世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【茅野市】三輪神社ほか2件 ~三国志が彫られた本殿~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、茅野市の三輪神社(みわ-)とその近辺の神社について。

 

三輪神社は茅野市の市街地の国道20号沿いに鎮座しています。

境内は非常に小規模ではありますが、大隅流の彫刻に満たされた本殿を見ることができます。

 

 

現地情報

所在地 〒391-0013長野県茅野市宮川4433(地図)
アクセス

茅野駅から徒歩10分

諏訪ICから車で10分

駐車場 5台(無料)
営業時間 随時
入場料 無料
社務所 なし
公式サイト なし
所要時間 10分程度

 

境内

三輪神社拝殿

f:id:hineriman:20191024150633j:plain

こちらが三輪神社の境内の全景。社殿と言えるのは拝殿と覆いのかかった本殿くらいで、ミニマムかつシンプルな内容。

三輪なので諏訪大社とはとくに関係ないと思われますが、境内には御柱が立てられています。この地域では稲荷にまで御柱を立ててしまうので、そこまで驚くことではないでしょう。

 

f:id:hineriman:20191024150701j:plain

拝殿は銅板葺の唐破風屋根で、正面と左右が吹き放ち。同市内の田沢稲荷の拝殿とよく似ています。

唐破風の中心から垂れ下がる懸魚(兎毛通)には鶴の彫刻、虹梁の上には蟇股(かえるまた)が配置されています。扁額は「三輪社」。

 

f:id:hineriman:20191024150735j:plain

拝殿の内部。天井は格天井になっています。

正面と左右の梁・桁の上には蟇股だけが置かれていますが、内部の奥は蟇股の左右に草木の彫刻も配置されています。

 

三輪神社本殿

f:id:hineriman:20191024150748j:plain

本殿には覆いが掛けられていますが格子になっているので、隙間から覗き込むことができます。

しかし建物の土台や窓が高く、きれいに写真撮影したいなら踏み台が必須です。当然そんなものは持ってきていなかったので、見づらい写真と相成りました... ご了承ください。

 

本殿は屋根の素材がわかりませんが一間社流造(いっけんしゃ ながれづくり)で、正面に軒唐破風(のき からはふ)付き。軒唐破風のついた流造は、この地域の神社や立川流・大隅流の造営でよく見かけます。

案内板(茅野市教育委員会)によると年代は1804年、「大隅流の流れをくむ矢崎玖右衛門の代表作」とのこと。

 

f:id:hineriman:20191024150816j:plain

写真は本殿の右側面。南側です。

壁面の彫刻は「玄徳 赤兎馬に鞭打って潭渓を越ゆる」。赤兎馬といったら関羽だと思うのですが、三国志にこんなシーンあったでしょうか...? 私自身、三国志には詳しくないのですが記憶にありません。検索してみてもそれらしいものがヒットしないです...

縁側の床下は四手先の組物で支えられており、縁の下にまで彫刻が配置されています。

 

f:id:hineriman:20191024150836j:plain

背面(東側)。格子が邪魔で見づらいですが、背面にまで縁側が巡らされています。

壁面の彫刻は「黄石公 張良に兵書を授くる」で、こちらは前漢の物語。三国志とはちょっと時代がちがいます。

 

f:id:hineriman:20191024150854j:plain

左側面(北側)。

正面向拝と母屋をつなぐ海老虹梁(繋ぎ虹梁とも)には龍の彫刻。梁は三手先に持出しされていました。

壁面の彫刻は「蜀の三傑 桃園に義を結ぶ」。三国志の最序盤のエピソードとして著名な“桃園の誓い”です。

 

なお、三輪神社なので大神神社(おおみわ-)の分霊のようです。しかし祭神は大物主ではなく大国主、それからウカノミタマとミカシキヤヒメ(櫛玉姫)とのこと。そして境内にはしっかりと御柱が建てられており、本当の祭神はいったい誰なのか、まったく見当がつかない状態となっています。

 

三輪神社については以上。

 

近辺の神社

鈿女神社

f:id:hineriman:20191024190921j:plain

三輪神社とはす向かいの位置には鈿女神社(おかめ-)が建っています。

祭神は文字通りアメノウズメ(天鈿女命)ですが、社名の読みは「うずめ」ではなく「おかめ」とのこと(宮川商業界 宮川街づくり協議会の案内板より)。

周辺は公園として整備されており、参道の左手にはレトロな手押し式ポンプの手水(というよりはただの井戸)があって公園の手洗いを兼ねています。

社殿は見てのとおり新しいもので、内部にもとくにこれといったものは無いです。しかし、諏訪大社とはぜんぜん関係なさそうなのに御柱が立てられていて、いかにも諏訪地域らしいです。

 

伊藤祝神社

f:id:hineriman:20191024190953j:plain
鈿女神社と隣接する場所にも小規模な神社が鎮座しています。社名は伊藤祝神社(いとうほうり?-)。

伊藤という苗字はこの地域に限らず長野県全域でよく見かけ、小林の次くらいにありきたりですが、この神社との関連性は不明。

 

f:id:hineriman:20191024191024j:plain
拝殿はなく、覆いの中に小ぶりな本殿があります。

本殿はこけら葺きの一間社流造。正面は軒唐破風付き。前述の三輪神社本殿と同じ様式です。

虹梁の木鼻には小さいながら唐獅子と象の木鼻もついており、全体的に立川流や大隅流っぽい造り。

 

f:id:hineriman:20191024191101j:plain
左側面。

祠とでも言ったほうが適切かもしれないレベルの規模ですが、縁側や欄干まで備えており、祠にしては手が込んでいます。「床上は円柱だが床下は八角柱」という定番の手抜き工作も完備(?)しています。

 

ちょっと気になったのは側面の壁板。神社本殿の壁は板を横向きに張るのが作法です。

この本殿の壁板は一枚板なので縦も横もないのですが、木目が上下方向に通っていたので縦向きに張っているように見え、ちょっと面食らいました。

 

以上、三輪神社とその近辺の神社でした。

(訪問日2019/10/13)