世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【寺社の基礎知識】寺社建築用語集 た行・な行

この記事では、当ブログに頻出する寺社建築用語について簡単に説明いたします。

 

行別

/ / / た・な / / ま・や・ら・わ

 

 

 

垂木 たるき

屋根に用いられる構造材。棟から軒先に延びる向きで等間隔に配置され、上に屋根が張られる。

屋根に隠れて見えない垂木のことを野垂木(のだるき)と言い、寺社建築では雑木が使われるなどの手抜きをしている例が少なくない。対して、軒下に露出する垂木は化粧垂木と呼ばれ、非常に目立つため二重になっていたり(二軒と言う)、彩色されていたりする。

基本的に平行に並べて配置されるが、禅宗様の建築では放射状に配置され、その場合は扇垂木(おうぎだるき)と呼ぶ。

f:id:hineriman:20190614120803j:plain

 

千木 ちぎ

神社の棟に設置されるX字状の装飾材。神社の象徴とされるが、千木のない社殿も珍しくない。

もとは破風板と一体だったが、雨仕舞いの都合から、現在では破風板と別に成形された“置き千木”が一般的。

参考:【寺社の基礎知識】鰹木(かつおぎ)と千木(ちぎ) - 世をひねる

 

千鳥破風 ちどりはふ

主に平入の建物の正面側に設けられる、三角形の出窓のような破風のこと。屋根裏の明かり取りが目的とされるが、装飾としての意味合いが強い。

場合によっては背面にもついていたり、複数が並んでいたりすることも稀にある。

f:id:hineriman:20190609195426j:plain

 

手水舎 ちょうずしゃ・てみずや

寺社の参道の脇に配置される、手や口を清めるための場所。基本的に、柱と屋根だけの吹き放ちになっている。

中には露天になっているものもあり、この場合は単に“手水”とだけ呼ばれる。

両手を清めて口をすすいでから、ひしゃくの柄を洗うまでの動作を1杯分の水で済ませるのが作法とされる。

 

妻入 つまいり

正面に立ったとき、大棟が前後に伸びている建物のことを妻入と呼ぶ。“平入”の対義語。

妻(屋根の両端)から出入りするのが呼び名の由来。

参考:【寺社の基礎知識】屋根の分類 - 世をひねる

 

銅葺 どうぶき

銅板で屋根を葺く技法。また、そうした技法で葺かれた屋根のこと。

江戸時代末期に普及し、大正以降に多用された。檜皮葺や茅葺の屋根の維持管理のコストを削減するため、上に銅板を張った例も少なくない。

たいていの銅葺屋根は、経年によって黒ずんだ緑青を呈している。

参考:【寺社の基礎知識】屋根の分類 - 世をひねる

 

内陣 ないじん

本殿・本堂の区画。神仏を祀る内陣や、壁に囲われた母屋(身舎)の総称。

吹き放ちの空間や、縁側、向拝などと区別するための呼称である。

なお、善光寺本堂のように巨大な建物の場合、内陣と外陣のあいだに中陣があったり、内陣よりもさらに格上の内々陣があったりする例もある。

 

流造 ながれづくり

神社の建築様式のひとつ。平入の切妻で、曲線的な屋根が正面側に長く伸び、庇(向拝)を兼ねているのが特徴。屋根を側面から見ると、破風板が「へ」の字状になっている。

神社の建築様式としてもっとも例が多く、日本の神社本殿のほとんどは流造である。

三間社が正式、一間社が略式とされるが、稀に二間社や四間社、五間社といった例外もある。

f:id:hineriman:20190614120623j:plain

  

長押 なげし

柱と柱をつなぐ、水平方向の部材。鴨居に使われるものを内法長押(うちのり-)、敷居の部分に使われるものを縁長押(えん-)または切目長押(きれめ-)と言う。

和様の建築の特徴で、ほぼ全ての神社本殿に使われている。また、寺社に限らず住宅建築にも広く用いられる。

もともとは構造材だったが、現代ではもっぱら装飾材として使われている。

f:id:hineriman:20190614120817j:plain

 

丹塗 にぬり

赤く塗装された木材のこと。装飾や火除けのまじないとして用いられる。

伝統的な丹塗りは鉛やクロムなどの重金属元素が含まれているため、虫害や腐敗を防ぐ効果があった。

現代では経済性や重金属の毒性を考慮して、科学塗料で代用されることも少なくない。