世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【下諏訪町】熊野神社(社) ~春宮の系譜 大隅流の本殿~

今回は長野県の観光地ということで、下諏訪町社(やしろ)の熊野神社(くまの-)について。

 

熊野神社は諏訪大社の下社春宮から西へ1kmほど離れた住宅街の山際に鎮座しています。

本殿は春宮を造営したことで知られる柴宮長左衛門の手によるもので、派手な彫刻で満たされた豪華な本殿を拝むことができます。

 

 

現地情報

所在地 〒393-0093長野県諏訪郡下諏訪町社7505(地図)
アクセス

下諏訪駅から徒歩30分

岡谷ICから車で10分

駐車場 なし
営業時間 随時
入場料 無料
社務所 あり(要予約)
公式サイト なし
所要時間 10分程度

 

境内

参道と拝殿

f:id:hineriman:20191008121712j:plain

境内の入口には石製の鳥居が立っています。

参道の脇では氏子の方々が小型ショベルカーで整地されていました。

 

f:id:hineriman:20191008121732j:plain

鳥居をくぐると狭い石段が100段程度続き、その先に拝殿があります。

 

f:id:hineriman:20191008121749j:plain

拝殿は向唐破風(むこう からはふ)がついた鉄板葺の切妻。

扁額には「熊野神社」とありますが、“野”のフォントがちょっと変わっていて“堅”みたいな字体になっています。私の記憶だと甲州市の熊野神社も社標の字がこうなっていたので、べつに珍しいものではないと思います。

 

狛犬は境内の入口ではなく拝殿の前にあります。

熊野神社は諏訪の系統ではないので、拝殿や本殿の四囲に御柱はありません。とはいえ、拝殿の唐破風の棟にのっている鬼瓦には、諏訪大社の紋である「梶の葉」がありました。

 

f:id:hineriman:20191008121818j:plain

拝殿の左手には多数の石碑・石仏が並べられています。

この地域の神社はこういった石碑の1つ1つに御柱を立てていることも珍しくないのですが、御柱が立てられているのはごく一部の石碑だけでした。

 

この石碑のほうから回り込むことで、拝殿の裏手の本殿へ登ることができます。

 

本殿

f:id:hineriman:20191008121842j:plain

本殿は写真のように鞘堂(覆い)で保護されています。窓は目の粗い格子がついているだけなので、覗き込むことで本殿を鑑賞できます。

細かすぎるツッコミになりますが、ここは神社なので“鞘堂”ではなく“鞘殿”のほうが適当だと私は思うのですが、案内板(第七区信徒惣代による設置)に鞘堂とあったので当記事もこの表記に準拠しています。

 

また、この案内板と下諏訪町教育委員会設置の案内板では、熊野神社本殿を造営した棟梁について「村田長左衛門」と表記しています。これは柴宮長左衛門の旧姓で、下諏訪町の各所の案内板では村田姓で表記されることが多いです。

ですが一般には柴宮長左衛門という呼び方のほうが通りが良いので、当ブログではこちらの表記を使用することにします。

 

f:id:hineriman:20191008121910j:plain

鞘堂の右側の窓から見た本殿。

本殿は鉄板葺の一間社流造(いっけんしゃ ながれづくり)、向拝は軒唐破風(のき からはふ)付き。

 

鞘堂に覆われているため屋根がよく見えないですが、垂木の向きからして流造で間違いないです。

なお、境内入口の案内板(下諏訪町教育委員会)には「平入り向唐破風(ひらいり むかいからはふ)造り」とありましたが、正面の唐破風は向唐破風ではなく軒唐破風だと思います。あいにく正面からの写真が撮れなかったので、向唐破風の可能性も否定しきれませんが...

 

見づらいですが写真中央の虹梁の中央には龍、その両端の木鼻には唐獅子と象の彫刻が配置されています。龍は向拝の下で礼拝している人に襲い掛かりそうなほどに激しく躍動感あふれるポーズ。唐獅子と象は先日水上布奈山神社(こちらも柴宮長左衛門の作)で見たものとよく似た外見をしています。

獅子と象の右上で垂木を受けている手挟(たばさみ)は、波の意匠の籠彫り。母屋の扉の両脇の彫刻は、薄暗くてよく見えなかったため題材不明です。

 

f:id:hineriman:20191008121932j:plain

左側面の軒下。

梁は組物で持出しされており、梁の上には波の意匠の束(つか)と笈形(おいがた)。梁の下も波の意匠の彫刻があります。

脇障子にも彫刻が施されていましたが、こちらもよく見えず題材不明です。

 

束はなんとなく瓶のような形状で、思わず「大瓶束」(たいへいづか)という寺社建築用語を連想してしまいまいそうですが、束の下部に結綿(ゆいわた)が付いていないので、これは厳密には大瓶束とはいえないでしょう。ちなみに大瓶束は天竺様(大仏様とも)の意匠ですが、神社建築でもときどき使われます。

 

f:id:hineriman:20191008122000j:plain

背面の床下。一間社なので柱は少なく、床下もすっきりした印象。

母屋の柱は床下まで抜かりなく円柱に成形されています。こちら側は彫刻がないですが、白木の木材の純朴な美しさが味わえます。

この本殿の建立年代は案内板には書かれていなかったのですが、柴宮長左衛門の生没年(1747-1800)から考えると、この本殿はだいたい250年くらい昔のものと断定して良いでしょう。

鞘堂が作られたのが平成2年(1990年)とのことなので、それまでずっと雨ざらしだったと思われますが、これを考えると非常に良い状態で保存されているのではないでしょうか。

 

f:id:hineriman:20191008122033j:plain

最後に本殿の左側面の図。

社殿はいずれもあまり規模の大きくないものですが、本殿は名工・柴宮長左衛門の作で、大隅流・立川流のファンならば必見と言っていい内容です。下社春宮から徒歩15分の距離なので、万時の石仏のほうから足を伸ばしてみるのも一興でしょう。

 

本殿を見おえて参道を引き返すと、入口で整地していた氏子の方々と行きあい「本殿はご覧になられましたか」と声をかけて下さりました。熊野神社本殿と下社春宮は同じ棟梁が造ったのだと説明してくれました。

それから少し話しているうちに、今月の最後の日曜日(10/27)のお祭りで鞘堂の中に入れる」という貴重な情報を聞き出せました。

よければ見にきて下さいというお誘いに対し、もし来たときはよろしくお願いしますと返しておきましたが、本当に行くかどうかは現在検討中です...

 

以上、熊野神社(社)でした。

(訪問日2019/10/05)