世をひねる

甲信地方の寺院・神社建築を語る雑記。

岐阜県

【多治見市】永保寺 後編(開山堂、その他の伽藍)

今回も岐阜県多治見市の永保寺について。 前編では庭園と観音堂について述べました。 後編の当記事では開山堂とその他の伽藍について解説していきます。 開山堂 観音堂の前の池を迂回して境内の西の端へ進むと、その奥には開山堂(国宝)が鎮座しています。 正…

【多治見市】永保寺 前編(庭園と観音堂)

今回は岐阜県多治見市の永保寺(えいほうじ)について。 永保寺は多治見市街の高台に鎮座する臨済宗の寺院です。山号は虎渓山。 創建は鎌倉後期の1313年で、多数の庭園を設計したことで知られる夢窓疎石によって開基されました。境内については鎌倉後期と室町…

【八百津町】明鏡寺

今回は岐阜県八百津町の明鏡寺(みょうきょうじ)について。 明鏡寺は八百津町南部の山際の集落に鎮座している臨済宗の寺院です。山号は霊光山。 創建は室町初期で、鎌倉幕府6代将軍の宗尊親王の菩提を弔うため開かれたとのこと。伽藍の大部分は現代のものです…

【恵那市】武並神社

今回は岐阜県恵那市の武並神社(たけなみ-)について。 武並神社は恵那市街の国道19号線沿いに鎮座しています。 創建は伝承によると平安期、記録上では鎌倉期の1220年(承久2年)とのこと。社殿については檜皮葺の拝殿と幣殿があるほか、室町期に造営された大型…

【中津川市】坂本神社諏訪社(茄子川)

今回は岐阜県中津川市茄子川(なすびがわ)の坂本神社諏訪社(さかもと- すわしゃ)について。 社名については「諏訪神社」が正確な表記のようですが、社号標より「坂本神社諏訪社」を記事名としています。 創建は702年(大宝2年)にさかのぼるとされ、『延喜式』…

【中津川市】坂本神社八幡宮(千旦林)

今回は岐阜県中津川市千旦林(せんだんばやし)の坂本神社八幡宮(さかもと- はちまんぐう)について。 社名については「八幡神社」が正確な表記のようですが、社号標より「坂本神社八幡宮」を記事名としています。 坂本神社八幡宮は千旦林の住宅地の山際に鎮座…

【中津川市】諏訪神社(手賀野)

今回は岐阜県中津川市手賀野(てがの)の諏訪神社(すわ-)について。 諏訪神社は国道19号沿線の住宅地の奥にある山林の中に鎮座しています。 創建は1591年の太閤検地の折に稲荷が祀られたことに由来するようで、棟札によると1638年に諏訪大明神を合祀したとのこ…

【中津川市】坂下神社

今回は岐阜県中津川市の坂下神社(さかした-)について。 坂下神社は旧坂下町の中心地の集落に鎮座しています。 創建についての詳細は不明で、この神社を信仰していた木曽義仲によって同市法力屋から当地へ遷座したとのこと。社殿については拝殿や多数の本殿、…

【高山市】櫻山八幡宮 ほか ~高山市街の小ネタ特集~

今回は岐阜県の観光地ということで、櫻山八幡宮(さくらやま はちまんぐう)など高山市街の小ネタについて。 櫻山八幡宮は、高山の市街地の北西の山際に鎮座しています。 市内の観光の中心地である高山陣屋からは1キロメートルほどの距離があるものの、ここま…

【飛騨市】気多若宮神社と白壁土蔵街 ~古川の小ネタ特集~

今回は岐阜県の観光地ということで、飛騨市の気多若宮神社(けたわかみや-)と古川の白壁土蔵街(ふるかわ-しろかべどぞうがい)などについて。 気多若宮神社は飛騨市古川の北側の山際に鎮座しており、映画『君の名は』の舞台のモデルにもなったからか、ここ数年…

【高山市】日枝神社 ~飛騨随一の美麗な旧社殿~

今回は岐阜県のマイナー観光地ということで、高山氏の日枝神社(ひえ-)について。 日枝神社は高山の市街地の南東の山際に鎮座しています。広い境内には多数の境内社があり、いずれの社殿も県か市の指定文化財にとどまっていますが、旧社殿である富士社は派手…

【高山市】飛騨国分寺 ~街のランドマークがそびえる、定番の観光スポット~

今回は岐阜県の観光地ということで、高山市の飛騨国分寺について。 飛騨国分寺は高山の市街地の中心部に鎮座しており、境内はさほど大きくないものの、飛騨地方で唯一の三重塔や重要文化財の本堂などなど、見どころの多い内容となっています。 文化的・歴史的…

寺社索引

山梨県

長野県

その他の都道府県

用語集

・用語集 ( / / / た・な / / ま・や・ら・わ)

寺社の基礎知識

その他コンテンツ

近現代の建築 ・博物館

自転車(輪行) ・駅そば ・参考書籍

新着記事