世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【渋川市】法水寺 ~伊香保に現れた謎の巨大寺院~

今回は群馬県のマイナー観光名所ということで法水寺(ほうすいじ)について。

 

このお寺は渋川を観光しているときに偶然見つけて立ち寄りました。水澤寺から榛名神社へ向かっている途中の道沿いに、異様に大きな建物を見かけ、運転中にもかかわらず目が釘付けになってしまいました。
 

 

一目見たとたん「これあかんやつや!」と、大阪とは縁もゆかりもない私がエセ関西弁で独り言を漏らしてしまうほどに“アレ”なものを察知しました。

そういうわけで車をUターンさせて謎の巨大寺院を見に行ってみることにしました。

 法水寺へのアクセスは佛山法水寺バス停が最寄りです。

巨大な境内にあわせて駐車場も非常に広くなっています。しかし、私が訪問したときは誰も参拝者がいなかったので、参道入口の間近にある駐車スペースに車をとめました。

 

f:id:hineriman:20190312080834j:plain

参道の入口。遠くには門。

笑みを浮かべたふくよかな仏様がお出迎えしてくれます。体型からして布袋(ほてい)っぽいですが、私の知っている布袋像とはなんとなく違うような...? 違和感を払拭しきれないですが、いちおう布袋ということにしておきましょうか...

布袋像の周囲は造花で飾りたてられていて冬枯れの野原とは対照的ですが、台座がコンクリ打ちっぱなしなのはちょっと勿体ないですね。とはいえ、このお寺はまだ未完成の感もあるので、ここは今後に期待といったところでしょうか。

 

f:id:hineriman:20190312080848j:plain

階段を上った先は、扉のない門。

階段が思ったより長くてちょっと疲れますが、参道の真ん中には一定の間隔で置かれている石像を鑑賞しながら登ると良いでしょう。石像はデフォルメ的な頭身のお坊さんの像で、1つ1つ持ち物やポーズが異なり、どれも愛嬌のある外見をしています。

 

f:id:hineriman:20190312080903j:plain

門の下から見た本殿(?)。

われわれ日本人が普段から見知ったお寺のイメージとは相容れない建築様式をしています。

うまく言葉にできないですが、ちょっと“アレ”な空気が満ち満ちています。

近隣にある伊香保温泉や水澤寺は、平日にもかかわらずひっきりなしに観光客が行き交っているのに、そうした喧騒が幻のように思えるくらいにこの法水寺は閑散とした静寂に覆われています。

 

お願いすれば拝観もできるようでしたが、他に観光客も居らず、私だけだったので、お願いする勇気が出ませんでした...

ここはまた誰かと一緒に来たときに拝観したいです。

 

f:id:hineriman:20190312080919j:plain

f:id:hineriman:20190312080929j:plain

門の下から望む裾野。上の写真に写っているのは赤城山でしょうか? ちょっと自信がない...

どれが赤城山なのかはともかく、すばらしい眺望であるのは確かです。

旅行前に立てたプランには入れていなかった場所でしたが、恐ろしく広い境内を独り占めできたので寄ってみてよかったかも。旅行というのはこういう予定外の遭遇も楽しみの1つですよね。

 

結局このお寺は何なのか、帰宅後にウェブで調べてみたところ、台湾の宗派の寺院のようです。群馬県の寺社マニアや珍寺好きの間ではわりと有名な場所みたいです。

余談になりますが、Googleで法水寺を検索しようとして、サジェストに“怪しい”が出てきたときは茶を吹き出しそうになりました。解らんでもないけど、それを言ったらお仕舞いだろ...

 

以上、法水寺でした。

(訪問日2019/03/01)

 

関連記事

hineriman.hatenablog.jp

hineriman.hatenablog.jp