世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【笛吹市】佐久神社 ~幕末期の華美な大型本殿~

今回は山梨県のマイナー観光地ということで、笛吹市の佐久神社(さく-)について。

 

佐久神社は笛吹市と甲府市の境界に近い住宅街に鎮座しています。

境内は公園の敷地の隅の一角で、さほど広くはないものの神楽殿もあり、とくに本殿は豪華なものになっていて、幕末期の精緻な彫刻が各所に配置されています。

 

 

現地情報

所在地 〒406-0043山梨県笛吹市石和町河内(地図)
アクセス

酒折駅または石和温泉駅から徒歩50分

笛吹八代スマートICから車で5分

駐車場 10台(無料)
営業時間 随時
入場料 無料
社務所 なし
公式サイト なし
所要時間 10分程度

 

境内

拝殿と神楽殿

f:id:hineriman:20191126121305j:plain

佐久神社の境内は南向きで、入口には石製の鳥居が立てられています。扁額の字は「佐久神社」

冒頭に書いたように境内の大部分が公園になっており、訪問時は地元の方々がゲートボールに興じられていました。

 

f:id:hineriman:20191126121333j:plain

参道を進むと、瓦葺の入母屋の拝殿があります。

左手には神楽殿、右手には水の出ていない手水舎。

 

f:id:hineriman:20191126121349j:plain

神楽殿は銅板葺の入母屋(妻入)。四方すべてに壁がなく、吹き放ち。

山梨県の神社にある神楽殿は、こういった壁のないものが多いです。

 

本殿

f:id:hineriman:20191126121404j:plain

拝殿の裏手には本殿があります。上の写真は正面の唐破風の部分。

本殿は銅板葺の三間社流造(さんけんしゃ ながれづくり)で、正面向拝に軒唐破風(のき からはふ)付き。正面3間・側面2間、向拝1間という規模になっていて、神社本殿としては大規模な部類に入ります。

棟梁については不明ですがこの本殿は1862年(文久2年)の造営で、かなり新しいものです。(山梨県教育委員会・笛吹市教育委員会の案内板より)

 

往古の甲府盆地は湖だったという伝説(湖水伝説)がありますが「岩裂(いわさく)・根裂(ねさく)という2柱の神が山を裂いて湖水を流出させ、現在の甲府盆地がうまれた」とのことで、その2神を祀ったのが佐久神社の由来だそうです。

ちなみに、甲府市の穴切大神社にも似たような伝説があります。

佐久というと長野県の佐久地域を連想してしまいますが、“さく”という音はどうやら岩裂・根裂から来ているようです。

 

f:id:hineriman:20191126121454j:plain

向拝の軒下を右前方から見た図。

写真中央左に写っている角柱には、網に覆われた唐獅子と麒麟の彫刻。その左上のほうにも網に覆われた彫刻が見えますが、左端に見切れている屋根が邪魔で、題材を特定できず。

向拝の角柱は、湾曲した海老虹梁(えびこうりょう)で写真右の母屋とつながっています。

 

f:id:hineriman:20191126121509j:plain

母屋の右側面。

母屋の側面は2間ですが、正面側の1間は壁がありません。このように正面側の1間を吹き放ちにする例は、甲府盆地の神社でときどき見かけます。

母屋の柱はいずれも円柱で、柱の上にはやはり網で覆われた唐獅子の木鼻がついています。唐獅子のあいだには草木と鳥が彫られた彫刻が配置されています。

写真右端に見切れている脇障子(わきしょうじ)は人物像と思しき彫刻が施されていました。なお、脇障子は斜め向きに取り付けられています。

 

f:id:hineriman:20191126121530j:plain

右側面の妻壁。

唐獅子の木鼻の上では、三手先(みてさき)の組物で虹梁(こうりょう)が持出しされています。虹梁に金具が打たれて鎖が付いている理由は不明です。

その虹梁の上にはさらに組物と虹梁があります。妻壁のてっぺんには波の意匠の笈形(おいがた)が添えられた大瓶束(たいへいづか)が棟を受けています。

 

f:id:hineriman:20191126121547j:plain

右側面の床下。

縁側は壁面と直交に板を張った切目縁(きれめえん)。床下は、四手先の組物で支えられています。

特に写真の左右の組物は、上に向けて規則的に広がるような構成をしていて、幾何学的な美しさがあります。

 

f:id:hineriman:20191126121606j:plain

本殿を右後方から見た図。

母屋の背面は4本の柱で構成されており、三間社なので間口は3つ。後方にもしっかりと唐獅子の木鼻がつけられています。また、縁側も背面までまわされています。

つっかえ棒みたいな丸太が何なのかは不明です。

 

f:id:hineriman:20191126121627j:plain

左側面を前方から見た図。

こちら側も、なぜか虹梁に鎖が付けられています。

 

f:id:hineriman:20191126121639j:plain

母屋の内部には扉が3枚。岩裂と根裂のほか、タヂカラオ(手力男)も合祀されていて、3柱なので扉も3つあるのでしょう。

扁額の字は、退色していて判読不能でしたが、文字のシルエットからして「佐久大神社」と書かれているように見えます。

 

社殿の解説は以上。

社殿はそこまで古いものではないですが、幕末らしい豪華で大規模な本殿は、寺社建築にあまり詳しくない人でも充分に楽しめる魅力があります。

流派不明であるものの、宮彫りが好きな人ならば一見の価値ありです。

 

以上、佐久神社でした。

(訪問日2019/11/09)