甲信寺社宝鑑

甲信地方の寺院・神社建築を語る雑記。

【北杜市】日吉神社(高根町)

今回は山梨県北杜市高根町(たかねちょう)の日吉神社(ひよし-)について。

 

日吉神社は高根町の山際の集落に鎮座しています。

延喜式との関係はあるようですが式内社ではなく、社殿の規模や歴史についても至って標準的な内容の神社です。とはいえ本殿は各所に彫刻が配置されており、派手で見栄えのする造りをしています。

 

現地情報

所在地 〒407-0301山梨県北杜市高根町清里1756(地図)
アクセス

清里駅から徒歩1時間

長坂ICから車で20分

駐車場 なし
営業時間 随時
入場料 無料
社務所 あり(要予約)
公式サイト なし
所要時間 10分程度

 

境内

参道

日吉神社の鳥居

日吉神社の境内は南向きで、農道に面した場所に鳥居が立っています。

鳥居は石製の明神鳥居。扁額は「日吉神社」ですが、「よし」の字体は𠮷(いわゆる「つちよし」)でした。

 

鳥居の隣には、境内のスギと筒粥神事についての案内板(高根町教育委員会)があり、両者とも高根町(現 北杜市)の文化財に指定されているようです。この案内板によると、当地は『延喜式』に記載された甲斐国の三御牧の1つである「柏前の牧」の跡地と比定されているとのこと。

また、この案内板にはご丁寧に「ひよしじんじゃ」と、かなが振られていました。日吉神社は「ひえ」「ひよし」どちらで読むのかわからないことが往々にしてあるので、正しい読みをはっきりと書いてくれるのはとても有難いです。

 

日吉神社の二の鳥居

石段を登ると二の鳥居があります。

こちらは木製の両部鳥居。前後の柱の上に小さな屋根がついています。扁額はなし。

 

社殿

日吉神社の拝殿

拝殿は、本殿の覆い屋を兼ねたタイプのもの。

こういった拝殿は佐久地域(長野県東部)で多く見かけます。北杜市は山梨県ですが、佐久郡と接していて佐久甲州街道(国道141号)でつながっていることを考えると、似たタイプの拝殿があるのも頷けます。

 

日吉神社の神楽殿

向かって右手には、拝殿と通路でつながった神楽殿があります。

拝殿とつながった神楽殿は、山梨県ではよく見ますが長野県ではほぼ見かけません。

神楽殿は鉄板葺の入母屋。垂木は二軒(ふたのき)の繁垂木、1間四方で柱は角柱、全方向が吹き放ち。頭貫の周辺には、蟇股(かえるまた)や木鼻などの意匠が確認できます。

 

本殿

日吉神社本殿

拝殿を兼ねた覆い屋の内部には、本殿が鎮座しています。

本殿はこけら葺の一間社流造(いっけんしゃ ながれづくり)。赤を基調とした配色ですが退色が目立ちます。

造営年代は不明。各所の彫刻の技法や作風から推測するに、江戸中期以降のものでしょう。

祭神は大国主、オオヤマツミ、スクナビコナの3柱(境内入口の案内板より)。

 

日吉神社本殿の向拝柱

写真中央で軒先を支える向拝柱は、C面(45度の面取り)が取られた角柱。側面には象が彫刻された木鼻がついています。

右端に見切れている蟇股(かえるまた)には、鳳凰と思しき鳥が彫刻されていました。

 

日吉神社本殿の海老虹梁

向拝柱と母屋柱は、湾曲した海老虹梁(えびこうりょう)でつながれています。向拝側、母屋側ともに組物の高さから出ています。

海老虹梁には牡丹が彫刻されてはいますが、そこまで立体的な造形ではありません。

 

日吉神社本殿の母屋

母屋の正面は板戸になっており、その両脇には竹が彫刻されています。

貫と長押の上に掲げられた扁額は退色がひどいですが、辛うじて「日吉神社」と判読できました。こちらの「よし」は通常の字体。

 

縁側は正面と左右の計3面にまわされています。壁面と直交に床板を張った切目縁(きれめえん)で、欄干はタマネギのような擬宝珠が付いています。

 

日吉神社本殿の左側面

縁側の終端をふさぐ脇障子には、彫刻があります。こちらは「竹に虎」でしょう。

壁面には額が立てかけられており、一方は剣がおさめられたもの、もう一方は「日吉神社」と書かれたものでした。

 

日吉神社本殿の右側面

反対側、右側面の脇障子は「牡丹に唐獅子」。

 

日吉神社本殿の欄間

頭貫の上に配置された蟇股にはスズメと思しき彫刻。木鼻は拳鼻。

柱の上では二手先の組物によって梁が持出しされており、その梁には波の意匠と彩色があります。

 

日吉神社本殿の妻壁

妻飾りは、赤い角材を山形に組んだ豕扠首(いのこさす)。豕扠首の内と外には波の意匠が彫られています。

たいていの神社本殿は妻壁には笈形(おいがた)のついた大瓶束(たいへいづか)を使い、山梨県西部だと笈形だけを使うことが多いですが、この本殿はそのどちらでもない例。豕扠首はどちらかと言うと古風で地味な意匠だと思うのですが、このような派手な装飾を添えて使っている例は初めて見たのでちょっと感心しました。

 

日吉神社本殿の背面床下

背面の床下を見ると、円柱であるはずの母屋柱が八角柱になっていました。これは室町以降の神社本殿では定番の手抜き工作。

 

日吉神社本殿の背面軒下

背面の軒下の意匠は、側面とほぼ同じ。

山梨県の神社本殿は詰組(柱間に置く組物のこと)を使った例が多々ありますが、この本殿では使われていません。

 

以上、日吉神社(高根町)でした。

(訪問日2020/02/23)

寺社索引

山梨県

長野県

その他の都道府県

寺社建築の楽しみかた

・用語集 ( / / / た・な / / ま・や・ら・わ)

寺社の基礎知識

その他コンテンツ

近現代の建築 ・博物館

自転車(輪行) ・駅そば ・参考書籍

新着記事