世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【南伊豆町】石室神社と石廊崎 ~伊豆半島の最南端、崖に引っかかるようにして建つ神社~

今回は伊豆半島の最南端の岬、石廊崎(いろうざき)にある石室神社(いしむろじんじゃ/いろうじんじゃ)について。

 

石室神社がある石廊崎までは車で乗り付けることができないので、徒歩で向かうことになります。

遊覧船の駐車場から行くのが簡単で、普通車は駐車料500円也。

かなり広い駐車場なので、車をとめられなくて困ることはないでしょう。

 

駐車場から岬までは徒歩20分ほど。往復だと40分くらい。

坂がちょっときついですが、歩道はきれいに舗装されているので頑張りましょう。

f:id:hineriman:20190425121207j:plain

写真は歩道。右にある階段みたいなのは何なのでしょう? トマソン?

おそらく左の歩道が新しくできたことで、階段がトマソン化してしまったのでしょう。

 

f:id:hineriman:20190425121247j:plain

坂を上りきって鳥居をくぐると、海と灯台が見えてきます。更に進むと、道は急な下り階段になります。

 

f:id:hineriman:20190425121315j:plain

そしてこの海に突き出た岩が伊豆半島の最南端、石廊崎です。荒々しい岩に白波が当たって砕け散っています。突き出た地形ゆえに波も風もかなり強いです。

 

f:id:hineriman:20190425121340j:plain

こちらが石室神社の社殿です。

岩場に引っかかるようにして建っていますが、建物自体はしっかりしているようで、床板がきしむようなこともなく、あまり怖い感じはありません。

 

f:id:hineriman:20190425121402j:plain

社殿の窓から眺めた海。波が岩に当たって渦巻いています。

 

f:id:hineriman:20190425121422j:plain

半島の最南端の岩は、周囲を一周できるようになっています。岩の南側は絵馬掛けが設置されています。せっかくここまで来たので、私もおみくじを結びつけておきました。

 

以上、石室神社石廊崎でした。

(訪問日2019/02/01)