世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【富士吉田市】北口本宮冨士浅間神社 ~甲信地方最大規模の神社~

今回は山梨県の観光地ということで、北口本宮冨士浅間(きたぐちほんぐうふじせんげん-)について。

 

北口本宮冨士浅間神社世界遺産・富士山の構成要素の1つとして登録されており、私の知る限りでは甲信地方で最大規模の境内と社殿を持つ神社です。素人目に見ても立派な神社で、境内には多数の重要文化財があるので、家族友人との観光にもおすすめです。

ここに来るのは2度目なのですが、前回来たときは裏口のほうに車を駐めたため表の参道をよく見ずに帰ってしまいました。今回は入り口のほうに駐車して表から登っていったので、情緒ある参道を楽しむことができました。

北口本宮浅間神社へのアクセスは富士山駅が最寄りで、徒歩20分くらいです。

無料駐車場は境内の周囲に多数ありますが、正面側に駐めて行くほうが楽しめると思います。

 

f:id:hineriman:20190408122539j:plain

境内入り口の石鳥居。こちらの鳥居は稚児柱などのない普通の鳥居です。

境内の中、つまり後ろ側から撮っていますが、鳥居の向こうは車道になっていて車の往来が激しいので撮影は断念しました。

 

f:id:hineriman:20190408122606j:plain

参道。数百メートルにわたって大木の並木と灯籠が続きます。

途中、仁王門の礎石が6つ残っていました。もともとこの境内には仁王門だけでなく三重塔まであったそうですが、明治の廃仏毀釈(神仏分離令)によって仏教色が廃され、貴重な文化財が破壊されたとのこと。やっぱ廃仏毀釈って、日本の歴史に残る最大級の愚行の他の何物でもないですね。

 

f:id:hineriman:20190408122622j:plain

鳥居と随神門。鳥居はいかにも浅間神社らしい両部鳥居で、額には「三國第一山」とありました。随神門は重文。

鳥居は、よく見ると脚部にまで屋根のような意匠が付いています。

 

f:id:hineriman:20190408122655j:plain

楽殿。奥にあるのは拝殿です。入母屋で全方向が吹き放ちとなっており、なんとなく寺の鐘突き堂のような雰囲気。こちらも重文。

 

f:id:hineriman:20190408122710j:plain

手水舎。銅葺きの入母屋なのはいいのですが、軒下がものすごいことになっています。

f:id:hineriman:20190408122724j:plain

f:id:hineriman:20190409100754j:plain

虹梁、垂木、竜の彫刻などなど、どれをとっても立派としか言いようがないです。特に注目して欲しいのは梁の持ち出しで、組物によって梁が外側に出た位置に配置されています。しかも、三重に持ち出されており、いわゆる“三手先”(みてさき)という複雑な構造になっています。

当然のごとく、こちらも重文。

 

f:id:hineriman:20190408122802j:plain

そしてこちらが拝殿。銅葺き、平入りの入母屋。重文です。

向拝は唐破風(からはふ)になっており、優美な曲線を描いています。

f:id:hineriman:20190408122820j:plain

向拝の軒下。唐破風にあわせて垂木も曲線になっています。

組物や虹梁は手水舎のほうがすごかったですが、こちらはまた別の趣があると思います。

 

f:id:hineriman:20190408122848j:plain

海老虹梁(えびこうりょう)。

構造材というよりは、装飾としての意味合いの強い梁です。唐破風といい垂木といい、この拝殿は曲線が美しいですね。

 

f:id:hineriman:20190408122917j:plain

拝殿の賽銭箱のところから見える本殿。奥にある金色の建物が本殿です。

一間社であるのは間違いないですが、屋根が見えないので様式が分かりません...

いつかまた機会があったら是非とも内陣を拝みたいところです。

 

f:id:hineriman:20190408122937j:plain

拝殿の脇に回ってみたものの、やはり本殿はよく見えず。

 

f:id:hineriman:20190408122955j:plain

f:id:hineriman:20190408123008j:plain

拝殿・本殿の裏手には、2つの社殿があります。上が東宮本殿、下が西宮本殿です。対になる2つの社殿は双子のようにそっくりな檜皮葺きの一間社流造り。

東宮・西宮ともに柱間は一間(間というのは、長さの単位のことではない)ですが、一間社にしてはかなり大きい部類に入ります。両者とも重文であるのも肯けます。

 

f:id:hineriman:20190408123032j:plain

西宮の側面。卍がついていますね。

神社なのになぜ卍...? とか言わないように! 私の名推理では、これは神仏習合の名残...と思ったのですが、案内板によると宮大工・村上光清の紋とのこと。神仏習合とかは関係ないみたいでした。

寺院のシンボルである卍をこんなところにつけていたら廃仏毀釈の標的にされてしまいそうですが、この東宮・西宮は大丈夫だったのでしょうか?

 

他にも境内には諏訪神社や摂社・末社があったのですが、この日は他に見たいものが多数あったので生憎ながらスルー。2度目の訪問でしたが、やはり素晴らしい神社なのでまた再訪したいですね。

 

以上、北口本宮冨士浅間神社でした。

(訪問日2019/03/30)