世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【辰野町】荒神社と祖霊社 ~流造と神明造のハイブリッド?~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、辰野町の荒神社(こう-)と祖霊社(それいしゃ)について。

 

辰野町の市街地から少し南に行った荒神山(こうじんさん)という場所は、山が丸ごと公園になったかのような非常に広い公園があります。荒神社と祖霊社は、その一角のやや目立たない場所に鎮座しています。

 

 

現地情報

・所在地:

 〒399-0425

 長野県上伊那郡辰野町樋口2404

・アクセス:

 伊那新町駅から徒歩25分程度

 伊北ICから車で10分程度

・駐車場:なし

・営業時間:随時

・入場料:無料

・社務所:不明

・滞在時間:15分程度

 

境内

境内入口

f:id:hineriman:20190712120821j:plain

こちらが荒神社と祖霊社の入口。

荒神山公園は体育館や野球場や池、それから博物館まであって朝でも人気があるのですが、そこから少し離れたこの場所はほとんど通る車もなく、ひっそりした雰囲気

 

f:id:hineriman:20190712120843j:plain

手水舎。

目立たない場所にある神社ですが、手水はしっかりと水が出ており、しめ縄や真榊まで備えつけられていて、よく手入れされている様子です。

 

祖霊社

f:id:hineriman:20190712120918j:plain

手水舎から参道を進もうとすると、すぐ近くに脇道があります。塀の向こうには鳥居と社殿があり、鳥居の額には「祖霊社」とありました。

おそらくこの祖霊社は荒神社に付属する境内社といった位置付けです。こういった境内社は、いつもなら軽くスルーするのですが、面白い造りをしていたので解説しようと思います。

f:id:hineriman:20190712120955j:plain

祖霊社の本殿。銅板葺の一間社流造(いっけんしゃ ながれづくり)。

前方が長く伸びて「へ」の字のシルエットを描く屋根は、紛れもなく流造。しかし、本来の流造には無いはずの棟持柱(むなもちばしら)が立っています。棟持柱というのは建物の外から棟木を支える柱のことで、普通は神明造(しんめいづくり)の本殿でしか見られないものです。神明造でしか使われないはずの棟持柱がなぜ流造で使われているのかは、案内板も何もないので謎です。

流造は神社建築で最もメジャーな様式ですが、まさかこの社殿に限って「棟持柱がないと屋根を支えきれない」なんてことは有り得ないので、この柱は歴史的・信仰的な理由で設けられているのでしょう。少なくとも、強度確保のために設けられたわけでないのは明らかです。

 

f:id:hineriman:20190712121049j:plain

f:id:hineriman:20190712121104j:plain

側面。

母屋は円柱、向拝は角柱。正面の階段の下には浜床。写真からは分かりにくいですが、縁側の板は壁と直行に張られた“切目縁”。いずれも標準的な流造本殿の特徴なのですが、それだけに棟持柱の異質さが際立ちます。

 

f:id:hineriman:20190712121143j:plain

背面。

背面にも縁側があるのですが、何故かここだけ床下に柱がなく、持出し梁のようになっています。

 

荒神社 

f:id:hineriman:20190712121206j:plain

メインの参道に戻ると、笠木に屋根がついた両部鳥居があります。

なお、左に見切れている赤い鳥居は稲荷社で、数10メートル先に小さな祠がありましたがこちらはスルーいたします。

 

f:id:hineriman:20190712121241j:plain

50メートルくらいの参道と30段くらいの短い階段を登ると拝殿があります。左右に控える狛犬は、背中にびっしりとコケが生えていました。

拝殿は銅板葺の入母屋。正面向拝(こうはい)に軒唐破風(のき からはふ)。拝殿としては至って標準的な造りです。

 

f:id:hineriman:20190712121256j:plain

拝殿の向拝の唐破風部分。彫刻の巧拙は私にはよく解らないですが、小さいながらも力強い造形だと思います。

拝所の柱にはやはりしめ縄と真榊がついており、こちらもよく手入れされている印象を受けました。

 

f:id:hineriman:20190712123554j:plain

拝殿の左手には社務所っぽい建物。ご覧のように雨戸が閉められており、普段は無人のようです。

 

f:id:hineriman:20190712121350j:plain

拝殿の裏に回り込むと本殿があります。

本殿は銅板葺、正面に軒唐破風のついた流造(ながれづくり)です。しかし、一間社か三間社かが判りません。母屋の桁行(間口)を確認するためにも背面の写真を撮りたかったのですが、瑞垣とブロック塀、そして山の急斜面に阻まれ、断念せざるを得ませんでした。

とりあえずこのアングルの写真からは、母屋の梁間(奥行き)が1間であることは分かります。しかし奥行き1間だと、桁行1間(一間社)と桁行3間(三間社)のどちらもありえます。つまるところ、この本殿が一間社なのか三間社なのか、私には分かりません...

 

社殿についての解説は以上です。

ちょっと消化不良の感を残しつつも拝殿の前へ戻ってくると、散歩中と思しき犬を連れたお爺さんから訝しそうな様子で挨拶をかけられ、ちょっとびっくりしました。まあ、神社の裏手から見慣れない余所者が出てきたら、怪訝に感じるのも当然ですね... ひっそりとした目立たない場所と書きましたが、境内は荒神山公園の一部として地元の人の散歩コースになっているようです。

 

以上、荒神社と祖霊社でした。

(訪問日2019/07/06)