴信(信玄)親子によって造営されたのが現在の社殿です。

境内には室町期の社殿が多数現存し、全部で9件の建造物が国指定重要文化財(重文)に登録されています。境内の中枢である窪八幡神社本殿は十一間社流造という建築様式になっており、神社本殿として最大規模といえます。

 

当記事ではアクセス情報およびに鳥居、神門、比咩三神、鐘楼について述べます。

高良神社、武内大神、若宮八幡神社については「その2」を、窪八幡神社拝殿・本殿については「その3」をご参照ください。

 

現地情報

所在地 〒405-0041山梨県山梨市北654(地図)
アクセス 東山梨駅から徒歩30分 または山梨市駅からバスで10分
勝沼ICから車で30分
駐車場 5台(無料)
営業時間 随時
入場料 無料
社務所 あり(要予約)
公式サイト 大井俣窪八幡神社
所要時間 30分程度

 

参道と境内入口

鳥居

大井俣窪八幡神社の鳥居

大井俣窪八幡神社の鳥居の扁額

大井俣窪八幡神社の境内は南東向きで、後述の社殿もほぼ全てが南東向きとなっています。

鳥居は、境内の南にのびる生活道路に木造の両部鳥居が立っています。扁額は「大井俣神社」。

 

柱は円柱、前後の稚児柱は角柱で、内側に転び(傾き)がついています。円柱の上には円い台輪が置かれ、その上に反りのついた島木・笠木が載っています。両部鳥居としては標準的な造り。

スギ材が使われているようですが、円柱をつなぐ貫だけはマツ材のようです。高さ約7.41m、横幅約5.91m、円柱はφ550mmくらいとのこと。

1535年(天文4年)の造営で、木造鳥居として現存最古。これ単体で国重文に指定されています。

案内板(山梨県・山梨市教育委員会)によると下記のとおり。

 神社本紀の記録によると、天文四年(一五三五)、武田信虎によって四十二才の厄壤祈願(やくばらいきがん)のため鳥居と石橋が建立されたとあり、現在の鳥居はこのときに再建されたものと考えられる。

(中略)

 この鳥居は、均整のよくとれた形のすぐれている木造鳥居であり、一般的には造替の頻度が多い建造物のため、造立年代が室町時代まで遡る例は珍しく、現存の木造鳥居のなかで最も古い遺構としてきわめて価値が高い。

  

神門

大井俣窪八幡神社入口

鳥居から数十メートルほど歩くと境内敷地に入ります。

社号標は「縣社 大井俣八幡神社」。

 

大井俣窪八幡神社の神門

神門は檜皮葺の切妻。箱棟の紋は武田菱と花菱。

四脚門(よつあしもん)という様式の門で、中の柱は円柱、前後の柱は大面取り(C面の幅が大きい)の角柱となっています。

1511年(永正8年)または1542年(天文11年)の造営とされ、国重文です。

 

神門の内部

天井はなく、化粧屋根裏。

柱上では蟇股(かえるまた)が、柱間の梁の上では間斗束(けんとづか)が棟を受けています。

 

大井俣窪八幡神社の石橋

神門の前にかかっている石橋。花崗岩製。

こちらは神門の附(つけたり)として国重文となっています。言うなれば付属品というあつかい。

1535年(天文4年)に信州の高遠石工によって造られたことが銘に書かれているようです。

 

大井俣窪八幡神社の手水舎

神門の先には、参道の左手に手水舎があります。

手水舎は銅板葺の入母屋。柱は几帳面取りの角柱。内部は格天井で、頭貫には木鼻がついています。

造営年代不明。この社殿は特に文化財指定はありません。

 

比咩三神

大井俣窪八幡神社の境内

そのまま真っすぐ進むと境内の中心部に向かいますが、参道を左にそれると塀に囲われた境内社があります

こちらは末社・比咩三神(ひめさんじん)。

 

比咩三神の俯瞰図

後方の石垣の上から見下ろした図。

池に突き出した半島のような地形に鎮座しています。

 

比咩三神本殿

比咩三神は銅板葺の一間社流造(いっけんしゃ ながれづくり)。

1625年(寛永2年)に徳川忠長(3代将軍・家光の弟で甲府藩主)によって再建されたものとされ、これ単体で国重文となっています。

案内板によると祭神は田心姫、湍津姫命、市杵島姫命の3柱。明治時代初期まで弁財天と呼ばれていたとのこと。

 

比咩三神の正面

この神社の境内にある国重文の社殿の中ではかなり新しい部類に入りますが、それでも装飾は少なめで質素な造り。

正面の軒先を支える向拝柱はC面取りの角柱。柱上の組物は平三斗(ひらみつど)。

 

比咩三神の母屋と縁側

写真右上に見える母屋柱は円柱。しかし床下は八角柱です。

正面の階段は角材が使われた正式な造り。縁側は3面にまわされており、欄干なし。

 

比咩三神の側面

側面もこれといって目立つ装飾はありません。

妻壁の梁の上には大瓶束(たいへいづか)。「その2・その3」で述べる室町期の社殿の妻壁はいずれも豕扠首(いのこさす)なので、それらとは作風が少しちがっています。

破風板の拝みから垂れ下がる懸魚は、左半分が破損してしまっています。

 

鐘楼

参道の先の石垣にあがると、一段高くなった区画に多数の社殿が鎮座しています。

主要な社殿については「その2・その3」で後述することにして、まずはこちらの鐘楼から。

大井俣窪八幡神社の鐘楼

鐘楼は境内の向かって右の端(北東)にあります。

檜皮葺の寄棟で、1間四方。1階部分は袴腰、2階は吹き放ちで円柱が使われています。

案内板(山梨市の設置)によると1553年(天文22年)に武田晴信によって造営されたとのこと。県有形文化財です。

 

鐘楼の軒下

軒裏はまばら垂木。内部は格天井。

柱上の組物は出三斗(でみつど)、柱間には間斗束。頭貫には質素な木鼻が見えます。

ここは神社ですが2階内部には梵鐘が吊るされており、神社・寺院が混然一体となっていた神仏習合の時代をしのぶことができます。

 

「その1」は以上。

「その2」では国重文の摂社・末社について述べます。

寺社索引

山梨県

長野県

その他の都道府県

寺社建築の楽しみかた

・用語集 ( / / / た・な / / ま・や・ら・わ)

寺社の基礎知識

その他コンテンツ

近現代の建築 ・博物館

自転車(輪行) ・駅そば ・参考書籍

新着記事