世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【箕輪町】長岡神社 ~立川和四郎の手掛けた二間社~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、箕輪町の長岡神社(ながおか-)について。

 

長岡神社は箕輪町の山際の高台の集落に鎮座しています。本殿は諏訪の立川流の棟梁・立川和四郎(初代)による造営なのですが、神社建築として珍しい部類に入る“二間社”という様式になっています。

 

 

現地情報

・所在地:

 〒399-4602

 長野県上伊那郡箕輪町大字東箕輪長岡134

・アクセス:

 伊那松島駅から徒歩40分程度

 伊北ICから車で10分程度

・駐車場:なし

・営業時間:随時

・入場料:無料

・社務所:なし

・滞在時間:15分程度

 

境内

境内入口

f:id:hineriman:20190810081037j:plain

長岡神社の入り口。写真右に写っている寺院は長松寺。

境内は山の高台にあるため、鳥居の下で後ろを振り返ると、伊那谷の河岸段丘の景色がよく見えました。

 

f:id:hineriman:20190810081104j:plain
二の鳥居は両部鳥居。扁額の文字は「八幡宮」。

もとは隣の長松寺の鎮守だったとのこと。

 

f:id:hineriman:20190810081120j:plain
手水舎。水は出ておらず、蛇口をひねって出す方式でした。

 

拝殿

f:id:hineriman:20190810081150j:plain

拝殿は標準的な銅板葺の入母屋(平入)。正面には千鳥破風と向唐破風(むこう からはふ)付き。

垂れ幕には、あまり見かけない環状の紋が描かれています。

 

f:id:hineriman:20190810081214j:plain

唐破風の向拝の軒下。

懸魚(げぎょ)には鳥、蟇股(かえるまた)には龍、木鼻には獅子と象の彫刻が施されています。

立川和四郎富棟(初代)が手掛けたものとのことですが、言われてみるとこの彫刻の配置と題材は、いかにも立川流といった感じです。

 

本殿

f:id:hineriman:20190810081252j:plain

本殿は覆いがかかっていますが、覆いの壁は透明なので、格子の隙間から覗き込むことができます。

 

f:id:hineriman:20190810081317j:plain
左正面から見た図。

母屋の柱は3本、つまり正面2間。これは紛れもない二間社(にけんしゃ)です。二間社はたいてい2つの神が祀られており、相殿造(あいどのづくり)という別名もあります。

祭神は不明ですが、八幡宮なので誉田別命(ほんだわけのみこと)が祀られていると見て良いでしょう。

 

屋根はおそらくこけら葺き。垂木の向きからして屋根の様式は流造(ながれづくり)で間違いありません。

よって、この本殿はこけら葺きの二間社流造、正面軒唐破風(のき からはふ)付きです。

写真では見えにくいですが、蟇股や海老虹梁(えびこうりょう)には彫刻が施されており、立川流の面目躍如たる精緻さ。案内板も「立川流全盛期の代表作」と評しています。

 

f:id:hineriman:20190810081341j:plain

正面は、階段と浜床の間にも彫刻があります。

縁側は壁と直行する切目縁(きれめえん)という張りかただったのですが、浜床(階段の下の床)は細長い板を普通に張っただけの造りでした。

 

f:id:hineriman:20190810081420j:plain

左後方から見た図。

縁側の終端は脇障子になっています。母屋の丸柱は「床上は円柱だが床下は八角柱」というお馴染みの手抜きがなされています。

また、写真左端に写り込んでいる摂社の彫刻も見事。

 

f:id:hineriman:20190810081502j:plain

最後に右側面の図。縁側の脇障子にも彫刻が施されています。

 

境内や社殿は規模こそ標準的ですが、立川和四郎(初代)の手掛けた二間社というちょっと珍しい様式の本殿を鑑賞することができ、非常に満足です。本殿には覆いがかかっているものの壁が透明なので中を見ることができ、覆いのおかげで本殿が非常にきれいな状態で保存されているのも素晴らしいです。

 

以上、長岡神社でした。

(訪問日2019/08/03)