甲信寺社宝鑑

甲信地方の寺院・神社建築を語る雑記。

【松本市】若宮八幡社(筑摩)

今回は長野県松本市筑摩(つかま)の若宮八幡社(わかみやはちまんしゃ)について。

 

若宮八幡社(筑摩)は松本市街の南部に鎮座しています。

松本市内に4棟ある重文指定された神社本殿の1つなのですが、小規模かつ簡素な造りをしているため、これが重要文化財だとはにわかに信じられない内容です。

 

現地情報

所在地 〒390-0821長野県松本市筑摩3-6-2(地図)
アクセス

松本駅から徒歩40分

松本ICから車で20分

駐車場 3台(無料)
営業時間 随時
入場料 無料
社務所 なし
公式サイト なし
所要時間 5分程度

 

境内

参道と拝殿

若宮八幡社の境内

若宮八幡社は小さな公園の一角にあり、境内もまた非常にコンパクト。

入口の鳥居は両部鳥居で、扁額は「若宮八幡社」。社殿は真南を向いているのに対し、なぜか鳥居だけが45度ねじれて南東を向いています

これについては、案内板(松本市教育委員会)によると“もともと松本城二の丸の北西隅に鎮座していた”とのことで、城内にあったときもこの配置だったからではないか、というのが私の予想。

 

若宮八幡社の拝殿

拝殿は銅板葺の切妻(平入)。向拝なし。

垂木もまばらで、特にこれといった意匠は見当たりません。

 

本殿

若宮八幡社本殿

拝殿の裏には柵に囲われた本殿が鎮座しています。

本殿はこけら葺の一間社流造(いっけんしゃ ながれづくり)。柱はいずれも角柱。重要文化財に指定されています。

 

案内板いわく“室町時代の様式をよく残している”らしく、前述したようにもともと松本城内にあったものを1670年(寛文10年)にこの場所に移したようです。“城の鎮守の神社として、江戸時代以前のものは全国的に類例がなく、比較的小さく簡素であるものの希少な例といえる”とのこと。

要約すると、造営年代は室町末期といったところでしょうか。

 

若宮八幡社本殿の向拝

まずは正面の向拝から。

正面の庇を支える向拝柱は、面取りされた角柱。2本の向拝柱をつなぐ虹梁は、下部にわずかな線彫りが見られるだけ。両端の木鼻は、拳鼻ともなんとも言いがたいものになっています。

虹梁の上の中備えは本蟇股。内部の彫刻(はらわたと言うことがある)もなく、蟇股としてかなり古典的なものになっています。

虹梁の上では、蟇股と出三斗の組物によって丸桁が受けられ、二軒の繁垂木を支えています。

 

母屋の正面にかけられた扁額は「若宮神社」。正面の扉は桟唐戸。

 

若宮八幡社本殿の階段と浜床

木階と浜床。

木階は5段あり、断面が正方形になった角柱がつかわれた正式な造り。

この本殿の縁側は正面にしかないので、それにあわせたのか浜床も正面だけで、左右にはまわされていません。

 

若宮八幡社本殿の側面前方

向拝と母屋のあいだ。

右の向拝と左の母屋はあまり高さに差がないですが、両者をつなぐ海老虹梁は母屋の少し高い位置から出ており、垂木にふれるくらいにカーブして流麗な曲線で向拝へつながっています。向拝のほうでは、実肘木で海老虹梁を受けています

 

若宮八幡社本殿の妻壁

左側面の妻壁。

母屋の貫の木鼻は拳鼻で、その上方では出三斗で丸桁と虹梁を受けています。

丸桁には桁隠しがついておらず、木口が露出。虹梁にもこれといった意匠が見られません。

虹梁の上にはこれまたシンプルな大瓶束。結綿にも意匠がなく、束の上には斗と実肘木が乗っているだけ。

 

若宮八幡社本殿の背面

左後方から見た背面。こちら側は、意匠と言えるようなものは組物と拳鼻くらいしか見られません。

母屋の柱は角柱なので、もちろん床下も角柱に成形されています。

当然のことながら、壁板は水平方向に張られています。

 

本殿の解説は以上。

筑摩神社の南にもう1つ重要文化財があると聞いて来てはみたものの、これが本当に重文とはにわかには信じられないです。

国重文ではなく県重文か何かのまちがいでは? とも思ったのですが、文化財保護委員会の発行した重要文化財指定書がしっかりと拝殿に掲げられており、やはり国指定の重要文化財でまちがいないようです。

 

この本殿はかなり玄人向けな内容。これの良さが解るようなら、あなたは相当の通でしょう。私には良さがさっぱり解りません...

この若宮八幡社のすぐ近くには筑摩神社というすばらしい神社もあるので、物好きな人は筑摩神社のついでにこちらも見て行くといいでしょう。

 

以上、若宮八幡社(筑摩)でした。

(訪問日2020/01/11)

寺社索引

山梨県

長野県

その他の都道府県

寺社建築の楽しみかた

・用語集 ( / / / た・な / / ま・や・ら・わ)

寺社の基礎知識

その他コンテンツ

近現代の建築 ・博物館

自転車(輪行) ・駅そば ・参考書籍

新着記事