甲信寺社宝鑑

甲信地方の寺院・神社建築を語る雑記。

【岡崎市】天恩寺

今回は愛知県岡崎市の天恩寺(てんおんじ)について。

 

天恩寺は市南部の山際に鎮座している臨済宗の寺院です。山号は廣澤山。

創建は寺伝によると室町初期で、足利尊氏と足利義満によって開かれたとのこと。戦国期には長篠の戦いへ赴く徳川家康が当寺に泊まったようで、のちに家康からの寄進を受けています。

境内は石垣が何重にも積まれた城郭のような造りをしており、室町期の仏殿と山門が国重文に指定されています。

 

現地情報

所在地 〒444-3616愛知県岡崎市片寄町山下33(地図)
アクセス 本宿駅から徒歩1.5時間
岡崎東ICから車で10分
駐車場 50台(無料)
営業時間 随時
入場料 無料
寺務所 あり(要予約)
公式サイト なし
所要時間 20分程度

 

境内

総門

天恩寺総門

天恩寺の境内は南向き。

総門の向こうに写っているのは「家康公見返りの大杉」。当地で刺客に襲撃された徳川家康が、地蔵菩薩の霊験によって難を逃れたという伝説が残っています。

 

門については呼称がわかる案内板などがないですが、Google Mapによると「総門」とのこと。

総門は桟瓦葺の切妻。一間一戸の薬医門に近い造り。

 

天恩寺総門

柱はいずれも角柱。

柱上に置かれた大斗(だいと)の上から実肘木(さねひじき)と腕木を伸ばし、その先の桁で軒裏を受けています。軒裏は二軒(ふたのき)のまばら垂木。

 

総門側面

後方から側面を見た図。

後方の柱(写真右)には繰型の彫られた木鼻がつけられています。

前後の柱は無地の梁でつながれ、その中央では角柱の束が棟を受けています。梁にも束にも目立った意匠はなく、ややさみしい感がなきにしもあらず。

 

天恩寺総門

総門の後方には、多数の石仏が並べられた小屋がありました。

 

仏殿

天恩寺仏殿

参道をまっすぐ進むと、3段にもなる石垣の上に仏殿が鎮座しています。

案内板(額田町文化財保護委員会)によるとこの石垣は江戸初期のもので、“整層樵石積み”(せいそう こりいしづみ)なる技法が使われているとのこと。寺社の石積みでこれほど高くてきれいなものは、とてもめずらしいと思います。

 

天恩寺仏殿

仏殿は檜皮葺の入母屋(平入)。正面3間・側面3間の方三間。典型的な禅宗様建築です。

造営年については詳細不明ですが、建築様式から室町初期の造営と考えられています。国指定重要文化財(国重文)

内部は来迎柱が立てられ、天井は鏡天井。土間に須弥壇と八角形の厨子が置かれていました。厨子は扉が開かれていたのですが、内部の仏像まではのぞき込めず。

 

仏殿正面

正面。

柱間は3つあり、中央は両開きの桟唐戸(さんからど)、左右は火灯窓が設けられています。

正面の向拝や縁側がなく、すべて土間になっているのも禅宗様建築の特徴。

 

仏殿軒下

柱は上端がすぼまった粽(ちまき)の円柱。軸部は貫を多用して固定されています。

柱と頭貫の上には台輪がわたされ、その上には一手先の組物(出組)がびっしりと並べられています。本来の組物は柱の軸上に置くものですが、禅宗様建築なので柱間にも組物が配置されています(詰組)。

 

仏殿木鼻

頭貫には、繰型の彫られた木鼻がつけられています。その上の台輪にも木鼻がつけられており、禅宗様の木鼻となっています。

軒裏は二軒の扇繁垂木となっています。放射状に伸びた扇垂木は禅宗様の典型的な意匠です。

 

仏殿後方

後方には孫庇のような構造がついていました。用途は不明。

 

仏殿破風

破風板からは蕪懸魚が3つ下がっています。

入母屋破風の内部には、妻虹梁と大瓶束(たいへいづか)が見えます。

 

天恩寺仏殿

室町期らしい優美で尖った軒と、檜皮で葺かれた屋根が野山や灌木の緑に映えます。きれいに積まれた石垣の上にあるという点も独特で、この日に訪問した寺社仏閣の中でもとくに印象的に感じました。

 

山門

天恩寺山門

仏殿の右手には山門があります。

山門はこけら葺の切妻。一間一戸の薬医門。

造営年代は室町後期と考えられています。こちらも国重文。

 

山門内部

内部。左が正面側、右が正面側です。

柱はいずれも円柱で、前後の柱に梁(男梁)がわたされています。梁の上では大瓶束が棟を受けています。

柱上では笈形(おいがた)が軒裏を受けており、笈形は雲状の意匠が立体的に彫られていて、室町期にしては非常に良い造形。良い意味で、とても室町期のものとは思えません。

天井はなく、軒裏は化粧屋根裏。

 

手水舎と本堂

天恩寺手水舎

順番が前後してしまいましたが、山門のはす向かいには手水舎。桟瓦葺の切妻。

几帳面取りの角柱が貫と虹梁でつながれ、虹梁には大きな木鼻。中備えは平三斗(ひらみつど)。

内部は格天井、軒裏はまばら垂木。

 

天恩寺本堂

山門の奥には本堂が鎮座しています。桟瓦葺の入母屋(平入)。

本尊は地蔵菩薩。

 

以上、天恩寺でした。

(訪問日2020/09/12)

寺社索引

山梨県

長野県

その他の都道府県

寺社建築の楽しみかた

・用語集 ( / / / た・な / / ま・や・ら・わ)

寺社の基礎知識

その他コンテンツ

近現代の建築 ・博物館

自転車(輪行) ・駅そば ・参考書籍

新着記事