世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【筑北村】刈谷沢神明宮 ~私選・信州最恐スポット(※心霊要素はありません)~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、筑北村の刈谷沢神明宮(かりやさわ しんめいぐう)について。

 

刈谷沢神明宮は、国道403号線を折れた先にある集落の奥に鎮座しています。古来よりこの近辺の地域は伊勢に神饌(農産物や山の幸)を献上していたため、伊勢神宮領の神社にのみ建立が許された神明造の社殿が現存しています。

 

 

現地情報

・所在地:

 〒399-7601

 長野県東筑摩郡筑北村坂北刈谷沢239

・アクセス:

 坂北駅または西条駅から徒歩40分程度

 麻績ICから車で15分程度

・駐車場:5台程度(無料)

・営業時間:随時

・入場料:無料

・社務所:あり(要予約)

・滞在時間:15分程度

 

境内

境内入口

f:id:hineriman:20190821121545j:plain

国道403号を折れて刈谷沢の集落に入ると、道を覆う大鳥居が立っています。

前後に短い柱(稚児柱という)がついた両部鳥居という様式なのですが、笠木に反りが付いていない神明鳥居になっているのが特徴的です。

両部鳥居かつ神明鳥居」というのは初めて見たかも。

境内は、ここから1kmくらい奥の篠ノ井線の踏切を渡った先にあります。

 

参道

f:id:hineriman:20190821121618j:plain

集落と踏切を過ぎて山道に入ると、道沿いに境内があります。

こちらの鳥居は、側柱のない標準的な神明鳥居です。扁額には「刈谷沢神明宮」と現代的なフォントで書かれていました。

写真左に映っているのが手水(だったもの)ですが、水は出ていませんでした。

 

f:id:hineriman:20190821121639j:plain

参道や境内はあまり人が歩かないからなのか、コケが茂っています。

 

f:id:hineriman:20190821121651j:plain

四脚門(?)。四脚門といったら、6本ある柱のうち中央の2本は円柱になっているのが相場なのですが、この門はすべて角柱です。しかも、屋根は妻入。

私の知っている四脚門とは何もかもがちがうので、本当に四脚門なのか確信が持てません...

 

舞台と神楽殿

f:id:hineriman:20190821121714j:plain

舞台は鉄板葺の寄棟。正面6間・奥行4間で、正面の梁間には柱がありません。

 

f:id:hineriman:20190821121725j:plain

なお、舞台は背面から見ると写真のようになっており、懸造(かけづくり)みたいな構造になっています。

床下の梁は曲がっている上、梁の上と下で柱の数が合っておらず、なんだか不安になって来てしまう構造をしています...

 

f:id:hineriman:20190821121737j:plain

舞台と向かい合うように神楽殿(と思しきもの)がありますが、なぜか2階建て。

この配置からして、舞台で能が演じられているとき、見物席としての役割も果たしたのかもしれません。

 

拝殿

f:id:hineriman:20190821121813j:plain

f:id:hineriman:20190821121826j:plain
拝殿は銅板葺の切妻(平入)。

梁の上や木鼻には、なんとなく諏訪の立川流っぽい龍と獅子の彫刻が配されています。

 

f:id:hineriman:20190821121843j:plain

訪問時は朝(08:00頃)で人気がなく、境内は苔むした土に巨木が散在しており深山幽谷の雰囲気を醸しています。そのせいか、無神論者を自負する私でさえ神々しさを感じずにはいられず、この日は連れもなく一人で来ていたので雰囲気に呑まれてしまいそうです。

 

ちなみに、この写真を撮ったあと、賽銭箱の右側面に張り紙を見つけたのですが、そこに「賽銭泥棒は見つけ次第 腕を切り落とす」という旨の警句が書かれており、なんだこれは...と困惑。

そして本殿の写真を撮ろうとして写真中央の木の前を通ったところ、木のうろの中にしめ縄といっしょに日本人形が捨てられていて、跳び上がるほどびびりました...

 

このあと、速攻で本殿の写真を撮って退散したので、賽銭箱の張り紙と捨てられた人形の写真を撮る余裕はありませんでした。

これまで寺社巡りをしていて、物理的な危険(崖とか雷とか熊とか)は多々ありましたが、この手の恐怖は初めてだったのでかなり動揺しました。

 

本殿

f:id:hineriman:20190821121915j:plain

拝殿と本殿の間の通路は、切妻の屋根で覆われています。また、普通なら随神門に安置される人形が本殿の縁側に置かれています。

本殿は銅板葺の神明造(しんめいづくり)。正面3間・奥行2間で、神明造としては標準的な構造。案内板(筑北村教育委員会)によると1690年に再建されたものとのこと。

 

f:id:hineriman:20190818191503j:plain

右側面から屋根を見上げた図。

屋根は直線的な切妻(平入)で、垂木は一重。母屋から独立した丸柱(棟持柱という)が大棟を支えており、破風板からは鞭掛(むちかけ)という4本の棒が突き出ています。これらは、いずれも神明造の特徴です。

組物は一切使われておらず、原始的な舟肘木(ふなひじき)が母屋の柱と梁の間にあるだけです。装飾もほとんど見られず、強いて言えば破風板から垂れる懸魚(げぎょ)くらいでしょう。

他の神社の神明造と比較して、この刈谷沢神明宮の本殿は非常に装飾が少なく、シンプルさでは仁科神明宮にも匹敵します。

 

f:id:hineriman:20190821122112j:plain

右側面の縁側と床下。

石の土台の上に柱が立てられており、神明造ですが掘立て柱ではありません

縁側は全面と側面だけで、縁側の終端は脇障子(わきしょうじ)で塞がれています。

 

f:id:hineriman:20190821122140j:plain

最後に背面。

「床上は円柱だが床下は角柱」という江戸期以降の寺社建築に見られる定番の手抜きがなされていますが、背面中央に扉がついているのが気になります。

背面に扉があるのはその先にあるものを拝むためだと思うのですが、ただの山林が広がっているだけで、扉の用途は不明。山林を拝み、山の恵みに感謝していたのでしょうか?

 

境内の解説は以上。

私が今まで巡った寺社の中で2番目に怖かったのがこの刈谷沢神明宮です...(1番は京都市の安井金毘羅宮)

とはいえ、普段は人気がないですが“お田植え祭”のときは見物客で賑わう場所で、決して心霊スポットの類ではありません! 貴重な江戸期以前の神明造を見ることができるので、神社建築好きなら一見の価値ありです。

 

以上、刈谷沢神明宮でした。

(訪問日2019/08/11)