甲信寺社宝鑑

甲信地方の寺院・神社建築を語る雑記。

寺社建築用語集 か行【寺社の基礎知識】

この記事では、当ブログに頻出する寺社建築用語について簡単に説明いたします。

 

行別: / / / た・な / / ま・や・ら・わ

 

 

外陣 がいじん

→げじん

蟇股 かえるまた

f:id:hineriman:20190614122320j:plain

梁や桁など、水平方向の部材の上に設置される部材。原始的な“人の字”のものと平安時代に登場した“本蟇股”が存在するが、特に断りがないなら後者を指す。カエルが後ろ脚を伸ばしたような形状だったためこの名があるが、今日見られる蟇股は股下に彫刻(はらわた、と言うことがある)が施されたものが多い。

もともとは荷重を受け持つ構造材としての性質が強かったが、時代が下るにつれ装飾としての比重が高まっていった。蟇股の彫刻は、寺社の年代を判定する手掛かりになる。

日光東照宮の“眠り猫”が特に著名。

角柱 かくばしら/かくちゅう

f:id:hineriman:20190928150958j:plain

水平断面が四角形(正方形)の柱のこと。神社建築においては、丸柱(円柱)よりも格が低いとされた。そのため、向拝など俗人の礼拝する場所に使われる。

懸造 かけづくり/がけづくり

布引観音の遠景

柱と貫(ぬき)で構成された木組みの上に立てられた建造物。多くは山の斜面や崖に建てられる。懸崖造(けんがいづくり)とも。清水寺(京都市)が代表的。

全国的に分布してはいるが、なぜか長野県の北信・東信に多く点在している。

風穴 かざあな

千木に開けられている穴のこと。多くは長方形だが、例外もある。風を受け流すために設けられたのだとする説が一般的。

・参考:鰹木(かつおぎ)と千木(ちぎ)

笠木 かさぎ

鳥居における横方向の部材のうち、最上部に設けられるもの。塀や門にも笠木と呼ばれる部材はあるが、当ブログでは特に断りがない限りは鳥居の部材のことを指す。

円柱状のものや反りのついたものなど、様々な意匠がある。

春日造 かすがづくり

諏訪社

社殿の建築様式。妻入の切妻屋根で、正面側にだけ庇(向拝)が付く。流造と並んでメジャーな様式。

構造の都合から三間社にするのが難しいため、ほぼすべて一間社である。 

・参考:春日造 カテゴリーの記事一覧

鰹木 かつおぎ

神社の屋根の上に、大棟と直交させて設置する部材。神社によって本数が異なるが、その数にこれといった意味はない。

・参考:鰹木(かつおぎ)と千木(ちぎ)

茅葺/萱葺 かやぶき

ススキや藁などの植物で屋根を葺くこと。また、そのような手法で吹かれた屋根のこと。藁(わら)で葺かれたものは「藁葺」と呼んで区別することがある。

世界的に広く見られる手法。住宅建築によく使われたので格式が低いとされ、神社本殿では避けられる傾向があるが、伊勢神宮のように古来から伝統的に茅葺をもちいる例もある。

・参考:屋根の分類

唐破風 からはふ

f:id:hineriman:20190614122356j:plain

弓なりに曲がった形状の破風や破風板のこと。

屋根の一部として設けられたものを軒唐破風、屋根からつきだして庇としたものを向唐破風(むこうからはふ)という。

寺社・城郭・住宅を問わず庇(向拝)に使われる。「唐」とはあるが日本独自のもの。

・参考:破風の意匠

唐様 からよう

→禅宗様 ぜんしゅうよう

伽藍 がらん

寺院の建物のこと。また、建物が集まったものや、その空間のこと。

 

木階 きざはし

神社本殿の入り口に設けられる木製の階段のこと。

踏み板・蹴上げ板によるものではなく、角材を並べて段にしたものが神社本殿では正式。

切妻 きりづま

屋根の形式のひとつ。2つの面を山状に合わせた形状をしている。

屋根の形状としてはシンプルな部類に入り、最もポピュラーな形式。

神社の建築様式の多くは切妻がベースになっている。

 

組物 くみもの

f:id:hineriman:20190614121557j:plain

柱の上に設けられた、軒を支えるための部材やその集まりのこと。主に斗(ます)と肘木(ひじき)によって構成される。構造材であるが、外見の精緻さから装飾材としての側面も持つ。斗栱(ときょう)とも呼ばれる。

時代とともに複雑化・多様化しているため、寺社の年代を推測する手掛かりになる。寺社建築の大きな見所の1つ。

 

懸魚 げぎょ

f:id:hineriman:20191024192105j:plain

破風板に取り付けられる装飾。

取り付ける個所や形状によってさまざまな呼称がある。

・参考:破風の意匠

外陣 げじん

本殿・本堂の区画。吹き放ちの空間や、縁側、向拝などの総称。

神仏を祀る内陣や、壁に囲われた母屋(身舎)と区別するための呼称である。

桁 けた

柱間を繋ぐ水平方向の部材のうち、棟や軒と平行で、屋根などの荷重を柱に伝える部材のこと。基本的に建物の長手方向(長辺)になる。

間 けん

建物の柱間がいくつあるかを表す単位。「間口(桁行き)3間、奥行き(梁間)2間」とか、「一間社流造」とかいった表現をする。

長さの単位でもあるが、寺社建築で間(けん)と言った場合、特にことわりがないなら柱間の数のことを指す。

なお、1間≒1.8mとなったのは江戸時代である。

 

向拝 こうはい/ごはい

f:id:hineriman:20190614122422j:plain

仏堂や社殿の正面側に設けられる庇(ひさし)のこと。また、その下の空間を指す。

ふつうは正面側だけに設けるが、側面や背面に設けられることがまれにある。

・参考:向拝と母屋(身舎)

高欄 こうらん

縁(縁側、濡れ縁、廻り縁とも)に設けられる欄干(手すり)のこと。

虹梁 こうりょう

f:id:hineriman:20190614122446j:plain

正面の向拝や、側面の妻壁にわたされる梁のこと。後者は妻虹梁という。

弓状に反りがつくので虹梁というが、反っていないものがほとんど。渦巻き状の若葉が彫られることが多い。

こけら葺 こけらぶき

木材の薄板を重ねて屋根を葺くこと。また、そうした工法で葺かれた屋根のこと。

板葺(いたぶき)の一種で、板の厚さによって木賊葺(とくさ-)、とち葺(栩葺)と区別することもある。

なお、柿(こけら)と柿(かき)は酷似した別の字。当ブログではひらがなで「こけら葺」と表記する。

・参考:【寺社の基礎知識】屋根の分類 - 世をひねる

権現造 ごんげんづくり

f:id:hineriman:20190614121819j:plain

社殿の建築様式。拝殿と本殿が一体化され、両者の間を「石の間」と呼ばれる低い切妻の建物(幣殿)が貫いている。石の間は妻入の切妻なので、両下造(りょうさげづくり)と呼ばれることがある。

鎌倉時代に原型が生まれ、安土桃山時代から江戸時代初期に確立された様式。

日光東照宮や北野天満宮が著名で、神仏習合が色濃い神社で採用される傾向にある。ほか、後補の幣殿によって拝殿・本殿が連結された結果、権現造のような外観になる例もある。

・参考:権現造 カテゴリーの記事一覧

寺社索引

山梨県

長野県

その他の都道府県

寺社建築の楽しみかた

・用語集 ( / / / た・な / / ま・や・ら・わ)

寺社の基礎知識

その他コンテンツ

近現代の建築 ・博物館

自転車(輪行) ・駅そば ・参考書籍

新着記事