甲信寺社宝鑑

甲信地方の寺院・神社建築を語る雑記。

索引-郡内地方の町村

南都留郡 富士河口湖町

河口浅間神社

富士河口湖町河口1(地図)
読みは「あさま」。江戸初期の本殿が町指定文化財。

常在寺

富士河口湖町小立139(地図)
冨士御室浅間神社の隣に鎮座。隣接の公民館には神社本殿が納められている。

冨士御室浅間神社

富士河口湖町勝山3951(地図)
富士山中で最古の神社とされる。移築された本宮本殿は国重文。

妙法寺

富士河口湖町小立692(地図)
明治期の山門と三十番神堂は非常に凝っていて、見応え抜群。

無戸室浅間神社(胎内神社)

富士河口湖町船津6603(地図)
身をかがめるほど狭い洞窟を進み参拝する。

南都留郡 山中湖村

山中諏訪神社・浅間神社

山中湖村山中13(地図)
両社とも現代的な権現造風の社殿となっている。

 

(更新日2021/02/01)