世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【下諏訪町】諏訪大社下社春宮の境内社と「万治の石仏」 ~爆発的な造形美?!~

今回は諏訪大社下社春宮の境内にある摂社末社などの社殿や、春宮の裏手にある万治の石仏(まんじ-)について。

 

信濃国一宮・諏訪大社4社(四社)は、4社それぞれ他にない個性をもっていますが、下社春宮に来たなら是非とも見ておきたいのが「万治の石仏」です。

前回の記事では下社春宮の主要な社殿を紹介しましたが、今回は未紹介の社殿と、万治の石仏について紹介いたします。

 

現地情報

・所在地:

 〒393-0092
 長野県諏訪郡下諏訪町大門193

・アクセス:

 下諏訪駅から徒歩20分程度

 岡谷ICから国道20号線で15分程度

 ※万治の石仏は下社春宮の境内から徒歩5分程度

・駐車場:約40台分(無料)

・営業時間:随時

・入場料:無料

・社務所:あり

・滞在時間:30分程度(下社春宮と万治の石仏の合計)

 

下社春宮の境内社 

若宮社と上諏訪社

f:id:hineriman:20190618123238j:plain

下社春宮の境内に入り、幣拝殿の向かって右に行くと一之御柱があり、そのそばに2つの摂社が建っています。写真左が若宮社、右が上諏訪社です。

 

f:id:hineriman:20190618123256j:plain

どちらもだいたい同じ流造(ながれづくり)で、正面に階段のない簡易的な造り(見世棚造りという)をしています。

装飾がほとんどなく、屋根の裏を見ても垂木はまばら。そして柱はすべて角柱。

悪く言えば粗末な造りですが、摂社はあくまでもおまけみたいな存在なので、このような粗めの造りにすることで本社との格のちがいが明示されるのです。また、摂社が複数ある場合は、垂木や組物などを見比べることで格の上下を推測することもできます。



筒粥殿

f:id:hineriman:20190618123311j:plain

続いて、幣拝殿の向かって左側にある筒粥殿。

この中で粥を炊き、その出来映えで作物の吉凶や世相を占うとのこと。

 

うまく撮影できなかったので写真は割愛しますが、内部をのぞき込んで見ると三和土(たたき)の土間になっています。

「あたり前じゃん」と思うかもしれないですが、神社の社殿で土間は珍しいです。

基本的に神社建築の床は板敷きで、土間は避けられます。神社で土間を採用する理由としては、神仏習合の影響か、崇拝対象(土や地面を崇拝する神社もある)によるものがほとんどです。

なお、この社殿で土間が採用されているのは、煮炊きすることを考慮すると土間のほうが合理的だからでしょう。

 

浮島社

f:id:hineriman:20190617123528j:plain

下社春宮の境内から万治の石仏のあるほうへ向かうと、途中、川の中に小島があり、ここを通るルートが石仏への近道になります。

この小島は「どんな大水があっても水没しない」という伝承があるようですが、人工的な石積みがあるあたり、「水没しないようにしている」だけではないでしょうか...?

 

f:id:hineriman:20190617122246j:plain

浮島社の社殿は一間社流造(いっけんしゃ ながれづくり)。

先述の若宮社や上諏訪社とちがって母屋には丸柱が使われています。角柱より格上の丸柱が使われている理由は、私には及びもつきません...

 

いずれにせよ、この社殿は摂社(あるいは末社?)ですが他の摂社よりも凝った造りをしているので、万治の石仏への参拝のついでに立ち止まって、一見してみるだけの価値はあると思います。



万治の石仏

f:id:hineriman:20190617122053j:plain

さて、ようやく今回の首題になります。

浮島社の前を通り過ぎて、川沿いの道を進んだ先に「万治の石仏」はあります。

石仏の周囲は水田になっており、夏は青田、秋は稲穂といった感じで石仏を四季折々に彩ってくれます。今回は5月中旬、田植え直前の時期の訪問でした。

 

ご覧の通り、なんとも言えない独特の造形バランスで、かの岡本太郎氏や直木賞作家・新田次郎氏も絶賛しているとのこと。

外観だけでなく参拝方法も独特で、「万(よろず) 治まりますように」と唱えてから周囲を3回まわります。詳しい参拝方法については現地の案内板を参照し、よく確認した上で行って下さい。

なお、万治というのはこの石仏が作られたのが万治3年(1660年)であることに由来します。参拝時に唱えるせりふは、ここからこじつけで造られたのでしょう。

 

f:id:hineriman:20190617122124j:plain

風変わりな石仏ですが、この印の結び方は阿弥陀如来のものです。

親指と人差し指で輪をつくり、へその前あたりで両手を組むポーズは、阿弥陀仏の座像でよく見かけます。鎌倉大仏がその典型ですね。

あと、向かって右の胸のマークは万治と卍(まんじ)を掛けたのでしょうか...? 左卍(逆卍とも)なのが気になりますが、これについて追及するのは止めておきます。

 

最後に余談を書いておくと、万治の石仏は胴体と頭が別パーツになっており、そのせいで稀に内部で霜柱が生じ、首が数センチほど伸び縮みします

心霊的なものでないので心配には及びませんが、だからといって首を引き抜くような真似はくれぐれもしないように!

 

以上、諏訪大社下社春宮境内と「万治の石仏」でした。

(訪問日2019/05/18)