世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

大隅流

【松川村】細野神社 ~アルプスを望む大隅流の本殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、松川村の細野神社(ほその-)について。 細野神社は松川村中心部から少し南に行った国道沿いに鎮座しています。 境内や社殿の規模は決して大きくはないものの、信州を代表する流派・大隅流の宮大工が手がけた本殿を…

【諏訪市】足長神社 ~幕末の豪華な拝殿と、江戸中期の質素な本殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、諏訪市の足長神社(あしなが-)について。 足長神社は諏訪市南東部の斜面に鎮座しています。 社殿はこの地域の神社のご多分に漏れず豪華な彫刻で満たされていますが、本殿についてはシンプルな外観をしており、諏訪…

【茅野市】三輪神社ほか2件 ~三国志が彫られた本殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、茅野市の三輪神社(みわ-)とその近辺の神社について。 三輪神社は茅野市の市街地の国道20号沿いに鎮座しています。 境内は非常に小規模ではありますが、大隅流の彫刻に満たされた本殿を見ることができます。

【茅野市】瀬神社(米沢) ~地域色豊かな大隅流の社殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、茅野市米沢(よねざわ)の瀬神社(せ-)について。 瀬神社はビーナスライン沿線に位置する集落の中に鎮座しています。 村の産土神ではありますが、本殿は大隅流の宮大工による彫刻が多数配置された豪華なものになって…

【下諏訪町】熊野神社(社) ~春宮の系譜 大隅流の本殿~

今回は長野県の観光地ということで、下諏訪町社(やしろ)の熊野神社(くまの-)について。 熊野神社は諏訪大社の下社春宮から西へ1kmほど離れた住宅街の山際に鎮座しています。 本殿は春宮を造営したことで知られる柴宮長左衛門の手によるもので、派手な彫刻で…

【千曲市】水上布奈山神社の本殿を徹底解説

今回は長野県のマイナー観光地ということで、千曲市の水上布奈山神社(みずかみふなやま-)について。 水上布奈山神社は、千曲市戸倉の市街地に鎮座しています。 創建は1603年で神社としては新しい部類ですが、諏訪の名工・柴宮長左衛門の手掛けた豪華絢爛な本…

【下諏訪町】諏訪大社下社春宮の見所を解説 ~せせらぎに包まれた長閑な一宮~

今回は長野県の超メジャー観光地ということで、諏訪大社下社春宮(すわたいしゃ しもしゃ はるみや)について。 下社春宮は諏訪湖の北東に鎮座し、信濃国一宮である諏訪大社4社(四社)の1社です。4社はそれぞれ雰囲気がちがっていて、どの社も他に無い個性があ…