世をひねる

甲信地方の寺院・神社建築を語る雑記。

【大月市】春日神社(猿橋町)

今回は山梨県大月市猿橋町(さるはしまち)の春日神社(かすが-)について。

 

春日神社(猿橋町)は大月市街の南東部の集落に鎮座しています。

小規模な神社なので由緒不明、社殿の造営年も不明。本殿についてはありきたりな流造ですが、独特の意匠や甲州らしい作風が見られ、市内にある神社本殿の中でもやや古風な造りとなっています。

 

現地情報

所在地 〒409-0612山梨県大月市猿橋町藤崎1521(地図)
アクセス

鳥沢駅から徒歩30分

大月ICから車で15分

駐車場 10台(無料)
営業時間 随時
入場料 無料
社務所 なし
公式サイト なし
所要時間 10分程度

 

境内

鳥居と拝殿

春日神社の鳥居

春日神社の境内入口は南東向き。

入口の鳥居は両部鳥居で、柱と貫は黒、島木と笠木は赤で塗り分けられているのが特徴的。扁額は「春日大明神」。

 

春日神社の拝殿

拝殿は鉄板葺の入母屋(平入)。

特にこれといった意匠はないですが、紙垂(白い稲妻型の紙)がかかった虹梁だけは赤く塗装されています。

春日大社の紋は「下がり藤」ですが、この拝殿の大棟には「三つ巴」が描かれていました。

 

ガラス戸には手書きの案内板(設置者不明)が張られており、それによると由緒は下記のとおり。

創立不詳なれど弘治三年(西暦1557年)九月十八日 大膳太夫源信濃守晴信公より息女、北條氏政の妻 安産祈願の為 七斗二升五合を社領として賜る

補足しておくと、ここで言っている大膳太夫源信濃守晴信(だいぜんのだいぶ みなもとの しなののかみ はるのぶ)というのは源晴信もとい武田信玄のことです。

 

本殿

春日神社本殿

拝殿の裏には本殿が鎮座しています。

本殿は鉄板葺の一間社流造(いっけんしゃ ながれづくり)。

造営年代は不明。やや古風な造りをしているので判断が難しいですが、少なくとも江戸期以降のものでしょう。

拝殿の案内板によると、祭神はタケミカヅチや天児屋命(あめのこやねのみこと)などの4柱で、春日大社と同様です。

 

春日神社本殿の向拝

向拝の右端。

まず目につくのは向拝柱の正面側にある唐獅子の木鼻。ほぼ白木ですが目や口だけ塗装されており、なかなか強烈な顔つき。

向拝柱の側面、唐獅子のとなりの木鼻は象のようなシルエットのもの。断面が赤く塗装されています。

向拝柱は几帳面取りで、柱の上の組物はシンプルな出三斗(でみつど)。虹梁の中備えは蟇股(かえるまた)。

 

春日神社本殿の向拝右側面

右側面から見た向拝。

屋根の側面についた破風板(はふいた)には、牡丹の意匠の桁隠しがつけられています。屋根裏の垂木は赤く塗装されており、三重になった三軒(みのき)で、いちばん軒先に近い飛檐垂木(ひえんだるき)だけは鼻先が黒くなっています。

 

向拝の角柱と母屋の黒い円柱をつなぐのは海老虹梁(えびこうりょう)。その写真左上で垂木を受けている手挟(たばさみ)は平面的な造形で、三つ葉のような形状でくり抜かれているのが独特。

 

春日神社本殿の妻壁

右側面の妻壁。

組物は柱の上にだけ配置するのが普通ですが、貫の上の柱間にも組物が置かれています(詰組)。山梨県、とくに郡内にある本殿は、神社であるのに詰組を使った例をしばしば見かけます。

組物は一手先の出組で、構造そのものはシンプル。出組で持出しされた梁の上では、笈形(おいがた)付きの赤い大瓶束が斗(ます)を介して棟を受けています。大瓶束の下についた黒い結綿(ゆいわた)はホタテの貝殻のような意匠になっていて、独特です。

 

春日神社本殿の床下

右側面の縁側と床下。

縁側は正面と前後の計3面で、背面側には脇障子が立てられています。脇障子に彫刻などはありません。

縁側の床はおそらくくれ縁、欄干は赤い擬宝珠付き。床下は木鼻付きの黒い組物で受けられています。

母屋の柱を観察すると「床上は円柱、床下は八角柱」という定番の手抜き工作がありました。

 

ちょっと変わっていると感じたのが床下の長押(なげし)向拝柱の下あたりから母屋背面の柱までを1本でカバーしており、この規模の本殿に使う長押にしては異様に長いです。

この部分に長押を打つなら、長押を2つ用意して「1本は母屋、もう1本は階段の下」とするのが普通と思います。

 

春日神社本殿の背面

背面。さすがにこちらの垂木は二重です。

詰組が使われているのは側面と同様。黒い貫には雲状の木鼻がつけられています。

 

春日神社本殿の棟

最後に左側面の大棟。

大棟の鬼板には、山梨県の神社のご多分に漏れず鬼の面が取り付けられています。

この本殿は全体的に赤を基調としていますが、懸魚(げぎょ)がついた破風板は赤地に黒いラインが通っていて、良いアクセントになっています。

全体的に見て、各所のこまごまとした意匠が凝っているおかげで、流造というありきたりな様式でありながらしっかりと個性を打ち出せていると思います。

 

以上、春日神社(猿橋町)でした。

(訪問日2020/01/24)

寺社索引

山梨県

長野県

その他の都道府県

用語集

・用語集 ( / / / た・な / / ま・や・ら・わ)

寺社の基礎知識

その他コンテンツ

近現代の建築 ・博物館

自転車(輪行) ・駅そば ・参考書籍

新着記事