甲信寺社宝鑑

甲信地方の寺院・神社建築を語る雑記。

【甲州市】景徳院

今回は山梨県甲州市の景徳院(けいとくいん)について。

 

別名は田野寺。

景徳院は笹子峠(甲府盆地と大月の間にある峠)に程近い場所にあり、甲斐国を治めた大大名・武田氏が滅亡した地として知られています。

 

現地情報

所在地 〒409-1202山梨県甲州市大和町田野389(地図)
アクセス 甲斐大和駅から徒歩40分
勝沼ICから車で20分
駐車場 30台(無料)
営業時間 随時
入場料 無料
寺務所 あり(要予約)
公式サイト なし
所要時間 20分程度

 

境内

f:id:hineriman:20190508121323j:plain

こちらが景徳院の入口。

境内の近くを流れる日川(にっかわ)には“三日血川”(みっかちがわ)という物騒な別名があります。武田勝頼が絶望的な退却戦を続ける中、一騎当千の働きで追手を食い止めた忠臣の伝説が残されています。

 

f:id:hineriman:20190508121353j:plain

山門(仁王門)。景徳院はたびたび火災に見舞われたようですが、この山門だけは焼失を免れていて、開基された安土桃山時代から残っているとのこと。

 

f:id:hineriman:20190508121416j:plain

f:id:hineriman:20190508121426j:plain

甲将殿。その裏には勝頼らの墓。中央が勝頼、左は子の勝信、右は継室の北条夫人。

当寺の院号「景徳院」は、武田勝頼の戒名です。

 

f:id:hineriman:20190508121447j:plain

本堂は何度も焼失しているため、さほど古いものではありません。

f:id:hineriman:20190508121457j:plain

本堂の向かって左側にある松の木は“旗竪松”(はたたてのまつ)と呼ばれていたはずなのですが、切り株だけが残されていました。

 

以上、景徳院でした。

(訪問日2019/04/27)