甲信寺社宝鑑

甲信地方の寺院・神社建築を語る雑記。

【池田町】川会神社

今回は長野県池田町の川会神社(かわあい-)について。

 

川会神社は池田町の田園地帯にある集落に鎮座しています。

平安期の『延喜式』に記載されている古社で、穂高神社と同様に長い歴史のある神社のようです。境内や社殿については率直に言って見どころがあるとはいえず、あまり凝ったところのない流造の本殿があるくらいです。

 

現地情報

所在地 〒399-8602長野県北安曇郡池田町会染十日市場12079(地図)
アクセス 安曇追分駅から徒歩20分
安曇野ICから車で20分
駐車場 なし
営業時間 随時
入場料 無料
社務所 なし
公式サイト なし
所要時間 10分程度

 

境内

参道と社殿

川会神社入口

川会神社の境内は南向き。

入口の鳥居は石製の両部鳥居で、扁額は「延喜式内 川會神社」。

 

鳥居の右手には泉小太郎の伝説についての石碑があります。

内容は地域によって微妙に異なりますが、小太郎が竜神の背に乗って山清路(生坂村)から久米路(長野市)の岩山を突き破り、湖から水が抜けたことで松本盆地があらわれた、といった大筋は共通しています。

ですがこの石碑は松本盆地を開拓したのちの後日談があり、「泉小太郎は川合(原文ママ)に住んだのち岩穴へ隠れ、当地の人々は彼を祭神として川会神社を建立した」といった内容が書かれています。なお、川会神社の祭神は海神であるワタツミです。

 

ほか、境内入口には池田町出身の歌人・内山真弓(1786-1850)の年譜と歌碑も置かれています。

 

川会神社神楽殿

参道を進むと、鳥居と拝殿のあいだに神楽殿があります。

神楽殿は鉄板葺の切妻(妻入)。

 

川会神社拝殿

拝殿は鉄板葺の切妻(平入)で、向唐破風(むこう からはふ)の向拝が1間。

 

川会神社拝殿の向拝

向拝柱の上にはやや間延びした感がある出三斗(でみつど)の組物。

向拝柱をつなぐ虹梁(こうりょう)の上には、雲状の意匠をしていて斗(ます)が3つのっている蟇股(かえるまた)。その上には角ばった大瓶束(たいへいづか)が立っており、両脇に雲状の笈形が添えられています。

唐破風の拝みから垂れ下がる兎毛通(うのけどおし)は題材不明ですが繊細な透かし彫りがされています。

 

本殿

川会神社本殿

拝殿の裏手にはブロック塀に囲われた本殿が鎮座しています。

本殿は鉄板葺の一間社流造(いっけんしゃ ながれづくり)。

造営年代は不明ですが古いものには見えず、明治期以降のものと思われます。

祭神はワタツミ。同郡の式内社・穂高神社と同様です。

 

川会神社本殿の左側面

鉄板葺の屋根は厚みがなく、なんとも味気ない造り。創建が古くて由緒のある神社でも、社殿は真新しくて面白味がない...というのは式内社ではしばしばあります。

とはいえ紫の幕がかけられていたり、しめ縄の紙垂の状態が良かったりと、地元の人からは大切にされている様子。

 

軒裏はいちおう二軒(ふたのき)の繁垂木。柱は向拝・母屋ともに角柱。

向拝柱の木鼻は象鼻。母屋の頭貫の木鼻は拳鼻。向拝と母屋は湾曲した海老虹梁(えびこうりょう)でつながれています。海老虹梁の向拝側は軒桁の高さ、母屋側は組物の高さから出ています。

母屋は、頭貫の上に蟇股が置かれ、妻虹梁の上には円柱の束が立てられています。

 

川会神社本殿の床下

縁側は正面と左右の計3面にまわされていて、床板は壁面と直交に張った切目縁(きれめえん)。欄干は跳高欄(はねこうらん)っぽいものになっています。背面をふさぐ脇障子にもこれといった意匠はなし。

正面の階段の下に浜床はありません。

床下を観察してみると母屋は通し柱がないようで、高床になった母屋の床下は束で支えられています。

 

社殿については以上。式内社であるものの特筆するほどのものがなく、式内社であることに価値を見出せる人でないと楽しむのは難しいかと思います。最後にフォローをしておくと、境内や社殿がよく手入れされている点は好印象でした。

 

以上、川会神社でした。

(訪問日2020/04/30)

寺社索引

山梨県

長野県

その他の都道府県

寺社建築の楽しみかた

・用語集 ( / / / た・な / / ま・や・ら・わ)

寺社の基礎知識

その他コンテンツ

近現代の建築 ・博物館

自転車(輪行) ・駅そば ・参考書籍

新着記事