世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【高森町】瑠璃寺と日吉神社 ~ピンピンコロリ発祥の地と五間社入母屋~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、高森町の瑠璃寺(るりじ)と日吉神社(ひよし?-)について。

 

瑠璃寺と日吉神社は高森町の中心部から離れた集落に鎮座しています。桜の名所として知られていますが、境内は伽藍や社殿などの見どころが多数あり、桜が咲いていなくても充分に楽しめる内容となっています。

 

 

現地情報(瑠璃寺・日吉神社)

・所在地:

 〒399-3106

 長野県下伊那郡高森町大島山812

・アクセス:

 市田駅から徒歩1時間程度

 松川ICから車で10分程度

・駐車場:10台程度

・営業時間:随時

・入場料:無料

・寺務所:あり

・滞在時間:15分程度

 

瑠璃寺

参道

f:id:hineriman:20190815220036j:plain
駐車場は境内の途中にあり、桜並木の参道を進むとすぐに本堂があります。

 

本堂

f:id:hineriman:20190815220108j:plain

本堂(薬師堂)は桟瓦葺の入母屋(平入)、正面は向拝1間。母屋は円柱、向拝は角柱。瑠璃寺のホームページによると1672年の建立とのこと。

正面3間・奥行3間で、寺院の本堂としては小さい部類に入りますが、柱間が長くとられていて、数字以上に立派に見えます。

向拝の蟇股(かえるまた)の彫刻は猫でしょうか。蟇股の猫というと日光東照宮の“眠り猫”が著名ですが、他の例はあまり見たことがなく、ちょっと珍しいと感じました。

 

堂内には本尊の薬師如来が安置されており、平安時代前期の作で国重文に指定されていますが、拝観はできません。

 

f:id:hineriman:20190815220220j:plain
横から向拝を見た図。

大きく湾曲した海老虹梁と、垂木を支える手挟みの精緻な彫刻が印象的。また、よく見ると垂木が三重になっています。

写真左のほうの絵馬(?)は、五円玉を「め」の字の形に並べることで、眼病の治癒を祈願したものでしょう。

 

その他の伽藍とPPK地蔵

f:id:hineriman:20190815220336j:plain
本堂の左側には観音堂もあります。

こちらは内部を覗き見ることができ、前立と思しき仏像が見えました。

 

f:id:hineriman:20190815220401j:plain
参道の途中には弁天(?)が祀られたお堂も。

屋根は入母屋(平入)ですが、正面の階段を覆う庇(向拝)が長く伸びていて、普通の入母屋とは一風変わったシルエットになっています。

 

f:id:hineriman:20190815220428j:plain
そしてこちらは“ピンピンコロリ地蔵”。県内では佐久市にある“ぴんころ地蔵”が有名ですが、どうやらここが発祥の地であり元祖のようです。

知らない人のために補足しておくと、ピンピンコロリ(略称:PPK)というのは「ぴんぴんと長生きしてコロリと逝く」という意味で、健康寿命を伸ばしましょうという旨の標語です。

なお、この地蔵菩薩は健康長寿だけでなく、家族円満・子孫繁栄、商売繁盛も祈願しているようで、要はなんでもアリみたいです。

 

日吉神社

f:id:hineriman:20190815220500j:plain
続いて、瑠璃寺と隣接する日吉神社に移ります。

読みは“ひよし”だと思うのですが、“ひえ”という読みかたもあり、検索してみても情報が出てこないのでどちらが正しいのかは判りません...

日吉神社の境内は瑠璃寺より1段高くなった石垣の上に立っています。規模は非常に小さく、この写真に写っているのが境内の全てです。

 

f:id:hineriman:20190815220546j:plain
拝殿は瓦葺の切妻(平入)。

神社なのに瓦葺で、しかも現代風の瓦なのであまり期待できないと思ったのですが、中を見てみると本殿と思われるものがありました。

 

f:id:hineriman:20190815220619j:plain

拝殿の内部。

右は一間社流造(いっけんしゃ ながれづくり)。標準的な造りです。

左はこけら葺き(?)の五間社入母屋(ごけんしゃ いりもや)、正面に千鳥破風と向唐破風付き、向拝1間。

 

両者ともしっかりと造りこまれているのは言うまでもないですが、左の本殿は間口5間の母屋に入母屋の屋根が乗っており、こういった様式の社殿は初めて見たので少し驚きました。

 

境内は以上。

見る人によっては地味としか思えないかもしれないですが、猫が彫られた蟇股や五間社入母屋の社殿などのちょっとした珍品がいくつもあり、小粒ながら良質な見どころやネタが密集しています。私としては非常に楽しい境内でした。

 

以上、瑠璃寺と日吉神社でした。 

(訪問日:2019/08/03)