世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【高山市】櫻山八幡宮 ほか ~高山市街の小ネタ特集~

今回は岐阜県の観光地ということで、櫻山八幡宮(さくらやま はちまんぐう)など高山市街の小ネタについて。

 

櫻山八幡宮は、高山の市街地の北西の山際に鎮座しています。

市内の観光の中心地である高山陣屋からは1キロメートルほどの距離があるものの、ここまで足を運ぶ観光客は多く、神社としては賑やかな境内になっています。

ほか、小ネタとして櫻山八幡宮から近い、大雄寺(だいおうじ)と東山白山神社(ひがしやまはくさん-)についても紹介いたします。

 

 

櫻山八幡宮

〒506-0858岐阜県高山市桜町178(地図)

参道

f:id:hineriman:20190929101507j:plain
櫻山八幡宮の参道は南向きに伸びています。

白い大鳥居が、バックの山と空に映えます。扁額はありません。

 

f:id:hineriman:20190929101522j:plain

参道を進んで境内に入ると、屋根のついた木製の二の鳥居があります。扁額は「櫻山八幡宮」。

 

f:id:hineriman:20190929101612j:plain
二の鳥居の先には、一段高くなった場所に門があり、門をくぐると拝殿があります。

左に見切れている屋根は、手水舎です。

 

f:id:hineriman:20190929101628j:plain
手水舎は、柱が12本もある豪華な造り。屋根の妻側の破風板(はふいた)も豪快です。

市内の定番の観光コースのだけあって、絶えず水が出ており、よく手入れされています。

 

境内社

f:id:hineriman:20190929101653j:plain

門の先には、拝殿の他にも多数の境内社が鎮座しています。

上の写真は、「末社 照前神社」。歯の神とのこと。

様式はありきたりな流造(ながれづくり)なのですが、普通の神社本殿とはちがう、独特のバランスで造られています。

具体的に言うと、正面の向拝の角柱の位置が後ろすぎたり、正面側しかない縁側にご丁寧に高欄(手すり)がついていたり、母屋の長押の位置が低かったり、母屋に対して屋根の小屋組が後ろにずれ気味だったり、いろいろとツッコミどころが多くて楽しい造りです。

 

f:id:hineriman:20190929101714j:plain

こちらは筆塚。たいていは寺子屋の跡地や寺院に置かれるものですが、神社に置かれることも決して珍しくはありません。

「筆塚」と彫られた字のところがなぜか墨で塗りつぶされており、隣には筆を収めるトレーが置かれています。

欧米人の観光客が供養前の筆を手に取り、物珍しそうに眺めて居りました。

 

f:id:hineriman:20190929101735j:plain

こちらは境内の端にある「末社 琴平神社」。

妻入の切妻で、正面に庇がついています。

一見すると春日造(かすがづくり)っぽいですが、妻入の屋根と唐破風の庇が一体化していないので、春日造とは言えません。そして母屋は前方が吹き放ちになっており、まるで仏堂のような雰囲気。

寺院とも神社ともつかない不思議な造りをしています。

 

拝殿と本殿

f:id:hineriman:20190929101802j:plain
拝殿は銅板葺の入母屋(平入)。正面に千鳥破風(ちどりはふ)と、軒唐破風(のき からはふ)付きの向拝3間がついています。

 

f:id:hineriman:20190929101816j:plain

唐破風部分のアップ。

蟇股や組物、懸魚の側面が白く塗装されています。飛騨国分寺の三重塔もこんな風に塗り分けられていたのですが、これは飛騨地方の寺社建築の特色なのでしょうか?

 

f:id:hineriman:20190929101841j:plain

拝殿の側面。

向こうには銅板葺の本殿がのぞいて見えますが、拝殿の裏にまわりこむことはできず。

本殿の様式は、たぶん三間社流造(さんけんしゃ ながれづくり)。近づいて見ることができないのが残念です。

 

以上、櫻山八幡宮でした。

 

大雄寺

〒506-0855岐阜県高山市愛宕町67(地図)

f:id:hineriman:20190929102114j:plain

f:id:hineriman:20190929102129j:plain

上の写真は、櫻山八幡宮から山際を数百メートルほど南下した場所にある、大雄寺の山門です。県指定重要文化財とのこと。

山門として規模が大きく、見栄えがします。扁額は「東林山」。

1階部分には、どことなく愛嬌ある造形をした仁王像が安置されています。

 

山門は正面3間・側面2間で、柱はいずれも円柱。屋根は入母屋(平入)で、1階の垂木は少し密度が低くなっています。

前述の櫻山八幡宮の拝殿のように、組物の側面が白く塗装されています。

 

案内板によると、この山門の木材はカツラ、クリ、マツを、それぞれの特性を生かして配置しているとのこと。

余談になりますが、寺社建築の木材はたいていヒノキ、ケヤキ、スギがメインです。そして、傾向としてクリやケヤキは湿気に強く、強度もあります。

 

f:id:hineriman:20190929102210j:plain

こちらは山門のすぐ隣にある仏堂。

屋根が二重になっていますが、柱の位置や垂木の密度から見るに、下の屋根は裳階(もこし)っぽい雰囲気。

f:id:hineriman:20190929102223j:plain
しかし側面から見ると、こんな風になっています。六角形の建物の下部に、長方形の建物がついた感じです。

なぜこんな構造になったのか、これは何に使う仏堂なのかは謎。

 

以上、大雄寺でした。

 

東山白山神社

〒506-0854岐阜県高山市若達町1-1-74(地図)

f:id:hineriman:20190929102349j:plain
東山白山神社の参道は、上述の大雄寺の境内のすぐ近くにあります。

案内板に従って細道を登って行くと、入口の鳥居があります。

 

f:id:hineriman:20190929102401j:plain
二の鳥居。こちらは円い棒材で構成された神明鳥居。

 

f:id:hineriman:20190929102419j:plain
そしてこちらが東山白山神社のいちばんの見どころ、狛犬です。

首と胴がほとんど一体化しており、耳が垂れていて、すごくデフォルメ的な造形です。

f:id:hineriman:20190929102441j:plain

正面から見たご尊顔。

いちおう言っておきますが、狛犬です。

 

f:id:hineriman:20190929102458j:plain

左側の狛犬。誰かが数珠を置いて行っています。

 

f:id:hineriman:20190929102525j:plain
拝殿は銅板葺の入母屋(平入)。

案内板によると、東山白山神社は高山市でもっとも古い神社とのこと。

また、「屋根の優美さ」が特徴のようで、たしかに隅の反りが良い感じです。とはいえ、現代的な銅板葺では、曲線の美しさも半減、と思ってしまうのは私だけではないはず...

本殿については、覆い屋の中にあって見えませんでした。

 

以上、東山白山神社でした。

(訪問日2019/08/31)