世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【下田市】白浜神社 ~伊豆最古の神社~

今回は下田市に鎮座し、伊豆半島で最古の神社と名高い白浜神社/白濱神社(しらはまじんじゃ)、について。

 

正式名称は伊古奈比め命神社(いこなひめのみことじんじゃ)と言うようですが、「白浜神社」のほうがウェブやカーナビの検索でヒットしやすいです。

 

白浜神社は国道136号線の道沿いにあります。駐車場は20台程度で、参拝者は無料。車でのアクセスは良好です。

 

f:id:hineriman:20190425121617j:plain

境内に入ると鳥居の向こうにビャクシン(柏槙)の大樹と拝殿が見えます。

 

f:id:hineriman:20190425121631j:plain

このビャクシンは幹が空洞になっており、あちこちが穴だらけです。幹の空洞をのぞき込むと小さな薬師如来が鎮座しています。

 

f:id:hineriman:20190425121650j:plain

境内にあった銅像「壬生御館 原勝治大人命」とのことですが、どなたでしょうか?

なんとなく眼鏡が浮いた感じです...

 

f:id:hineriman:20190425121726j:plain

拝殿の前には茅の輪。拝殿は少々年季が入っていますが、小綺麗な雰囲気。軒下の彫刻も精緻です。

 

f:id:hineriman:20190425121805j:plain

そして拝殿の左手側の階段を登った先に本殿があります。階段の途中にはこんな感じの説法めいた立て札が。これは、某福の科学的なあれでしょうか...?

 

f:id:hineriman:20190425121751j:plain

でも、眠っているときにぽっくり逝くような死に方って、けっこう悪くないと思うのですよね...

 

f:id:hineriman:20190425121849j:plain

こちらが本殿。階段もさほど急でないうえに、段数も大した数でないので、特に苦労せずに到達できました。

本殿は拝殿と比べると小ぢんまりとしており、ここまでの道のりにこれといった苦労もなく、周囲はアオギリの樹林で見通しがよろしくないのもあって、あまり達成感みたいなのはなかったかな...

 

雨降りの平日でもそこそこに人出があるあたり、この辺ではけっこうメジャーな名所なのでしょうね。独り旅だとちょっと微妙かもしれないですが、誰かと一緒に訪れるには良さそうです。

 

以上、白浜神社でした。

(訪問日2019/02/01)