世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【寺社の基礎知識】寺社建築用語集 さ行

この記事では、当ブログに頻出する寺社建築用語について簡単に説明いたします。

 

行別

/ / / た・な / / ま・や・ら・わ

 

 

 

祭神 さいじん

神社に祭られている神のこと。神社によっては複数の神がまつられていることも珍しくない。

 

三間社 さんけんしゃ

母屋の横幅が4本の柱で構成されており、柱間が3つある社殿のこと。ここで言う“間”(けん)は長さの単位ではなく、柱間の数を指していることに留意されたい。

“三間社OO造”といったふうに社殿の規模と様式を表現する。

 

蔀 しとみ

はね上げるようにして開き、上から吊り金具で止められるようになっている建具のこと。格子状になっているものが多数だが、格子でなくても蔀と呼んで良い。

 

鴟尾 しび

寺院の屋根の両端に置かれる飾り。訓読みすると“とびのお”で、魚をかたどったものとされる。また、沓形(くつがた)とも呼ばれる。

瓦とともに日本に伝来し、火除けのまじないとして使われた。

f:id:hineriman:20190614121333j:plain

 

重要文化財 じゅうようぶんかざい

歴史的・文化的に価値が高いと見なされ、文化財保護法に基づいて文部科学省から指定を受けたもの。“重文”と略されることがある。

なお、旧国宝のうち新国宝(現在の国宝)に指定されなかったものは全て重要文化財に指定されているが、格下げされたわけではないことに留意されたい。

 

撞木造 しゅもくづくり

妻入の建物と平入の建物が一体化し、大棟がT字になっている建築様式のこと。撞木とは、鐘を叩くための槌(ハンマー)のこと。

善光寺(長野市)が代表的で、撞木造の寺院の多くは善光寺と何かしらの関係がある。

f:id:hineriman:20190614121249j:plain

 

神仏習合 しんぶつしゅうごう

日本土着の神道と、大陸から伝来した仏教が融合した状態のこと。神仏混淆とも言う。

明治時代に神仏分離礼が出されるまで、日本では神道と仏教が混在し、両者は線引きされていなかった。

現在では神仏習合の名残として、神宮寺という社名・地名があったり、寺院の境内に神社があったり、神社だが鐘つき堂や仁王門や仏塔が残っている例がある。

 

神明造 しんめいづくり

神社の建築様式のひとつで、最も原始的な様式とされる。平入の切妻で、柱は地面に突きさすようにして立てる掘立て柱である。籠神社(京都府宮津市)や熱田神宮(名古屋市)が著名。

直線的な形状の屋根、破風板と一体化した千木、壁の外に設けられた棟持柱が主な特徴。

江戸時代以前は、伊勢神宮の所領の神社のほかは造ることを許されなかった。よって、著名でない神明造は明治以降のものと断言して良い。

f:id:hineriman:20190614121312j:plain

参考:【大町市】仁科神明宮 ~国宝の神社建築を解説~ - 世をひねる

 

住吉造 すみよしづくり

神社の建築様式のひとつ。妻入の切妻で破風は直線的。間口2間、奥行き4間で内部は外陣と内陣に区切られている。

住吉大社本殿(大阪市)が著名で、その他の例は少ない。

 

諏訪神社・諏訪大社 すわじんじゃ・すわたいしゃ

主にタケミナカタを主祭神とする神社で、全国に約25,000社あるとされる。総本社の諏訪大社は信濃国一宮で、長野県の諏訪湖の周囲に4つの境内がある。

6年に1度(数えで7年に1度)行われる御柱祭(おんばしらさい)では境内の四囲に柱を立てる。

 

禅宗様 ぜんしゅうよう

鎌倉時代中期に禅宗とともに伝来した建築様式。唐様(からよう)とも。

東日本および甲信地方では安楽寺八角三重塔(上田市)清白寺仏殿(山梨市)が代表的。

hineriman.hatenablog.jp

 

外削ぎ そとそぎ

神社の屋根にある千木のうち、先端が垂直に削られたもののこと。また、そのような削り方のことを指して外削ぎと言う。男千木と呼ばれることもある。

参考:【寺社の基礎知識】鰹木(かつおぎ)と千木(ちぎ) - 世をひねる