甲信寺社宝鑑

甲信地方の寺院・神社建築を語る雑記。

【諏訪市】八劔神社

今回は長野県諏訪市の八劔神社(やつるぎ-)について。

 

現地情報

所在地 〒392-0024長野県諏訪市小和田13-18(地図)
アクセス 上諏訪駅から徒歩15分
岡谷ICから車で25分
駐車場 なし
営業時間 随時
入場料 無料
社務所 あり(要予約)
公式サイト なし
所要時間 10分程度

 

境内

境内入口

f:id:hineriman:20190611100417j:plain

境内の入口。

案内板には諏訪市無形民俗文化財の“御渡り神事”(みわたりしんじ)の解説がありました。同じく諏訪市文化財の木製狛犬と角力人形(すもう-)、そして武田晴信(信玄)の書状についての解説もありましたが、こちらはいずれも非公開です。

 

f:id:hineriman:20190611100502j:plain

f:id:hineriman:20190611100449j:plain

手水舎と神楽殿。

神楽殿の側面には、上諏訪や高島城の古写真が展示されていました。

 

拝殿

f:id:hineriman:20190611100523j:plain

拝殿は銅板葺の入母屋(平入)。正面は千鳥破風、向唐破風付き。

後述するように、この八劔神社は諏訪大社上社の摂社という位置づけです。とはいえ、立派な拝殿があるあたり、摂社としては破格なほどに厚遇されているように見えます。

 

f:id:hineriman:20190611100555j:plain

向拝の軒下。金網で保護された彫刻は、立川専四郎富種の作。立川和四郎(2代目)の次男です。

 

f:id:hineriman:20190611100605j:plain

拝殿を斜め後ろから見た図。

後方に切妻の屋根がのびており、屋根がT字状になっています。後方にのびた屋根は“御門屋”(みかどや)と呼ばれ、これは諏訪地域の神社拝殿でたまに見かける構造です。

 

本殿

f:id:hineriman:20190611100616j:plain

拝殿の裏にまわると本殿が2つありますが、こちらは質素な造り。

6年に1度の御柱祭のたびに式年遷宮を行っているようで、解体した本殿はここから徒歩20分くらいの距離にある兒玉石神社に移築しているとのこと。

 

以上、八劔神社でした。

(訪問日2019/05/18)