世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【ポケモンLPLE】買物・ポケセン禁止縛り攻略 part1 オープニングと相棒厳選

今回からポケットモンスターLet’s Go! ピカチュウ/イーブイ(LPLE、ピカブイ)の「買物・ポケモンセンター禁止縛り攻略」をやって行きます。

f:id:hineriman:20190319122208j:plain

前回:【ポケモンLPLE】買物・ポケセン禁止縛り攻略 part0 ゲーム開始前 - 世をひねる

 オープニング

f:id:hineriman:20190319122226j:plain

オープニングは、リアル調な作画の部屋に置かれたテレビ画面からイーブイが飛び出してくる演出で始まります。

この部屋って、家具の形状や配置が主人公の自室とほぼ一致しているのですよね。違っている所といったら、右奥の階段がないことくらいです。

f:id:hineriman:20190319122238j:plain

そして作画が切り替わって、主人公が登場。名前は“ねり

主人公の名前は、ハンドルネームの“ひねりまん”だと女の子っぽくないので、“ねり”にしました。私の尊敬する作家・安部公房にちなんだネーミングで御座います。

意味深な様子でじっと手を見ていますが、これは何を意味するのでしょうか? この辺は特に複線回収とかもないので、プレイヤーの想像にお任せ、といった感じなのでしょう。

 

f:id:hineriman:20190319122251j:plain

ライバル登場。名前は“さとる”。

「フシギソウな顔」...? フシギダネな顔といったら上原亜衣さんですが、女の子をフシギソウ呼ばわりするのはちょっと失礼だと思います。

ライバルの名前は、“さとる”にしました。縛り攻略というのは自分自身との戦いでもあるわけで、打ち克つべき存在ということで私の本名から取ってきました。

 

f:id:hineriman:20190319122303j:plain

このパソコンは初代やリメイク(FRLG)だとキズぐすりが1個あったのですが、残念ながら今作では無くなっています。

それはともかく、壁のポスターやカレンダーの絵など、初代をプレイした人なら分かるであろうネタがあるあたり、主人公はこう見えてかなり古参のプレイヤーのようです。

そして据え置き型のPCを机においているあたり、コード解析とかTASとかを熱心にやっている可能性がありますね。初代ポケモンのバグは、私も大好物です。

 

f:id:hineriman:20190319122317j:plain

マサラタウン町内は特にやることもないので、研究所に行ったさとるを放置して、さっさと1番道路に行きましょう。

1番道路では、オーキド博士がポッポに囲まれて立っています。これがオダマキ博士やほしぐもちゃんだったら袋叩きにされていたことでしょう。流石はポケモン研究の権威・オーキド博士!

 

f:id:hineriman:20190319122333j:plain

イーブイ登場。名前は“きりまる”。

買物禁止縛りの相棒であり、金目の物は見逃さないので、忍たま乱太郎から命名。

これ以降、捕獲したポケモンの使用を禁止するので、当分は相棒のきりまる単騎で戦うことになります。能力値の多寡がゲーム進行に影響するかもしれないので、相棒の性格は厳選します。

 

相棒の厳選

相棒の性別はゲーム開始時に決まるようで、1番道路の前でレポートして厳選すると性別が固定されています。よって、相棒の性別にこだわりがある場合は、ソフトを初期化してオープニングからのリセットマラソンになります。

相棒の性格については、ボールを投げて捕獲したところで決まるようで、性格を厳選したいなら1番道路の前でレポートしておくと良いでしょう。狙い目の性格は、物理型ならようき、特殊型ならおくびょう、両刀型ならせっかち又はうっかりやといったところ。

 

なお、今回は♂のイーブイが欲しかったのですが、何度リセットしても♀しか出なかったため上記の仕様に気づきました。イーブイって8体中7体は♂のはずなのに、♀ばかり出るのは仕様でもないとおかしいですからね...

逆に言えば、ポケモンLEでは、希少な♀のイーブイを性格厳選したうえで相棒にすることも容易というわけですね。

 

f:id:hineriman:20190319122405j:plain

私の下調べ不足が祟って厳選に1時間くらいかかりましたが、いちばん欲しかった性格・おくびょうの個体を出せました。これが出たときはリアルにガッツポーズして画像を撮り忘れていたので、画像はつい今撮ってきたもので、だいぶレベルが上がってしまっています。

おくびょうは、S(すばやさ)が上昇してA(こうげき)が下降する性格で、速攻型の特殊アタッカーに採用されることが多いです。序盤は物理技で戦うことになるのでA下降は良くないように思えますが、相棒イーブイは種族値が高く設定されているので、相手が弱い序盤ならごり押ししきれます。中盤以降は特殊技に切り替えて行きますが、“めらめらバーン”や“すくすくボンバー”など追加効果だけでも強力な技があるので、終盤でも物理技は補助的に使う予定。

個性は“暴れるのが好き”ですが、きりまるという名前を考えると“物音に敏感”とかがよかったかな... とはいえ、きりまるには序盤から単騎特攻で大暴れしてもらうので、これでいいでしょう。

 

(part2に続く)

次回:【ポケモンLPLE】買物・ポケセン禁止縛り攻略 part2 トキワシティのおつかい、VSライバル - 世をひねる