世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【甲府市】舞鶴城公園/甲府城 ~甲府盆地を一望できる城跡~

今回は山梨県のマイナー観光地ということで、甲府市舞鶴城公園(まいづるじょう- /ぶがくじょう-)について。

甲府城(こうふじょう)という別名もあるようです。

 

甲府というと信玄をはじめとする武田家の史跡が多数ありますが、この舞鶴城は武田滅亡後に造られたものなので、武田とは直接的な関係はないです。

築城主については諸説あり、徳川家康とも羽柴秀勝とも言われ、定かではありません。

江戸時代は甲府藩の拠点として、甲斐国の政治の中心地だったようです。

 

舞鶴城公園へは最寄りの甲府駅から徒歩5分足らずです。

駐車場はないため、近隣のコインパーキング(1時間200円くらいが相場)などを使いましょう。

 

f:id:hineriman:20190304150511j:plain

正面から見る舞鶴城公園の全容。堀と橋の向こうには3段にも及ぶ石垣が積まれています。

県庁所在地の一等地とは思えないほど小高いです。

 

f:id:hineriman:20190304150526j:plain

階段を上っていくと、鉄門(くろがねもん)があります。

左手に見える塔は謝恩碑で、明治期に皇室の土地が山梨県に譲渡された記念として建てられたものです。

 

f:id:hineriman:20190304150543j:plain

城の裏手のほうにあるやぐら。稲荷櫓(いなりやぐら)と言うようです。

やぐらの中は資料展示室になっており、自由に見学できます。

 

f:id:hineriman:20190304150559j:plain

そしてこちらが天守台。天守はないですが、そもそも天守があったかどうかさえ定かでなく、歴史的な証拠となる資料が乏しいようです。

城内の案内板や稲荷櫓の資料を読んでも、内容がちょっと貧相な感が否めなかったですね...

ここに天守を再建(?)する計画もあるらしいですが、有ったか否かもわからないものを再建するのは私としては賛成しかねますね。観光資源も大事かもしれないけど、安直な模擬天守にお金をかけるくらいなら、今のままのほうがずっと良い気がします。

 

f:id:hineriman:20190304150618j:plain

天守台の上から見下ろす甲府盆地。ちょうど雲がかかっていて富士山は見えず。

県庁所在地の街中ですが、展望は抜群。城としての歴史的なロマンはあまり無いですが、無料で登れる展望台としては素晴らしいと思います。

城内はかなり広く、きれいな石垣が高く積まれているので、結構良い散歩になります。

 

以上、舞鶴城公園でした。

(訪問日2019/02/23)