世をひねる

甲信地方の寺院・神社建築を語る雑記。

【北杜市】穂見諏訪十五所神社 ~あまりにも惜しすぎる案内板~

今回は山梨県北杜市の穂見諏訪十五所神社(ほみ すわ じゅうごしょ-)について。

 

穂見諏訪十五所神社は長坂町の住宅地の山際に鎮座しています。

蓮池のある独特な参道のほか、江戸中期に造られたという中規模の本殿を見ることができ、小粒ながら良質な見どころが多数ある境内となっています。

 

現地情報

所在地 〒408-0021山梨県北杜市長坂町長坂上条1461(地図)
アクセス

長坂駅から徒歩15分

長坂ICから車で10分

駐車場 10台(無料)
営業時間 随時
入場料 無料
社務所 あり(要予約)
公式サイト なし
所要時間 10分程度

 

境内

参道

穂見諏訪十五所神社の境内入口

穂見諏訪十五所神社の境内は南向きで、入口にはやや背の低い石鳥居が立っています。

社号標には「郷社 穂見 諏訪 十五所 神社」。鳥居の扁額には「正一位 穂見大明神 諏方大明神 十五■(※1字判読不能)大明神」とありました。

 

穂見諏訪十五所神社の端と門

鳥居の先にはコンクリートの橋と随神門があります。橋の下は蓮池なのですが、訪問時は水が抜かれていました。

随神門は鉄板葺の切妻(平入)。正面1間・側面2間・背面3間で、正面側は壁のない吹き放ちとなっています。柱は角柱。

 

穂見諏訪十五所神社の丸石神と案内板

随神門をくぐると、左手には本殿についての案内板と、甲州名物・丸石神があります。

案内板はいろいろとツッコミどころのある代物なのですが、それについては本殿の項で後述します。

 

穂見諏訪十五所神社のケヤキ

参道の右側には長坂町(現 北杜市)天然記念物の大ケヤキと、手水舎(右端に見切れています)があります。

大ケヤキは夫婦ケヤキとも呼ばれていたようですが、ご覧のように半ば枯れかけの状態となっています。

 

穂見諏訪十五所神社の拝殿

拝殿は鉄板葺の入母屋(平入)、向拝1間。柱はいずれも角柱。

向拝にはしめ縄がかけられており、中央が太くて両端が細い形状は、諏訪大社下社の神楽殿にかけられているしめ縄とよく似ています。

 

 

穂見諏訪十五所神社の神楽殿

拝殿の左側には橋でつながった神楽殿があります。

神楽殿は鉄板葺の入母屋(平入?)で、正面・側面ともに1間。柱は角柱。

 

本殿

神社へ行くと、拝殿で礼拝だけ済ませて本殿は見ないで帰ってしまう人が少なくないですが、この穂見諏訪十五所神社の本殿への道はかなりわかりにくいです。

穂見諏訪十五所神社の回廊

まずは拝殿と社務所をつなぐ回廊の下をくぐります

 

穂見諏訪十五所神社の拝殿の裏

拝殿の裏手へ出てブロック塀に沿って進むと、ほとんど用をなしていないトマソンみたいな扉のついた階段があり、この先に本殿があります

入ってはいけないような雰囲気がしないでもないですが、扉に錠前などのロックはかかっておらず手動で開けられたので、入って良いものだと解釈させていただきました。

ご覧のとおり開けるまでもない扉なので、皆様は脇からよけるなり上をまたぐなりして突破するといいでしょう

 

穂見諏訪十五所神社の本殿

階段を登った先には、金網の覆いがかかった本殿が鎮座しています。

本殿は銅板葺の三間社流造(さんけんしゃ ながれづくり)で正面3間・側面2間、向拝1間。母屋は円柱、向拝は角柱。

 

祭神については案内板に解説がないですが、社名から推測するにウカノミタマ(倉稲魂命)、タケミナカタ、そしてタケミナカタの御子神たち(あるいはスサノオ?)といったところでしょう。

「穂見諏訪十五所」という社名からして、穂見が先頭にきているあたりウカノミタマがメインのように感じられますが、本殿の正面にある3枚の扉のどれがどの神に対応しているのかは不明。

 

穂見諏訪十五所神社の本殿の正面右側

正面右側からの図。

階段を覆う庇を支える柱(向拝柱)は、面取りされた角柱

向拝柱をつなぐ梁の上には組物と彫刻のある蟇股(かえるまた)が、梁の両端には象の彫刻の木鼻が配置されています。

 

穂見諏訪十五所神社の本殿右側面の妻壁

右側面の妻壁。

丸柱の上には平三斗(ひらみつど)というタイプの組物があり、組物で持ち出された梁の上では大瓶束(たいへいづか)が棟を受けています。

また、柱と柱をつなぐ貫の上には蟇股、その上には支輪も見えます。

 

穂見諏訪十五所神社の本殿右側面の縁側

右側面の縁側。

縁側は正面と左右側面に巡らされています。欄干はやや傷みが目立ちます。

縁側の終端に立てられた脇障子には波と思われる彫刻が配置されており、退色が進んでいるものの派手に彩色されています。

 

穂見諏訪十五所神社の本殿背面

背面。

柱をよく見ると「床上は円柱だが床下は八角柱」という手抜きがなされています。

こちら側は日が当たらないからなのかほとんど傷みがなく、木材がきれいな状態です。

 

建造年代については、案内板(長坂町教育委員会)によると“江戸中期のものと推定”とのこと

全体的に見て、彫刻の量はうるさくならない適度なバランス。江戸期の神社本殿は、後期のものほど彫刻が多くて派手になる傾向があるので、江戸中期という推定は妥当ではないでしょうか。

 

案内板の解説へのツッコミ

最後に、案内板(長坂町教育委員会)を一部抜粋して掲載したいと思います。

案内板では本殿の建築様式について詳細かつ厳密に述べられているのですが、ツッコミどころが散見されます。

拝殿の裏山、中腹に南面して建てられた本殿は、桁(けた)行3.12m、梁(はり)間1.9mの三間社(さんましゃ)流れ造りで、正面の向拝(こうはい)は一間(ま)となっている。

※中略

三方に擬宝珠(ぎほうじゅ)高欄(こうらん)つきの縁をめぐらし、両側の後端に脇障子をたてる。

※中略

向拝の前には浜床を備え、正面に登り高欄つきの木階(もっかい)五段を設ける。

この建物は様式・手法・彫刻の意匠から江戸中期の再興と推定され、当町では最古に属する貴重な文化財である。

上記の引用のかっこの中のふりがなは、案内板のルビをママで記したもの。強調は引用者によるものです。

 

当ブログにわざわざお越しいただくほどの方々ならすぐ解ると思いますが、各種の用語に振られているルビがかなりあやしいです...

  • 三間社(さんましゃ) →正:さんけんしゃ、さんげんしゃ
  • 擬宝珠(ぎほうじゅ) →正:ぎぼし、ぎぼうしゅ
  • 木階(もっかい)        →正:きざはし

といった感じで、ざっと見ただけで3つもまちがいがありました。

また、中略しましたが、両開き(もろひらき)みたいな変な読みかたや、大瓶束(たいへいか)みたいに完全なまちがいではないものの濁点が足りていなかったりと、他にもルビにあやしい箇所がたくさんあります。

 

案内板の内容は、本殿の建築様式について事実を淡々と述べ、推測ははっきりと分別して書いている点がとても良かったのですが、それだけに妙なルビが惜しまれます...

私の勝手な想像になりますが、この案内板は文章を書いた人とルビを振った人が別なのではないでしょうか。

案内板へのツッコミは以上。

 

境内については雰囲気も良く、建築的な見どころも充分にあります。また、交通の便の良い場所にあり、この点でもおすすめできる神社です。

 

以上、穂見諏訪十五所神社でした。

(訪問日2019/12/17)

寺社索引

山梨県

長野県

その他の都道府県

用語集

・用語集 ( / / / た・な / / ま・や・ら・わ)

寺社の基礎知識

その他コンテンツ

近現代の建築 ・博物館

自転車(輪行) ・駅そば ・参考書籍

新着記事