甲信寺社宝鑑

甲信地方の寺院・神社建築を語る雑記。

【大鹿村】福徳寺

今回は長野県大鹿村の福徳寺(ふくとくじ)について。

 

福徳寺は山間の集落に鎮座している天台宗の寺院です。山号は医王山。

創建は平安後期とされ、南北朝時代は天台宗の修験道場だったようです。伽藍については本堂だけが残っている状態ですが、本堂は室町前期の非常に古いもので、国重文に指定されています。

 

現地情報

所在地 〒399-3502長野県下伊那郡大鹿村大河原1888(地図)
アクセス 松川ICから車で40分
駐車場 5台(無料)
営業時間 随時
入場料 無料
寺務所 なし
公式サイト なし
所要時間 10分程度

 

境内

本堂

f:id:hineriman:20201027123810j:plain

福徳寺の全景。ご覧のように、集落の農地の一角に本堂だけがぽつんと鎮座しています。

 

本堂は桁行3間・梁間3間の方三間、入母屋(平入)、こけら葺。向拝はありません。

造営年は室町初期(大鹿村教育委員会の案内板より)。国指定重要文化財(国重文)。

仏像の台座に平治二年(1160)と書かれていたことから、この本堂は「長野県最古の木造建築」とされていましたが、1953年の解体修理と調査で室町初期のものと推定されたようです。県内の寺社建築(木造建築)の中では、5本の指に入るくらいの古さです。

 

本尊は阿弥陀如来。内部には薬師如来、毘沙門天、観音菩薩も安置されているとのこと。

これらの仏像と本堂は、天保十年(1839)に老中・水野忠邦が領国の浜松藩へ移設しようとしたものの、当村の住人らの反対を受けて断念となったようです。

 

f:id:hineriman:20201027123907j:plain

f:id:hineriman:20201027123952j:plain

正面の軒下。扁額は「醫王山福徳寺」。

柱はいずれも円柱。柱間には蔀(しとみ)が立てつけられています。

軸部は貫と長押で固定されています。木鼻は使われていません。

柱上に組物はありません。軒桁は、舟肘木を介して受けるか、あるいは柱に直接乗せられています。

 

f:id:hineriman:20201027123917j:plain

軒裏は一重のまばら垂木。

全体的に装飾が少ないうえ、軒裏もまばらなので非常に質素であっさりした印象。

 

f:id:hineriman:20201029100109j:plain

左側面。

正面側(写真右)に格子の戸がついているほかは、いずれも壁板が横方向に張られています。

 

f:id:hineriman:20201029100128j:plain

背面。中央の柱間には引き戸が設けられています。

ほか、側面と大きな差異はありません。

 

f:id:hineriman:20201029100218j:plain

縁側は切目縁が4面にまわされています。欄干はなし。床下は角柱の縁束でささえられており、縁束は面取りの角(C面)が大きく取られています。

 

f:id:hineriman:20201029100237j:plain

f:id:hineriman:20201029100247j:plain

屋根と破風。

破風板の拝みからは蕪懸魚が下がっています。入母屋破風には木連格子が張られています。装飾と言えるような部材があるのはここくらいでしょうか。

 

軒下が地味なら軒反りや屋根の曲面構成も地味で、案内板いわく“簡素ではありますが優美な姿からは中央の建築様式の風格が漂います”とのこと。

ですが、私の目には特筆するほど優美には見えません... とはいえ、福徳寺はこれまで見に来たいと思っていながら諸事情でなかなか機会を作れずにいたので、念願が叶って満足。

 

以上、福徳寺でした。

(訪問日2020/10/04)

寺社索引

山梨県

長野県

その他の都道府県

寺社建築の楽しみかた

・用語集 ( / / / た・な / / ま・や・ら・わ)

寺社の基礎知識

その他コンテンツ

近現代の建築 ・博物館

自転車(輪行) ・駅そば ・参考書籍

新着記事