世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

神明造

【生坂村】日置神社(北陸郷・上生坂) ~村内に並立する式内論社~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、生坂村の北陸郷(きたりくごう)と上生坂(かみいくさか)にある2つの日置神社(ひおき-)について。

【甲斐市】山県神社 ~倒幕の先駆けとなった思想家を祀る~

今回は山梨県のマイナー観光地ということで、甲斐市の山県神社(やまがた-)について。 山県神社は甲斐市街の住宅地に鎮座しています。 祭神は当地の出身である儒学者・山県大弍(やまがた だいに)であり、学問の神として信仰されているようです。創建は大正10年…

【大町市】千見神明宮(境の宮) ~コンパクトにアレンジされた神明造~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、大町市の千見神明宮(せんみしんめいぐう)について。 千見神明宮は美麻千見の集落の中に鎮座しています。 境内も社殿もいたって標準的な規模のものですが、江戸時代末期に造られた本殿は規模こそ小さいものの、古…

【大町市】仁科・阿部神社 ~鳥居がなければ垂木もない 無いもの尽くしの境内~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、仁科神社(にしな-)と阿部神社(あべ-)について。 仁科神社と阿部神社は大町市の北部、木崎湖のほとりの森城跡(仁科城跡)に鎮座しています。 2つの神社の境内が隣接しており、仁科神社では仁科神明宮を意識したと思…

【長野市】長田神社 ~長大な社叢にたたずむ由緒正しき神明宮~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、長野市の長田神社(ながた-)について。 長田神社は長野市の千曲川南岸の傾斜地にある集落の中に鎮座しています。 本殿は平成期の再建ですが創建は1089年とされ、伊勢の外宮に布などを献上したことから神宮領の御厨…

【麻績村】麻績神明宮 ~貴重かつ大規模な江戸期の神明造~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、麻績村の麻績神明宮(おみ しんめいぐう)について。 麻績神明宮は麻績村の盆地の山際に鎮座しており、江戸時代に建立された神明造(しんめいづくり)の本殿を鑑賞することができます。 長野県内には神明造の本殿がい…

【筑北村】刈谷沢神明宮 ~私選・信州最恐スポット(※心霊要素はありません)~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、筑北村の刈谷沢神明宮(かりやさわ しんめいぐう)について。 刈谷沢神明宮は、国道403号線を折れた先にある集落の奥に鎮座しています。 古来よりこの近辺の地域は伊勢に神饌(農産物や山の幸)を献上していたため、…

【松本市】沙田神社 ~三の宮ならぬ“産の宮”~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、松本市の沙田神社(いさごだ-)について。 沙田神社は信濃国で第3位の格を持つとされる神社です。 中信地方(長野県中部)のほとんどの神社は大なり小なり諏訪大社から何かしらの影響を受けていますが、ここも例外で…

【諏訪市】手長神社 ~諏訪大社そっくりの社殿に祀られた土着神~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、諏訪市の手長神社(てなが-)について。 諏訪地域は信濃国一宮・諏訪大社のお膝元のため、その系統の神社が数多くあります。その中には、諏訪大社の祭神・タケミナカタに反発し、屈服させられた土着の神を祀った神社…

【松本市】四柱神社 ~松本観光の鉄板コース~

今回は長野県の観光地ということで、松本市の四柱神社(よはしら-)について。 四柱神社は松本の城下町に鎮座しています。 松本駅から松本城への移動ルートの道中にあり、すぐ近くには縄手通り商店街があります。こうした位置関係から、「四柱神社を見て商店街…

【大町市】仁科神明宮 ~国宝の神社建築はどこがスゴいのか?~

今回は長野県の観光地ということで、仁科神明宮(にしなしんめいぐう)について。 仁科神明宮は長野県の北西部、大町市の郊外に鎮座しています。 この地は伊勢神宮に山の幸を献上していた御厨(みくりや)だったため、仁科神明宮は伊勢と同じ「神明造」(しんめい…

【甲府市】酒折宮 ~連歌発祥の地~

今回は山梨県のマイナー観光地ということで、甲府市の酒折宮(さかおりみや)について。 酒折宮は甲府市東部の市街地に鎮座しています。 『古事記』や『日本書紀』にも記述がある古社であり、それが由来で「連歌発祥の地」とされていて、古今問わず数多くの文…

寺社索引

長野県

山梨県

その他の都道府県

用語集

・用語集 ( / / / た・な / / ま・や・ら・わ)

寺社の基礎知識

その他コンテンツ

近現代の建築 ・博物館

自転車(輪行) ・駅そば ・参考書籍

新着記事