甲信寺社宝鑑

甲信地方の寺院・神社建築を語る雑記。

【竜王町】苗村神社 後編(拝殿、西本殿)

今回も滋賀県竜王町の苗村神社について。

 

前編では西本殿と楼門について述べました。

当記事では拝殿と国宝の西本殿などについて述べます。

 

拝殿

f:id:hineriman:20210403114443j:plain

楼門の先の参道左手には手水舎。

切妻、桟瓦葺。

 

f:id:hineriman:20210403114458j:plain

参道を右に90度折れると拝殿があります。

入母屋(妻入)、銅板葺。

いずれの方向も壁板が腰までの高さになっており、吹き放ち。滋賀県内でよく見られる神楽殿風の拝殿です。

 

f:id:hineriman:20210403114516j:plain

柱はいずれも角柱。欄干は擬宝珠付き。

軒裏は二軒まばら垂木。

内部は折り上げ格天井でした。

 

神輿庫

f:id:hineriman:20210403114540j:plain

拝殿の左手には神輿庫。西向き。

桁行4間・梁間2間、切妻、檜皮葺。

苗村神社の文書によると1535年頃の建立国指定重要文化財

“勅使の装束召替仮殿”なる用途で建てられ、のちに神輿庫に転用されたとのこと。類例が少なくめずらしい遺構のようです。

 

正面向かって右から2間目に両開きの桟唐戸があるほか、壁面は板壁となっています。

 

f:id:hineriman:20210403114617j:plain

柱は角柱で、面取りの幅はやや大きめとなっています。

組物は簡素な舟肘木だけが使われ、妻壁は豕扠首。破風板に猪目懸魚。

 

中門と透かし塀

f:id:hineriman:20210403114644j:plain

拝殿の後方には塀に囲われた本殿が3棟鎮座しています。

 

f:id:hineriman:20210403114716j:plain

中門は一間一戸、薬医門、切妻、銅板葺。

腕木で軒桁を持ち出し、その下側は女梁として組物(斗栱)で支えています。

垂れ幕の紋は州浜。中州をかたどったもののようで、甲信ではまったく使われない紋なので私は初めて見ました。

 

f:id:hineriman:20210403114736j:plain

破風板の拝みには蕪懸魚。

暗くなって見づらいですが、懸架材の上には「厄除猿」なる象が置かれていました。猿と去るを掛けた洒落と思われますが、なぜここに置かれているのかは謎。

 

西本殿

f:id:hineriman:20210403114818j:plain

3棟の本殿のうち中央に鎮座するのが西本殿。

三間社流造、向拝1間、檜皮葺。

棟札より1308年(徳治三年)再建国宝

祭神は那牟羅彦神(なむらひこがみ)、那牟羅姫神(なむらひめがみ)、国狭槌尊(くにのさづちのみこと)の3柱。

 

母屋は桁行3間・梁間2間。その前方に梁間1間の前室を設け、さらに1間の向拝を付加した形式。三間社流造の一形式として滋賀県では多く見られます。案内板いわく“鎌倉時代後期の特質”らしいです。

 

f:id:hineriman:20210403114953j:plain

前室の柱は角柱が使われています。鎌倉期の造営なので、角柱の面取りは遠目にもわかるほど大きく取られています。

前室の柱間には斜めの格子が張られ、柱上の組物は出三斗と連三斗、中備えは蓑束と蟇股。

この写真では見えないですが、前室の縁側は母屋のものよりも低くなっています。

 

f:id:hineriman:20210403114920j:plain

前室は角柱が使われているのに対し、母屋は円柱が使われています。

母屋柱は長押で固定され、頭貫や木鼻らしきものは見当たりません。そして組物は大斗と舟肘木だけが使われています。非常に古風な造り。

破風板からは猪目懸魚が下がっています。

 

八幡社本殿

f:id:hineriman:20210403115126j:plain

向かって左(西側)には境内社の八幡社本殿。

一間社流造、檜皮葺。

案内板によると1430年ごろの建立と考えられるとのこと。国指定重要文化財

祭神は誉田別命などの八幡神。

 

f:id:hineriman:20210403115158j:plain

向拝柱は角柱。やはり面取りの幅が大きいです。

無地の虹梁の上には中備えに蟇股が配置されています。蟇股の彫刻の題材は不明。

柱上の組物は出三斗。虹梁木鼻のかわりの斗栱が、出三斗を持ち送りしています。

 

f:id:hineriman:20210403115221j:plain

角度がついていて見づらいですが、側面には板戸が設けられています。

正面には角材の階段が5段。階段の下に賽銭箱が固定されていますが、塀の内に入れないので、ここに小銭を投げ込むのは至難の業でしょう...

縁側は3面のくれ縁、欄干は跳高欄。背面は脇障子でふさがれています。

母屋は頭貫や木鼻がないですが、この本殿は斗と肘木を組み合わせた組物(斗栱)が使われています。

 

十禅師社本殿

f:id:hineriman:20210403115645j:plain

向かって右(東側)には境内社の十禅師社本殿。

一間社流造、檜皮葺。

前述の八幡社と同様、案内板によると1430年ごろの建立と考えられるとのこと。国指定重要文化財

祭神は“山王二十一社のうち上七社の一社十禅師”。天台宗にまつわる神らしく、神仏習合の時代のなごりと言えるでしょう。

 

f:id:hineriman:20210403115458j:plain

向拝柱は角柱。例のごとく大きく面取りされています。

無地の虹梁の上には、中備えはありません。

柱上の組物は連三斗。斗栱で持ち送りされています。

 

f:id:hineriman:20210403115317j:plain

母屋柱は円柱。

八幡社と同様に頭貫と木鼻がないようですが、この本殿は母屋の組物が舟肘木のみとなっています。八幡社とくらべると古風で、どちらかといえば前述の西本殿に近い作風ではないでしょうか。

破風板には拝み懸魚、大棟鬼板には鬼瓦。

 

以上、苗村神社でした。

(訪問日2021/03/12)

甲信地方の寺社

山梨県(甲斐国)

索引(市町村別)

国宝の一覧

国宝と重要文化財の寺社の一覧

長野県(信濃国)

索引(市町村別)

国宝の一覧

・国宝と重要文化財の寺社の一覧(北信・東信/中信・南信)

県別記事一覧

山形県 ・福島県
群馬県 神奈川県
新潟県 福井県
・山梨県(国中/郡内)
・長野県(北信/東信/中信/南信)
岐阜県 静岡県
愛知県 滋賀県

用語集

・用語集 ( / / / た・な / / ま・や・ら・わ)

寺社の基礎知識

その他コンテンツ

近現代の建築 ・博物館

自転車(輪行) ・駅そば ・参考書籍

新着記事