甲信寺社宝鑑

甲信地方の寺院・神社建築を語る雑記。

【甲州市】山王権現神社

今回は山梨県甲州市の山王権現神社(さんのうごんげん-)について。

 

現地情報

所在地 〒404-0032山梨県甲州市塩山下粟生野1487(地図)
アクセス 塩山駅から徒歩30分
一宮御坂ICから車で25分
駐車場 なし
営業時間 随時
入場料 無料
社務所 あり(要予約)
公式サイト なし
所要時間 10分程度

 

境内

境内入口

f:id:hineriman:20190718120658j:plain

境内の入口の様子。写真右奥に社叢が見えます。

 

f:id:hineriman:20190718120712j:plain

境内と社叢。標準的な村の鎮守といった規模です。

 

f:id:hineriman:20190718120727j:plain

f:id:hineriman:20190718120740j:plain

拝殿と手水。

拝殿は鉄板葺の入母屋(平入)。扁額には「山王神社」とありました。

 

本殿

f:id:hineriman:20190718120804j:plain

拝殿の側面から裏手へ回り込むと、本殿が2棟あります。

写真右に見切れている小さい本殿は、銅板葺の一間社流造(いっけんしゃ ながれづくり)。

 

そして写真中央の大きいほうの本殿をよく見てみると正面に扉が2つあります。

f:id:hineriman:20190718120848j:plain

別アングル。

扉の間には柱があり、扉の上の蟇股(かえるまた)も2つあります。正面の間口(柱間)が2つあるので、この本殿は檜皮葺の二間社流造(にけんしゃ ながれづくり)。

祭神は大国主とスサノオで、2柱の神を祀るため扉が2つあるのでしょう。こういった造りの社殿を相殿造(あいどのづくり)と呼ぶこともあります。

 

f:id:hineriman:20190718121441j:plain

背面。母屋背面は3本の丸柱(円柱)で構成されており、柱間が2つであることがこちらからも確認できます。

母屋の柱を観察すると、「床上は円柱だが、床下は八角柱」という手抜きがなされており、これは室町以降の神社本殿で見られます。境内入口にあった塩山市(現 甲州市)教育委員会設置の案内板によると、この本殿は“室町末期、降っても桃山初頭のものと推定される”とのこと。

 

f:id:hineriman:20190718122249j:plain

側面。奥行きは柱間1間。よって、この本殿の平面構造は「正面(桁行)2間、奥行き(梁間)1間となります。

梁の中間(写真赤枠)に設置されたタイプの組物を詰組(つめぐみ)と言い、本来なら禅宗様建築、つまり寺院に使われるものですが、山梨県の神社本殿では詰組を使った例がめずらしくありません。

 

f:id:hineriman:20190718123844j:plain

境内の脇を走る道路から見下ろした図。

浜床(正面の階段の下に張られた床)は、細長い板を張った“くれ縁”。また、この写真では見えにくいですが、縁側は切目縁(きれめえん)です。

 

以上、山王権現神社でした。

(訪問日2019/07/13)