世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【茅野市】達屋酢蔵神社 ほか2件 ~ちの横内の小ネタ特集~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、茅野市ちの横内(ちのよこうち)の小ネタについて。

 

 

大天白社

所在地:〒391-0001長野県茅野市ちの横内(地図)

f:id:hineriman:20191029123241j:plain

この日のメインの目的は達屋酢蔵神社だったのですが、茅野駅から歩いて向かう途中、小規模な神社を発見しました。写真は本殿の覆いです。

大天白社(だいてんぱくしゃ)というようで、境内に御柱が立っていなかったり、覆いの屋根には六文銭が描かれていたりしていて、この地域にしては珍しく諏訪大社の影響をあまり受けていない様子です。

六文銭というと松代藩(現 長野市)を治めた大名家・真田氏を思い浮かべますが、境内の石碑の文を読む限りだと、この地域の名主だった矢島(矢嶋)氏の紋のようです。

 

f:id:hineriman:20191029123306j:plain

覆いの中にある本殿は、こけら葺の一間社流造(いっけんしゃ ながれづくり)、向拝は軒唐破風(のき からはふ)付き。

“一間社流造 軒唐破風付き”という様式は諏訪地域の神社でよく見かけます。

茅野市教育委員会の案内板によると、この本殿は1850年の造営で、棟梁は二代目和四郎こと立川和四郎富昌(たてかわ わしろう とみまさ)。諏訪大社上社本宮を造営した名工の晩年の作です。

 

彫刻の内容については以下のとおりです。

向拝柱の木鼻は唐獅子と象頭、表虹梁上に粟穂に鶉、その上の万寿頭には宝尽くし。母屋正面小脇羽目に上り龍下り龍、蟇股内に唐獅子と鼠、左右の妻の大瓶束には大きな雲水の笈形をつけ、脇障子は蘆敖仙人・琴高仙人の彫刻で飾っている

 「平成十三年六月 茅野市教育委員会」より抜粋

 

上記の引用文のとおり、虹梁(こうりょう)の中央には「粟穂(あわほ)に鶉(ウズラ)」の彫刻が配置されています。立川流はここに龍を置くことが多いので、この題材はちょっと珍しいです。

縁側の終端にある脇障子(わきしょうじ)は蘆敖仙人(ろごうせんにん 黄安仙人とも)と琴高仙人(きんこうせんにん)とのことですが、写真に写っているのがどちらなのか、私には解りません... なお、帰宅後にウェブで調べてみたところ、蘆敖仙人は亀に、琴高仙人は鯉に乗った姿で描かれるとのこと。

 

あと、案内板には大瓶束(たいへいづか)と笈形(おいがた)についても言及していますが、覆いの壁があるため妻(側面)のほうは観察できません。二代目和四郎の作というだけに、側面が見られないというのはちょっと残念。

 

以上、大天白社でした。

 

御社宮司社(横内)

所在地:〒391-0001長野県茅野市ちの横内(地図)

f:id:hineriman:20191029123454j:plain

前述の大天白社から国道20号のほうへ歩くと、またも小さな境内が現れます。

境内には立派な御柱が立てられており、社名は御社宮司社(みしゃぐじしゃ?)。見るからに諏訪系の神社ですが、境内に案内板などが一切ないので詳細は不明。

 

f:id:hineriman:20191029123516j:plain

覆いの中には本殿があります。本殿はこけら葺の一間社流造

全体を見ても彫刻の類がほぼ無く、正面の虹梁に質素な蟇股(かえるまた)があるだけの非常にシンプルな外観。

向拝の柱は面取りされた角柱、母屋の柱は円柱でした。

 

f:id:hineriman:20191029123532j:plain

右側面。

垂木は二重。妻飾りは無し。縁側は切目縁(きれめえん)が三方に回されていて、欄干は跳高欄(はねこうらん)。正面の階段の下の浜床は、くれ縁。

 

いかにも諏訪大社の系統っぽい雰囲気の神社なので、後述の達屋酢蔵神社みたいに上社の摂社末社なのではと予感したのですが、母屋の柱が円柱であることから察するに、私の予感は見当違いのようです。

神社の柱と格についての話は達屋酢蔵神社の項目で語るので、ここでは割愛いたします。

 

以上、御社宮司社(横内)でした。

 

達屋酢蔵神社

所在地:〒391-0001長野県茅野市ちの横内3144-1(地図)

f:id:hineriman:20191029123549j:plain

達屋酢蔵神社(たつやすくら-)は茅野駅の西側に鎮座しており、国道20号線に背を向けるようにして南東向きに立っています。

境内はそれほど大きくはないですが社叢が茂っており、社叢の木に負けないくらいの長さの御柱が堂々と立てられています。

 

案内板(達屋酢蔵神社評議委員会)によると、達屋社・酢蔵社という2社が合祀されて現在の達屋酢蔵神社になったとのこと。また、御柱祭に使用するモミの丸太を、上社本宮と同じ山林から伐り出すことが許されており、このような特権がある神社はここだけのようです。

ほか、案内板には祭神についての説明や達屋・酢蔵の意味などについて書かれていましたが、いまいち腑に落ちない、何を言いたいのかわからない内容でした。たぶんこれは私の読解能力が低いせいでしょう...

 

f:id:hineriman:20191029123654j:plain

拝殿は銅板葺の切妻で、屋根には千木と鰹木がのっています。

手前の橋の下は川ではなく池で、前日の台風で近辺の川は濁っているのにこの池だけは透明に澄んでいて、水の中に鯉が泳いでいました。

 

f:id:hineriman:20191029123708j:plain

拝殿の後方には本殿があります。造営年代は不明。

達屋社・酢蔵社が合祀されて1社になった経緯があるため、扉が2組あります。扉は桟唐戸(さんからど)で、諏訪梶の紋がついていました。

扉が2組、つまり柱と柱の間が2つあるので、この本殿は銅板葺の二間社流造(にけんしゃ ながれづくり)というちょっと珍しい様式。諏訪地域に限って言うと、ほぼ全ての神社本殿が一間社なので、二間社やそれ以上の規模のものは希少です。

 

しかしこの本殿の造りは、標準的な神社本殿と比べると非常に簡素です。彫刻の類がないだけでなく、垂木が一重、そして母屋の柱が角柱です。

神社建築では角柱より円柱が格上なので、神が鎮座する母屋(柱と壁に囲われた空間)は円柱を使うのが作法。この作法に反して角柱を使うのは、たいていの場合、他の社殿よりも格下であることを示すのが狙いです。

前述の案内板に書かれてはいないですが、この達屋酢蔵神社は諏訪大社上社の摂社の1つです。なので母屋に角柱を使うことで、上社本宮よりも格下であることを表示しているのでしょう。

ちなみに、御神渡(おみわたり)の神事で知られる八剱神社も上社の摂社という立ち位置ですが、本殿は角柱が使われています。

 

以上、達屋酢蔵神社でした。

(訪問日2019/10/13)