世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【岡谷市】金山神社(山手町) ~御牧の跡地に立つ拝殿のない神社~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、岡谷市の金山神社(かなやま-)について。市内に同名の神社が多数あるので、所在地の山手町を付しておきます。

 

金山神社(山手町)は岡谷市の市街地の北側の斜面に鎮座しています。社殿はあまり大きくないものの、精緻な彫刻の施された本殿を、手が届くほどの距離で鑑賞できます。

 

 

現地情報

・所在地:

 〒394-0041

 長野県岡谷市山手町1丁目3-7

・アクセス:

 岡谷駅から徒歩10分程度

 岡谷ICから県道16号線にて車で15分程度

・駐車場:なし

・営業時間:随時

・入場料:無料

・社務所:なし

・滞在時間:10分程度

 

境内

境内入口

f:id:hineriman:20190716121135j:plain

幹線道路から脇道に折れ、急な坂を上った先に、金山神社はあります。

境内は生活道路で分断されており、下半分の区画はご覧のように公園になっています。

 

f:id:hineriman:20190716121152j:plain

境内の上半分の区画。二の鳥居があります。

先ほどの鳥居(一の鳥居)は石製でしたが、こちらは木製。やや褪色の進んだ丹塗(にぬり)。

別に珍しいことでもないですが、二の鳥居が赤いと、“二の鳥居”と“丹の鳥居”を掛けた駄洒落なのではと疑ってしまいます...

 

鳥居の近くには岡谷市教育委員会設置の案内板がありましたが、これは「岡屋牧(おかのやまき)」という官営の牧場についての解説でした。岡屋牧は延喜式にも名前が載っている由緒正しい官牧、つまり朝廷へ献上する馬の産地だったとのこと。全国に38ある官牧のうち16が信濃国(長野県に相当)にあり、その1つがこの地にあったらしいです。

 

本殿

f:id:hineriman:20190716121213j:plain

生活道路から境内の上半分の区画に入ると、覆いのついた本殿があります。拝殿はありません

金山神社なので諏訪の系統ではなさそうですが、この地域のご多分に漏れずタケミナカタが合祀されているようで、四囲には御柱が立てられています。

 

f:id:hineriman:20190716121224j:plain

覆いはありますが中に入れるので、本殿を間近で鑑賞することができます

本殿は銅板葺の一間社流造(いっけんしゃ ながれづくり)。正面軒唐破風(のき からはふ)付き。母屋は円柱、向拝は角柱。縁側は四手先の組物で支えられており、正面の階段の下には浜床あり。

 

f:id:hineriman:20190716121238j:plain

向拝の軒下。蟇股(かえるまた)には龍、木鼻には獅子と象の彫刻。

蟇股の両脇にある組物(斗栱)は、左右に2つ並んだ斗(ます)が唐破風部分を支える構造になっています。

 

f:id:hineriman:20190716121259j:plain

虹梁、欄間、脇障子にも彫刻が施されています。

梁は三手先の組物で持出しされています。

この本殿の造営年代については案内板もないので詳しくは分りませんが、彫刻で埋め尽くされた神社本殿は江戸期以降のものと断言していいです。

彫刻や梁を見るに、神社としてかなりナウい(死語)造りをしている印象を受けました。

 

f:id:hineriman:20190716121326j:plain

縁側と浜床の板は、壁と直交に張った切目縁(きれめえん)。建物の土台は石製。

 

f:id:hineriman:20190716121340j:plain

背面。床下にも彫刻がはめ込まれています。題材が何なのか、私には判りません...

 

境内社

f:id:hineriman:20190716121356j:plain

境内には小規模な社殿がいくつかあります。写真は境内社のなかでいちばん大きい小部澤社。千木と鰹木がついていますが、柱は角柱。四囲には御柱。

他にも祠のような境内社がありましたが、きりがないので割愛。やはり諏訪地域のご多分に漏れず、祠であろうと四囲にはしっかりと御柱が立てられていました。

 

以上が金山神社(山手町)の境内になります。

村の鎮守といった感じの神社で、本殿の規模もそれ相応のものですが、間近で鑑賞できるのが嬉しいです。普通の神社だったら本殿は板塀越しに眺めるしかないですからね。

 

以上、金山神社(山手町)でした。

(訪問日2019/07/06)

 

近辺の観光地