甲信寺社宝鑑

甲信地方の寺院・神社建築を語る雑記。

【桜井市】長谷寺 その3(五重塔、奥の院、本坊など)

今回も奈良県桜井市の長谷寺について。

 

その1では仁王門、登廊、鐘楼について

その2では三百余社、三社権現、本堂について述べました。

当記事では五重塔、奥の院、本坊などについて述べます。

 

弘法大師御影堂

f:id:hineriman:20211027123233j:plain

本堂の裏手から先へ進むと、弘法大師御影堂(こうぼうだいし みえどう)があります。

宝形、向拝1間、銅板葺。

1984年建立。空海(弘法大師)の1150年忌を記念して造られたとのこと。

名前から推察するに、空海の肖像が本尊と思われます。

 

f:id:hineriman:20211027123249j:plain

向拝柱は角面取り。古式の作風を意識したのか、面取りが大きいです。

木鼻は大仏様のような意匠で、猪目(ハート形)のくぼみがついています。

組物は出三斗。

 

f:id:hineriman:20211027123303j:plain

虹梁は無地。

中備えは蟇股。菊が彫られています。

向拝内部は格天井になっています。

 

本長谷寺

f:id:hineriman:20211027123338j:plain

弘法大師御影堂の先には本長谷寺(もとはせでら)が東向きに鎮座しています。

寺伝によると、686年(朱鳥元年)、天武天皇の勅願によりここに堂が立てられたのが長谷寺の草創とのこと。

 

様式は、入母屋、向拝1間、本瓦葺。

 

f:id:hineriman:20211027123404j:plain

向拝柱は几帳面取り。

側面には象の木鼻。流麗な造形で、良い彫刻だと思います。造形からして、江戸後期あたりのものでしょうか。

組物は出三斗。大斗は皿付き。

 

f:id:hineriman:20211027123420j:plain

虹梁は波の意匠が彫られています。

中備えは板蟇股。卍の紋が彫られています。

 

f:id:hineriman:20211027123436j:plain

向拝柱と母屋は、まっすぐな梁でつながれています。

母屋の中央は桟唐戸。扉の上の扁額は「本長谷寺」。

母屋柱は角柱で、柱上は舟肘木。木鼻や中備えはありません。

 

f:id:hineriman:20211027123452j:plain

壁面は横板壁。側面中央の柱間は舞良戸。

縁側は切目縁が3面にまわされ、背面側は脇障子が立てられています。

 

f:id:hineriman:20211027123535j:plain

側面の妻。

大棟には鬼瓦。

破風板の拝みには鰭付きの蕪懸魚。

破風内部は暗くて見えにくいですが、妻虹梁と大瓶束があります。

 

一切経堂

f:id:hineriman:20211027123602j:plain

本長谷寺の裏の石垣の上には一切経堂(いっさいきょうどう)。上の写真の左側が正面です。

桁行3間・梁間3間、宝形、本瓦葺。

正方形の平面や土間床、各所の意匠など、禅宗様の意匠が多用されています。

 

1561年(永禄四年)再建。牧野備後守成貞の寄進。

室町後期の再建とのことなので国重文になってもおかしくない物件なのですが、とくに文化財指定はないようです。

 

f:id:hineriman:20211027123731j:plain

正面(東面)。

中央の柱間は桟唐戸。左右の柱間には火灯窓が設けられ、窓の下は板張りになっています。

火灯窓の上には波状の弓欄間。禅宗様の典型的な意匠です。

 

f:id:hineriman:20211027123842j:plain

柱は角柱。角面取りされています。

頭貫と台輪には禅宗様木鼻が設けられています。

組物は出三斗のような構造をしていますが、花肘木のような独特な意匠になっています。

 

f:id:hineriman:20211027123915j:plain

宝形の屋根の頂部には、火炎のついた宝珠。

屋根の隅の軒が大きく反りかえっているのが印象的。

 

五重塔と三重塔跡

f:id:hineriman:20211027124034j:plain

本長谷寺の南側には五重塔。

三間五重塔婆、檜皮葺。

1954年建立。戦後、初めて造られた五重塔とのこと。

 

f:id:hineriman:20211027124116j:plain

初重。縁側には擬宝珠付きの欄干が立てられています。

母屋は3間四方。中央の柱間は板戸、左右の柱間は連子窓。

 

f:id:hineriman:20211027124142j:plain

組物は和様の尾垂木三手先。

頭貫木鼻はなく、古式を意識した純和様の意匠で造られています。

 

f:id:hineriman:20211027124203j:plain

二重および三重。

各所の意匠は初重とおおむね同じですが、こちらは欄干が跳高欄になっています。

軒裏はいずれの重も平行の二軒繁垂木。

 

f:id:hineriman:20211027124228j:plain

頂部の宝輪。

九輪と水煙がついたもの。

 

f:id:hineriman:20211027124248j:plain

五重塔の南側には三重塔跡。

いつ造られたものかは不明ですが、1876年の落雷で焼失し、現在は礎石が残るだけの状態。

 

納骨堂

f:id:hineriman:20211027124318j:plain

五重塔から進んだ先には納骨堂。周辺は檀家の墓や無縁墓地になっており、さすがにこの辺りは観光客が寄り付かないようでひっそりとした雰囲気。

納骨堂は宝形、本瓦葺。

 

f:id:hineriman:20211027124337j:plain

柱は円柱、頭貫木鼻は大仏様の意匠。

組物は出組。中備えは古風で繊細な造形の蟇股。

 

奥の院 陀羅尼堂

f:id:hineriman:20211027124406j:plain

境内の南西のはずれの最奥部は、奥の院という区画になっています。五重塔から徒歩5分足らずの距離。

参道は苔むし周囲は竹林になっており、幽玄な雰囲気。さらに奥の院の裏手には無数の無縁墓が密集しています。人気がないのも当然といえば当然でしょう。

 

f:id:hineriman:20211027124430j:plain

こちらは奥の院の拝殿に相当する陀羅尼堂。扁額は「菩提院」。

 

f:id:hineriman:20211027124510j:plain

陀羅尼堂の後方には、塀に囲われた堂が鎮座しています。こちらは本殿に相当する興教大師祖師堂(こうぎょうだいし そしどう)。

興教大師こと覚鑁(かくばん)は平安時代の僧で、真言宗の中興の祖とされています。廟所はここではなく、根来寺(和歌山県岩出市)にあるようです。

 

興教大師祖師堂は桁行3間・梁間3間、宝形、本瓦葺。

造営年不明。文化財指定はないようです。

 

f:id:hineriman:20211027124555j:plain

母屋は正面側面ともに3間(方三間)。

正面中央の柱間は2つ折れの桟唐戸、左右の柱間は蔀。

扉の上の欄間には、吹寄せ格子がついています。扁額は「興教大師堂」。

 

f:id:hineriman:20211027124620j:plain

柱は円柱。上端がわずかにすぼまっています。

頭貫と台輪には禅宗様木鼻。

柱上の組物には花肘木が使われています。

中備えは板蟇股で、三つ柏の紋が立体的に彫られています。

 

f:id:hineriman:20211027124638j:plain

軒裏は扇の二軒繁垂木。禅宗様の意匠です。

 

f:id:hineriman:20211027124656j:plain

頂部の露盤にも三つ柏の紋。

露盤の上には火炎付きの宝珠。

 

f:id:hineriman:20211027124716j:plain

背面。

中央は舞良戸、左右の柱間は横板壁。

縁側は4面にまわされ、欄干は擬宝珠付き。

 

なお、この堂の後方には羽柴秀長(豊臣秀吉の弟)の供養塔があったようですが、見落としてしまいました。

 

本坊

f:id:hineriman:20211027124751j:plain

f:id:hineriman:20211027124800j:plain

境内の南端には本坊が北向きに鎮座しています。道場として使われている建物のようです。

1924年再建「長谷寺本坊 8棟」として国重文に指定されています。

奈良県文化財技師による設計で、棟梁は京都の稲垣有寿と当地の荒巻喜平。

 

入口の門(中雀門)は一間一戸、薬医門、切妻、本瓦葺。

 

f:id:hineriman:20211027124846j:plain

腕木で桁を持ち出して軒裏を受ける、標準的な構造の薬医門になっています。

妻飾りは板蟇股。

軒裏は二軒まばら垂木。

 

f:id:hineriman:20211027124903j:plain

通路上の梁の上にも板蟇股。

内部に天井はなく、化粧屋根裏。

 

f:id:hineriman:20211027124917j:plain

こちらが本坊の中枢の建物。内部拝観はできません。

中央は唐破風の大玄関、左右は大講堂及び書院。ほぼ左右対称の端正なファサード。

 

f:id:hineriman:20211027125015j:plain

大玄関の妻壁。

虹梁中備えは2つの蟇股、唐破風の小壁には笈形付き大瓶束。いずれも精巧かつ繊細な造形。案内板によるとここの造形は“京都府技師・亀岡末吉の独創的な意匠「亀岡式」を思わせ”るとのこと。

 

f:id:hineriman:20211027125106j:plain

玄関向かって左側は大講堂。

 

f:id:hineriman:20211027125119j:plain

向かって右側は事務所。

務所ではなく務所のようです。

 

f:id:hineriman:20211027125203j:plain

f:id:hineriman:20211027125212j:plain

大講堂の周囲には檜皮葺の塀が巡らされています。

塀の唐門部分にも蟇股や笈形付き大瓶束があり、こちらも良い造形だと思います。

 

f:id:hineriman:20211027125230j:plain

最後に本坊から望んだ長谷寺本堂。

 

以上、長谷寺でした。

(訪問日2021/10/14)

甲信地方の寺社

山梨県(甲斐国)

・山梨県の記事一覧(国中/郡内)

索引(市町村別)

国宝の一覧

国宝と重要文化財の寺社の一覧

長野県(信濃国)

・長野県の記事一覧(北信/東信/中信/南信)

索引(市町村別)

国宝の一覧

・国宝と重要文化財の寺社の一覧(北信・東信/中信・南信)

県別記事一覧

山形県 ・福島県
群馬県 神奈川県
新潟県 富山県
石川県 福井県
山梨県 長野県
岐阜県 静岡県
愛知県 三重県
滋賀県 ・京都府
・大阪府 奈良県

用語集

・用語集 ( / / / た・な / / ま・や・ら・わ)

寺社の基礎知識

その他コンテンツ

近現代の建築 ・博物館

自転車(輪行) ・駅そば ・参考書籍

最新記事