世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【寺社の基礎知識】寺社建築用語集 あ行

この記事では、当ブログに頻出する寺社建築用語について簡単に説明いたします。

 

行別

/ / / た・な / / ま・や・ら・わ

 

 

一宮 いちのみや

その地域で最も格の高い神社のこと。たいていは律令制の国名を使用して“OO国一宮”といったふうに呼ばれる。また、二番目あるいは三番目に格が高い神社は“二宮”(にのみや)、“三宮”(さんのみや)となる。一宮は各国に1社以上存在するが、二宮以下は国によって存在しなかったり、場合によっては九宮まであったり(上野国)する。

また、伊勢神宮や仁科神明宮など、極めて格の高い神社はあえて一宮にされない例もある。

 

一間社 いっけんしゃ

母屋の正面に柱が2本あり、柱間が1つの社殿のこと。ここで言う“間”(けん)は長さの単位ではなく、柱間の数を指していることに留意されたい。

社殿の規模としては最小。“一間社OO造”といったふうに社殿の規模と様式を表現する。

 

入母屋 いりもや

入母屋造、とも言う。日本を始め、主に東アジアの建築に見られる屋根の形式。寄棟と切妻を組み合わせた構造をしており、寺社建築の屋根としては最も複雑な部類になる。

寺院、神社、住宅いずれの建築にも採用される。

参考:【寺社の基礎知識】屋根の分類 - 世をひねる

 

内削ぎ うちそぎ

神社の屋根にある千木のうち、先端が水平に削られたもののこと。また、そのような削り方のことを指して内削ぎと言う。女千木と呼ばれることもある。

参考:【寺社の基礎知識】鰹木(かつおぎ)と千木(ちぎ) - 世をひねる

 

海老虹梁/蝦虹梁 えびこうりょう

母屋の柱と向拝の柱を繋ぐ梁状の部材。高低差のある場所を繋ぐので、たいてい大きく湾曲している。

人目に付く場所にあって目立つので、装飾が施されていることが多く、寺社建築の見所の1つと言える。

f:id:hineriman:20190626121858j:plain

(習焼神社 幣拝殿

 

縁 えん

母屋の外側に設けられた通路のような構造物のこと。寺社建築では縁の外周に高欄(欄干のこと)が設けられることが多い。

住宅建築では“縁側”とか“濡れ縁”“廻り縁”とか言うが、寺社建築において特に決まった呼び名はない。

 

円柱 えんちゅう/まるばしら

→丸柱 まるばしら

 

大棟 おおむね

屋根の棟の中で、最も高い場所に位置し、水平方向に伸びるもののこと。単に“棟”と読んだ場合、たいていは大棟を指す。普通は一直線だが、善光寺(長野市)のように分岐した大棟を持つものもある。

f:id:hineriman:20190626121913j:plain

(妙義神社 本殿・拝殿

 

置き千木 おきちぎ

千木のうち、破風板と一体でないもののことを言う。本来の破風板と一体のものと区別するための呼称。屋根の上に“置く”ように設置されることからこの名前がある。

現在の神社の千木は、ほぼ全てが置き千木である。

参考:【寺社の基礎知識】鰹木(かつおぎ)と千木(ちぎ) - 世をひねる

 

鬼瓦/鬼板 おにがわら/おにいた

大棟の両端に取り付けられる板状の瓦のこと。大抵は鬼の顔の意匠なのでこの名があるが、家紋や文字をあしらったものもある。装飾が目的であり、魔除けなどの呪術的な性質もある。

 

御柱 おんばしら

諏訪大社(諏訪市、茅野市、下諏訪町)および各地の諏訪神社にて行われる祭。また、その祭で使用されて境内に立てられる柱のこと。

御柱にはモミの木を使用し、境内の四囲に1本ずつ、都合4本立てるのが正式。ただ、神社によってはモミ以外の木を使用したり、数が4本より少なかったり、柱を立てなかったりする。

 

参考(御柱について言及している記事):

【岡谷市】平福寺と柴宮(東堀正八幡宮)

【茅野市】諏訪大社上社前宮 ~諏訪大社最大の謎がここにある?!~

【茅野市】御座石神社 ~“御座石”は一体どこにある?~