世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【松本市】渚大神社 ~幹線道路に隠れた大神社~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、松本市の渚大神社(なぎさ だい-)について。

 

渚大神社の鎮座する場所は、国道19号線と158号線が交差する場所のすぐ近くです。それなりに大きい神社なのですが、ほとんどの人が存在に気づくこともなく車で素通りします。

かく言う私もその1人で、幾度となくこの神社の脇を素通りしていました。

 

現地情報

・所在地:

 〒390-0841
 長野県松本市渚3丁目1-19

・アクセス:

 松本駅または渚駅から徒歩10分程度

 松本ICから国道158号線で5分程度

・駐車場:なし

・営業時間:随時

・入場料:無料

・社務所:なし

・滞在時間:10分程度

 

境内 

境内入口

f:id:hineriman:20190625122917j:plain

境内の正面(東側)の両部鳥居。

松本市街は、駅と城の間は観光客が多くてにぎやかですが、こちらは駅のアルプス口(裏口といって差し支えない)のほうなので、閑静な住宅街といった雰囲気です。

 

f:id:hineriman:20190625123006j:plain

手水舎。石の鉢に書かれた紋は“諏訪梶”。根が4つなので諏訪大社上社の紋になります。

境内は平坦な市街地の中なのですが、しっかりと水がでており、さすがは井戸と湧水の町・松本といったところ。

 

f:id:hineriman:20190625123023j:plain

手水舎の前を通り過ぎると、参道が途中で右に折れ曲がっています。

f:id:hineriman:20190625123136j:plain

曲がらずに進むと本殿の跡地を示す石碑がありました。

松本城の南西約1kmほどの場所に立地し、境内は東西に伸びているので「城のほうを向いていた?」と予感したのですが、地図を確認したところ全くの見当外れでした。

なお、現在の拝殿と鞘殿は南のほうを向いているので、私の予感は尚のこと見当外れです...

 

拝殿・鞘殿

f:id:hineriman:20190625123156j:plain

拝殿は銅板葺の入母屋(平入)。正面は向拝付き。平成4年の造営とのこと。

f:id:hineriman:20190625123208j:plain

拝殿の後方には、奥行き1間の切妻(平入)がついており、あまり見かけない構造をしています。

 

f:id:hineriman:20190625123237j:plain

こちらの写真左側が本殿、と言いたいところですが、案内板によるとこれは“鞘殿”(さやでん)とのこと。

要するに、この写真の建物は本殿を保護するための覆いだということです。拝殿のうしろにあるからといって、それが本殿とは限らないわけですね。

この内部に納められているという本殿は1847年の造営のようですが、神社としてはかなり新しい部類に入ります。なお、祭神は諏訪の系統なので、タケミナカタです。

 

f:id:hineriman:20190625123341j:plain

後方から見た鞘殿。

間口が3間ありますが、本殿ではないので“三間社”と呼ぶのは適当ではないでしょう。

また、屋根が前後対称の造りをしているうえ、垂木が二重になっていないあたり、これはただの切妻造りでしょう。

“三間社流造”と書きたくなってしまう社殿ですが、三間社ではないし流造でもないです。敢えて言うなら「間口3間、奥行2間の切妻(平入)」と言うのが正確でしょう。

 

以上が渚大神社の境内と社殿になります。

率直に言って“見応えがある”とはお世辞にも言えず、きつい言いかたをすると社殿の大きさくらいしか取り柄のない内容かもしれません。

とはいえ、「拝殿のうしろにあるのが本殿だと決めてかかるのは早計」ということを勉強できたので、来て良かったかもと思っています。

 

以上、渚大神社でした。

(訪問日2019/06/22)