世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【諏訪市】先宮神社 ~川をまたいで境内へ 橋をはずされた神社~

今回は長野県のマイナー観光地ということで、諏訪市の先宮神社(さきのみや-)について。

 

諏訪地域は中山道と甲州街道が合流する要衝で、古くから旅人で賑わった土地です。現在は国道20号線と142号線に役割を譲っていますが、その街道筋は現在でもある程度残されています。今回は下社秋宮(下諏訪町)から旧甲州街道を自転車で走り、上諏訪へ向かっている途中で見つけた先宮神社を紹介いたします。

 

 

現地情報

・所在地:

 〒392-0001
 長野県諏訪市大和3丁目18

・アクセス:

 上諏訪駅から徒歩15分程度

 岡谷ICから国道20号線で20分程度

・駐車場:なし

・営業時間:随時

・入場料:無料

・社務所:なし

・滞在時間:5分程度

 

境内

境内入口

f:id:hineriman:20190606123607j:plain

旧甲州街道に乗って下社秋宮を出発し、諏訪市に入ると、石の瑞垣に囲われた神社がありました。現在では先宮神社(さきのみや-)という呼び名になっていますが、資料や時代によっては鷺宮(さぎのみや)とも呼ばれるらしいです。

f:id:hineriman:20190606123615j:plain

さっそく境内に入ろうとすると、境内の前には幅30cmくらいの水路が通っていました。橋やフタはありません。

なんだこれ...と怪訝に思いつつ水路をまたいで境内に入りましたが、ここに橋がかかっていないのには理由があるようです。

 

案内板によると、先宮神社に祀られた土着の神「高光姫命(たかてるひめのみこと)」はタケミナカタに抵抗したものの屈服させられ、境内の外に出ることを禁じられたため、今でも入口の小川(水路)に橋をかけない、とのこと。

「国譲り」でタケミナカタに抵抗したとされる土着神は、洩矢神のほかに手長・足長が居ますが、まだほかにも居たとは知りませんでした。

あと「国譲り」では、タケミナカタが力比べに敗れて諏訪に敗走したとき「ここから出ないから許してくれ」という旨の命乞いをするくだりがありますが、それとなんとなく似通ったところがありますね。

 

手水舎

f:id:hineriman:20190606123627j:plain

手水舎。このあたりは水源が豊富なので、ちゃんと水が出ています。

f:id:hineriman:20190606123638j:plain

手水舎の虹梁と蟇股。曲線的で柔らかい造形です。

 

拝殿

f:id:hineriman:20190606123647j:plain

拝殿と御神木。境内が小さいので、狭い場所にいろいろと密集しています。

 

本殿

f:id:hineriman:20190606123657j:plain

拝殿の右手から裏へ周りこむと本殿があります。標準的な一間社流造(いっけんしゃ ながれづくり)。

屋根は銅板葺き。柱は丸柱です。

f:id:hineriman:20190606123705j:plain

妻の下の懸魚(げぎょ)にはウサギの彫刻が施されていました。

懸魚のほか、梁や欄間の彫刻や組物など、小さいながらも手が込んでいます。

 

以上、先宮神社でした。

(訪問日2019/06/18)

 

近辺の観光地

www.hineriman.work

www.hineriman.work