世をひねる

甲信地方の寺院・神社建築を語る雑記。

【身延町】久遠寺 ~前編(門と参道)~

今回は山梨県身延町の久遠寺(くおんじ-)について。

 

久遠寺は国道52号沿線の身延山のふもとに鎮座しています。山号は「身延山」。

日蓮宗の総本山である大寺院で、非常に広い境内では雄大かつ豪華な伽藍が広がっており、総本山の名にふさわしい内容となっています。伽藍についてはほとんどが明治期のものですが、それを差し引いても見ごたえ抜群で、寺社建築についての知識がなくても充分に楽しめます。

 

現地情報

所在地 〒409-2524山梨県南巨摩郡身延町身延3567(地図)
アクセス

身延駅から徒歩1時間

下部温泉早川ICから車で15分

駐車場 身延山ロープウェイ駐車場:130台(1時間300円)
営業時間 随時
入場料 無料、宝物館は300円(受付は09:00-15:30)
社務所 あり(05:30-17:00)
公式サイト 身延山久遠寺オフィシャルサイト
所要時間 2時間程度

 

境内

総門

久遠寺総門

国道52号線をおりて身延山へ入ると、最初に現れるのがこちらの総門。駐車場などはここからだいぶ先にあります。

総門は桟瓦葺の切妻で薬医門というタイプのもの。正面1間・側面1間、柱は角柱。

1665年(寛文5年)の造営で、久遠寺の伽藍の中でも特に古いもの。久遠寺は1875年の大火で伽藍の大部分が焼けてしまったようですが、この総門は主要な伽藍から距離を置いた場所にあるので無事だったのでしょう。

扁額の字は「開会関」。案内板の解説がなかったらとても判読できません... 仏の世界の入口、といった意味らしいです。

 

なお、常に車が出入りする場所のため、鑑賞や撮影の際は車に要注意。

 

久遠寺総門の屋根裏

軒裏は化粧屋根裏。柱はC面取りの角柱。

柱についている紋は「丸に三の字」で、これは三河国(愛知県東部)の刈谷藩主・三浦氏によって造られたことに因むようです。

梁が極太なので、木鼻も巨大な拳鼻となっています。木鼻の上には台輪木鼻のような板が乗っていますが、これが何なのかは謎。

 

三門

久遠寺三門

総門を通って商店街を抜けた先には三門が建っています。扁額は山号「身延山」。

三門は銅瓦葺の入母屋、正面5間・側面2間、柱は円柱。五間三戸の楼門です。

現在の山門は1907年(明治40年)の再建

 

案内板(おそらく久遠寺の設置)には“関東三大門のひとつに数えられています”との記述がありました。しかし、あとの2つは一体どこなのか? 誰によって三大に数えられたのか? 山梨県を関東に含めていいのか? などなどツッコミ所が多数あるのでこの記述は真に受けないほうが良さそうです。

ちなみに、この山門と同規模の楼門は私の知る範囲だと山梨県内だけでも2つあり、1つは妙法寺(富士川町)の三門、もう1つは善光寺(甲府市)の山門です。

 

久遠寺三門の軒裏

軒裏は二軒(ふたのき)の繁垂木。2階の垂木は放射状に伸びている(扇垂木)のに対し、1階の垂木は平行です。

垂木を受ける桁は三手先の出組で持出しされており、柱間にもびっしりと組物が配置されています。

 

久遠寺三門の内部

内部には太い梁がわたされており、梁間には組物や束などが配置されていて賑やか。

あまり目立たないですが、梁に彫られた模様は明治期らしい繊細な作風です。

 

久遠寺三門の側面

側面の壁にも組物や虹梁があります。

壁板は縦方向に張られています。

 

参道

久遠寺の参道

三門をくぐった先には、本堂へと続く石段があります。本堂まで287段、高低差140メートル

この石段は「菩提梯」という大層な名前がついていて、南無妙法蓮華経の7字になぞらえて7区画に分けられています。この石段を登って本堂へいたる道程を、悟りを開くまでの過程にたとえたらしいです。

 

なんとも有難い石段ですが、じつはこの先にも駐車場があり、そちらを利用すると石段をスルーして本堂へ行くという横着もできます

石段を登るのも一興なのですが、スルーするルートもまた面白いものがあるので今回は石段を登っていません。決して石段が面倒だったわけではないので、誤解なきように...

 

久遠寺の斜行エレベータ

身延山ロープウェイの駐車場まで行くと、このようなものがあります。これは斜行エレベーター。エレベーターとは言うものの、無人のケーブルカーといった感じ。

駐車場から本堂を片道3分くらいで結び、昼間は随時運航しています。利用料金は無料。なんとも太っ腹です。

 

なお、身延山ロープウェイの駐車場から久遠寺本堂へは徒歩で直接行かれないため、石段をスルーすると必然的にこの斜行エレベーターを使うことになります。

自分の足で登らないで御利益なんてあるの? という疑問が聞こえなくもないですが、本堂へ行くにはこれを使うしかないのだからたぶん無問題です。

 

総門、山門、参道については以上。

久遠寺の主要な伽藍については後編で述べます。

後編:【身延町】久遠寺 ~後編(本堂などの伽藍)~

寺社索引

山梨県

長野県

その他の都道府県

用語集

・用語集 ( / / / た・な / / ま・や・ら・わ)

寺社の基礎知識

その他コンテンツ

近現代の建築 ・博物館

自転車(輪行) ・駅そば ・参考書籍

新着記事