世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【安曇野市】穂高神社 本宮(里宮) ~本殿は独自の希少な様式だが...?~

今回は長野県の超メジャー観光地ということで、安曇野市の穂高(ほたか-)について。

 

穂高神社本宮(里宮)は安曇野市の中心市街地に鎮座しています。

長野県を代表する神社の1つで、沙田神社(松本市)とともに信濃国三ノ宮として延喜式内社にも指定されている古社です。社殿は新しいもののようですが、本殿は穂高造(ほたかづくり)という独自の様式となっています。

 

 

現地情報

所在地 〒399-8303長野県安曇野市穂高6079(地図)
アクセス

穂高駅から徒歩5分

安曇野ICから車で15分

駐車場 100台以上(無料)
営業時間 随時
入場料 無料
社務所 あり
公式サイト 穗髙神社
所要時間 10分程度

 

境内

参道

f:id:hineriman:20191103134052j:plain

f:id:hineriman:20191103134107j:plain

穂高神社の正面入口。境内は東向きに伸びています。

社号標が掲げられた高札は、虹梁や大瓶束、持送りなどが見られる凝ったもの。

 

f:id:hineriman:20191103134216j:plain

一の鳥居は石製。扁額は「穂高神社」。

柱には奉納者の氏名と奉納額がびっしりと書かれており、“耳なし芳一”状態。

 

f:id:hineriman:20191103134234j:plain
参道を進むと左側に手水舎があります。

写真中央奥にあるのは、毎年9月の御舟祭りに使われる舟・穂高丸。後述しますが穂高神社の祭神は海の神とされています。ちなみに、関連性はないと思いますが、安曇野市に隣接する松本市の須々岐水神社(祭神は川の神)にも舟型の山車を用いた同名のお祭りがあります。

 

f:id:hineriman:20191103134323j:plain
二の鳥居は両部鳥居。前後の側柱は、四角ではなく八角柱でした。

奥に写っている神楽殿は鉄板葺の入母屋(平入)で、正面に千鳥破風がついています。

神楽殿の周辺では、菊人形展のため仮設のテントが張られていました。金賞とか宮司賞とかいった札がついていましたが、あいにく私には菊の良し悪しが解らないので割愛。

 

境内社と拝殿

f:id:hineriman:20191103134358j:plain
拝殿の前には多数の境内社が並び立っています。

上の写真は四間の社殿と顔なしの狛犬。

 

f:id:hineriman:20191103134421j:plain

こちらの写真中央は八幡社とのことですが、切妻が前後に連結した“八幡造”(はちまんづくり)になっています。

 

f:id:hineriman:20191103134530j:plain

そしてこちらが拝殿。鉄板葺で、中央は入母屋(いりもや)で軒唐破風付き、左右は切妻(平入)といった構成。

建物の造りからして真新しく、古めかしさは一切感じられません。これといって語るようなこともなく、コメントに困ってしまいます...

右に写っているのは孝養杉という神木。

 

本殿

本殿は例のごとく拝殿の裏手にあるのですが、裏へ回り込む道がなく、拝殿のガラス戸から覗き込むことで辛うじて見えました。

本殿は3棟が横並びに立っており、中央に祀られているのが穂高見命(ほたかみのみこと)。左は穂高見命の父・ワタツミ、右はニニギ。

f:id:hineriman:20191103134559j:plain

本殿3棟は銅板葺の切妻(平入)。柱はいずれも角柱で、向拝はありません。

中央の本殿は穂高造(ほたかづくり)という様式になっており、屋根の上に載っている鰹木(かつおぎ)に特徴があります。しかし、肝心の鰹木が見えず...

 

f:id:hineriman:20191103134647j:plain

仕方がないのでwikipediaから画像を引用して加工しました。

鰹木というと棟に直交して乗せるものですが、穂高造の鰹木は棟と平行の向きになっており、V字型に中央で折れ曲がっています。この鰹木は釣竿あるいは帆柱を表したものとされているようですが、どちらにせよ海との関連性を想起させます。

 

なお、穂高神社の奥宮は上高地(松本市)に、嶺宮は長野県の最高峰・奥穂高岳の山頂(標高3190m)にあります。海神とされる穂高見命が、なぜ海から遠い信濃国に、それも北アルプスの最高峰にまで祀られているのか非常に不思議ですが、この辺を考察しだすと沼に陥るので止めておきます。

 

境内については以上。

長野県の主要観光地として賑わっている穂高神社ですが、社殿があまりにも新しすぎるせいで雰囲気を感じることさえできず、率直に言ってあまり見どころが無いです。いちおう穂高造という独自の本殿はあるものの、最大の特徴である鰹木を見ることができず、残念に感じました。

そうはいっても有名な神社であるので、気とかパワーとかいった云々を感じられる人ならそれなりに楽しめるのではないでしょうか...?

 

以上、穂高神社本宮(里宮)でした。

(訪問日2019/11/02)