世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【佐久市】鼻顔稲荷神社 ~川岸の崖際に建つ神社~

今回は佐久市の鼻顔稲荷神社(はなづらいなりじんじゃ)について。

 

鼻顔稲荷は“日本五大稲荷”の1つのようですが、“日本三大稲荷”に数えられることもあるようです。

稲荷社というと京都の伏見、愛知県の豊川が高名ですが、この2社と並ぶほどの実力がこの鼻顔稲荷にあるのかどうかは謎です...

 

鼻顔稲荷は佐久市の市街と川を挟んで向かい合う位置にあります。

駐車場は5~10台程度で無料。混んでいる場合は近くの鼻顔公園に停めるといいでしょう。

電車なら岩村田駅が最寄りで、徒歩10分くらいです。

 

f:id:hineriman:20190402120508j:plain

こちらが参道。

 

f:id:hineriman:20190402120528j:plain

赤い鳥居が並んでいます。

やはり稲荷神社といったらこれですね。

 

f:id:hineriman:20190402120543j:plain

御姿殿、だそうです。

狛犬ならぬ狛狐でしょうか。

 

f:id:hineriman:20190402120557j:plain

あっという間に社殿へ到着。

この写真からは分かりにくいですが、社殿は舞台(懸け造り)になっています。

訪問日が平日の朝だったこともあり、社殿はひっそりとしていて、静粛な雰囲気でした。

 

f:id:hineriman:20190222081333j:plain

対岸からの写真を撮り忘れてしまったので、こちらの写真はwikipediaからの引用になります。

布引観音と同様に、こちらも骨組みの上に社殿が建っています。

北信や東信って、なぜかこの手の寺社が多いです。

 

以上、鼻顔稲荷でした。

 

以下は余談です。

f:id:hineriman:20190402120617j:plain

帰り道に見かけた階段。

ここを通れば参道をショートカットできるかも。

 

それはいいとして、階段が落葉で埋もれてしまっているので、鳥居が無用の長物と化しています。

そして、階段の入り口はご丁寧に竹竿で立入禁止にしてあります。

トマソンと言えるかどうかは微妙なところですが、再訪したときにこの鳥居が塗り替えられていたり、竹竿が新調されていたりしたらトマソンと断言してもいいかもしれません。

(訪問日2018/09/07)